このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ビーフン

【ビーフンレシピ】フォーや春雨との違いからおすすめレシピまで

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年1月15日

東南アジアを中心に食べられているビーフン。炒め物に使ったり、サラダに加えたりして食べられることが多い食材だ。よく似た見た目のものには春雨やフォーなどがあるが、その違いについて知っているだろうか?今回はそれらの違いやビーフンを使ったレシピについて紹介する。

  

1. ビーフンと春雨、とフォーって何が違う?

ビーフン
ビーフンとよく似た食材といえば、ベトナムで食べられているフォーや、春雨がある。どのような違いがあるか知っているだろうか?原材料やどのようなレシピに使用されているか解説する。

ビーフンとは

ビーフンは中国南部の福建省発祥の食べ物だ。中国語で「米粉」と書く。原材料は米でできており、東南アジアで収穫されているインディカ米を使用されることが多い。フィリピンやシンガポールでも食されており、主に焼きビーフンや炒め物として利用されている。ライムやレモンを絞ったり、カレー風味にしたりとさまざまなレシピで親しまれている。

フォーとは

フォーの発祥の地はベトナムである。ベトナムの首都ハノイから東側にあるナムディン省という場所だ。ビーフンと同じように原材料は米粉で、味や食感も似ている。フォーはスープに入れてラーメンのように食べるのが一般的だ。豚骨や牛骨、鶏ガラベースのスープなどさまざまな種類があり、パクチーや鶏肉などトッピングの種類も豊富だ。

春雨とは

春雨もビーフン同様に中国発祥の食材だ。鎌倉時代の頃に日本に伝わって以来、日常的に食されるようになった。春雨の原材料はビーフンやフォーとは大きく異なり、米ではなく緑豆のでんぷんを用いて作られている。日本では緑豆のでんぷんが手に入りにくいため、じゃがいもやさつまいもなどの芋類のでんぷんを加工して作られていることが多い。炒め物やサラダのほかに、鍋の具材にして食べられることもある。

2. シーフードミックスで簡単に旨みたっぷり!「海鮮ビーフン」

海鮮ビーフン
冷凍のシーフードミックスを使ったビーフンのレシピを紹介しよう。シーフードミックスは熱が入ると身が縮むので、野菜にしっかり火が通ってからさっと炒めるのがコツだ。鶏ガラスープの素やしょうゆを使った味付けがシンプルで素材の味が引き立つ。ごま油の香りが食欲をそそる。ボリュームたっぷりだが、野菜がしっかり入っているので見た目よりヘルシーなのもポイント。えびやいかなど海鮮がごろっと入った豪華な一皿だ。

2人前

  • ビーフン 100g
  • 冷凍シーフードミックス 100g
  • キャベツ 100g
  • にんじん 50g
  • ピーマン 1個
  • 酒 大さじ1
  • 鶏ガラスープの素 小さじ2
  • しょうゆ 小さじ2
  • ごま油 小さじ2
  • 塩コショウ 少々
詳しいレシピはこちらをCheck!

3. ナンプラーで美味しくアジアン風!「タイ風ビーフン」

タイ風ビーフン
こちらはアジア料理に欠かせない調味料、ナンプラーを使ったビーフンのレシピだ。ナンプラーの独特な味わいでエスニックな風味を楽しむことができる。冷蔵庫にある野菜を使って普段とは一味違ったランチを楽しんでみては。ナンプラーが用意できない場合はしょうゆで代用してもいい。お好みでパクチーをトッピングするのもおすすめのアレンジだ。

4人分

  • ビーフン 150g
  • 豚バラ肉 80g
  • キャベツ 3~4枚
  • にんじん 1/4本
  • ピーマン 1個
  • ごま油 大さじ1/2
  • ナンプラー 大さじ2
  • オイスターソース 大さじ1/2
詳しいレシピはこちらをCheck!

4. アレンジは今日はこれで決まり!「豚キムチビーフン」

豚キムチビーフン
キムチと豚バラ肉を使ったビーフンのレシピを紹介しよう。ピリッと辛いキムチの風味とニラやキャベツは相性バツグン。焼肉のタレで味付けしたビーフンが、がっつり食べたい気分の日にジャストだ。辛い物が好きな人はキムチの量を増やしてもいいし、苦手な人は卵をプラスするとまろやかな味に。ビールとの相性もよく、酒のアテになるレシピだ。

2~3人前

  • ビーフン 1つ
  • キムチ 75g
  • ニラ 45g
  • 玉ねぎ 150g
  • 椎茸 25g
  • にんじん 40g
  • 豚バラ肉 85g
  • 水 150ml
  • 焼肉のタレ 小さじ1
詳しいレシピはこちらをCheck!

5. 下茹で不要な時短レシピ!「カット野菜のお手軽ビーフン」

カット野菜のお手軽ビーフン
こちらはコンビニなどで売っているカット野菜を使ったビーフンのレシピ。エビと魚肉ソーセージでボリュームたっぷりなメニューだ。不足しがちな野菜が手軽に取れるのも嬉しい。水分が飛ぶまでしっかりと加熱するのが水っぽくならないポイントだ。フライパン1つで作れるので洗い物も少なく、ランチにもちょうどいいボリュームのワンポットメニューだ。

2人前

  • ビーフン 70g
  • カット野菜 150g
  • エビ 50g
  • 魚肉ソーセージ 30g
  • 塩 2g
  • 胡椒 1g
  • 顆粒鶏ガラスープ 大さじ1
  • 水 150ml
  • ごま油 炒め用大さじ1/2、香り付け用大さじ1/2
詳しいレシピはこちらをCheck!

結論

ビーフンを使って手軽に作れるレシピをいくつか紹介した。キャベツやにんじんなど冷蔵庫にある野菜で作れ、シーフードとも肉とも相性がよく、米粉を使っているため腹持ちもいい。ストックしておけば何かと使える便利な食材だ。ぜひ食卓に取り入れてみてほしい。
  • 更新日:

    2022年1月15日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧