このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
オムレツ

【オムレツレシピ】切ったときのワクワク感を楽しもう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

鉛筆アイコン 2022年5月24日

日本でも人気のある卵料理、オムレツ。卵をふわふわに仕上げたりとろりとした半熟にしたり、しっかりと固めに焼いたりと、好みに合わせて楽しめるのもオムレツの醍醐味だ。中の具材もアレンジ自在で、切ったときのワクワク感もたまらない。本記事では、そんな楽しいオムレツ料理のレシピを紹介するとともに、オムレツとは何かについても解説する。

  

1. オムレツとは?

卵を焼くところ
バターの濃厚な風味が卵のコクを引き立てるオムレツは、まるで洋風の卵焼きを彷彿とさせ、懐かしさも感じられる。オムレツを日本で独自に進化させたオムライスは、いまや専門店も登場し、喫茶店や洋食屋などでも人気のメニューだ。ここでは、オムレツのルーツや世界各国でアレンジされたオムレツについて触れていこう。

オムレツ発祥の地

オムレツはフランス発祥の料理で、現地ではカフェなどでも楽しめる定番のメニューだ。バターを引いたフライパンに溶き卵を流し入れ、半月のような形に焼き上げる。この半月形に成形するのは意外とむずかしく、フランス料理を学ぶうえでの基礎になるのだとか。フランスのオムレツはポテトやハム、キノコなどの具材が定番で、サラダとともに提供される。日本では朝食のイメージがあるが、フランスではランチやディナーとして食べることも多い。その呼び名はフランス語の「オムレット」が日本に伝わったときに訛って「オムレツ」になったといわれている。

世界のオムレツ

フランスのオムレツは日本と同様、世界中のさまざまな国で楽しまれている。スペインではじゃがいもや玉ねぎを卵液に混ぜて固めに焼いた、スパニッシュオムレツが一般的だ。レシピでも紹介しているのでぜひ注目してほしい。イタリアで人気なのが、さまざまな具材を卵液に混ぜて焼き上げるフリッタータである。そのほか海外では、生クリームやフルーツをスポンジケーキのように焼いたオムレツに挟んで食べる、オムレツケーキもデザートとして好まれる。

2. 焼きたてでも冷めても美味しい「スパニッシュオムレツ」

スパニッシュオムレツ
ホクホクのじゃがいもがぎっしりと詰まった、食べごたえバツグンのスパニッシュオムレツのレシピをご紹介。こちらは日本の卵焼きというより、お好み焼きのイメージに近いかもしれない。水分が抜けるまでしっかりと具材を炒めるのが失敗しないコツだ。パプリカやズッキーニなどの彩りを加えると、見た目がより華やかになる。アレンジ自在の楽しいオムレツレシピだ。

4人分

卵 10個
生クリーム 50cc
パルメザンチーズ 30g
exバージンオリーブオイル(卵用) 大さじ3〜
じゃがいも 中3個
玉ねぎ 1/2個
ほうれん草 1/4pc
exバージンオリーブオイル(具材用) 大さじ3〜
塩 適量
こしょう 適量
詳しいレシピはこちらをCheck!

3. 美味しくて可愛い!「ソーセージが水玉模様風なオムレツ」

ソーセージが水玉模様風なオムレツ
子どもが喜ぶこと間違いなしのオムレツレシピを紹介しよう。具材は子どもに大人気のソーセージ。小さい子どもでも安心して食べられるよう、卵にはしっかりと火を通して固めに焼き上げるのがよいだろう。調理工程も材料も至ってシンプルなので、忙しい朝食やお弁当にピッタリのレシピだ。水玉模様のかわいいオムレツが簡単にできるので、チャレンジしてみてはどうだろうか。

1人前

卵 2個
ウィンナーソーセージ 40g(2本)
バター 10g
ケチャップ 適量
詳しいレシピはこちらをCheck!

4. 懐かしの昭和メニューを自宅で!「甘辛のひき肉入りオムレツ」

甘辛のひき肉入りオムレツ
みじん切りにした玉ねぎとしいたけ、ひき肉が和風のハーモニーを奏でる、昔ながらのレシピを紹介する。昔懐かしい昭和のオムレツは、白ごはんによく合うのだ。みりんや砂糖、ウスターソースでしっかりと味付けした具材を、卵が優しく包み込む。卵が少し破れても、ケチャップをそっとかければ大丈夫。古きよき日本のオムレツの完成だ。

1人前

卵 2個
豚ひき肉(またはあいびき肉) 60〜70g
玉ねぎ 小1/2個
しいたけ 2個
小麦粉 小さじ1/2
砂糖 小さじ1
みりん 小さじ1
ウスターソース 小さじ2
しょうゆ 小さじ1
塩 少々
こしょう 少々
米油(またはサラダ油) 大さじ1
ケチャップ 大さじ1
・付け合わせ
好みの野菜(キャベツの千切り、トマトなど) お好みで
詳しいレシピはこちらをCheck!

5. ココナツミルクとココナツオイルで作る常夏な一品「エスニック風オムレツ」

エスニック風オムレツ
定番とはひと味違う、エスニック風オムレツのレシピを紹介したい。バターをココナツオイルとココナツミルクに置き換えるだけで、一気に南国の香り漂うオムレツになる。ふわふわ食感を楽しむために、卵液はブレンダーか泡立て器で白身のかたまりがなくなるまでしっかりと混ぜておこう。仕上げはケチャップよりもスイートチリソースがおすすめだ。

2人前

卵 3個
ココナツミルク 大さじ1と1/2
塩 少々
砂糖 小さじ1/2
こしょう 少々
ココナツオイル 大さじ2
スイートチリソース 適量
詳しいレシピはこちらをCheck!

結論

定番のオムレツからアレンジを加えた変わり種オムレツまで、さまざまなレシピを紹介した。オムレツは日本を含め世界各国に伝わって独自に進化したように、家庭でも好みに合わせてアレンジしやすいメニューである。レシピを参考に、具材や卵の固さを自分好みに調整して美味しいオムレツに仕上げてみてほしい。
  • 公開日:

    2023年4月 5日

  • 更新日:

    2022年5月24日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧