このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ジューサーの寿命話。買い替えるならスピードが早い方が長持ちする?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年2月12日

時短料理やスムージーによく使われるジューサーだが、頻繁に買い替える調理器具ではないだろう。しかし、手軽に使えるものだからこそ使う頻度も高い。ジューサーの寿命は一体どれくらいなのだろうか。今回は、ジューサーの寿命について探ってみたい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ジューサーを買い替えるポイント

家庭で何かと使えるジューサーだが、買い替えのタイミングも気になるところだ。普段どおり使用できても買い替えが必要な場合もある。買い替えのポイントとなるのは以下のとおりだ。

ジューサーの刃は欠けていないか

ジューサーの部品の中で一番の主軸ともなるのが食材を砕く「刃」である。購入してから何年も経っていると、刃が錆びるなどの経年劣化で切れ味が悪くなることがあるのだ。こういった場合には、ジューサーの寿命とも判断できる。買い換える予定がないのであれば、メーカーから部品のみ取り寄せを検討するのもいいだろう。

モーターの不具合

モーターが作動しなかったり、異様な音やにおいがするなど、モーターに異変を感じたら、修理に出すか買い替えを検討したほうがよいだろう。モーターの不具合は大きな事故にもつながりかねない。

2. ジューサーの寿命のタイミングを見極める方法

ジューサーには高速ジューサーと低速ジューサーというものがある。この2つの種類の違いは、内蔵されているカッターの回転数による。

高速ジューサーの寿命は早い

高速ジューサーの場合は、毎日使うほどカッターの寿命は短くなっていく。食材の切れ味が悪くなったり、ジュースを作る際にフルーツが上手く絞れていないなどの場合は、ジューサーの寿命だと考えてもよい。また、仕上がりのスピードが遅くなった場合もジューサーの寿命かもしれない。高速ジューサーのメリットには、素早く食材を砕くこともある。食材のすり潰しに時間をかけたくない人にはオススメだ。

低速ジューサーの寿命は長い

低速ジューサーとは、その名のとおりカッターの回転が低速なジューサーのことである。低速であるためカッターの持ちが比較的長い。低速ジューサーは、食材を細かくすり潰したくない人にオススメだ。ビタミンやミネラルなどの食材の持つ栄養価が失われにくいのが特徴だ。

3. ジューサーの平均寿命は何年か

ジューサーの寿命は、使用頻度や使用状況で違いが出る。氷などの固いものをよく使用している場合には、刃の寿命は短めになるようだ。ジューサーの寿命は、口コミなどでは「6年間ほど」と言われている。また、年々ジューサーの機能が進化してデザインも様々なものが発売されているので、ジューサーが寿命になる前に買い替える人も多くなっている。

4. ジューサーの寿命を長く保つコツ

ジューサーの寿命を長く保つにはコツがあるので紹介しよう。

1.材料をたくさん入れすぎない
2.使用後は食材のカスが残らないように綺麗に洗う
3.食材のもの以外を間違って入れない

以上のことを注意して、丁寧に使用すれば寿命も長くなるだろう。

5. ジューサーの寿命のサインに気づくポイント

ジューサーの寿命に気づくポイントはいくつかある。故障かもしれない事例は次の通りである。

1.スイッチが全く入らない
2.途中で運転が止まる
3.カッターの故障(欠けやサビ)
4.振動が激しい
5.異様な音がする

など、ジューサー本体に問題があるようであれば寿命かもしれない。まずは、商品の取扱説明書などで状況や対応を確認し、必要があればメーカーへ問い合わせをしよう。

結論

調理の手間が少なく時短料理に適しているジューサーは、食材の栄養素も豊富に摂れると人気だ。ジューサーは、使用頻度や使用状況によっては寿命が変わりやすい。ジューサーの寿命をしっかり把握しながら、丁寧に扱おう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ