このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

フローリングって月何回掃除してる?意外と知らないお掃除頻度

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月14日

ハウスダストをはじめ、皮脂汚れ、油の飛び散り、食べこぼしなど、フローリングの汚れは実に多岐に渡る。さらにこれらの汚れが複雑に絡み合ってしまうと、掃除も大変になる。今回は、最も効率よくフローリングを掃除する方法をご紹介したい。

1. フローリングの掃除の頻度はどのくらい?

フローリングの掃除は、基本的に毎日行う掃除と定期的に行う掃除の二段構えで行うのが望ましい。つまり、毎日の掃除を行ったうえで、定期的に掃除を行う必要があるということだ。

毎日行うフローリング掃除の主な目的は、汚れをためないことにある。それほど手間をかける必要はなく、目立つホコリやゴミ、髪の毛などを取り除いておくだけで十分だ。

これに対して、定期的に行うフローリングの掃除の主な目的は、毎日の掃除だけでは落としきれなかった汚れを一掃することにある。

毎日行う掃除を続けると、当然、その分の汚れを確実に減らすことができる。その結果、定期的に行う掃除の頻度を下げることができる。逆に毎日行う掃除を怠ってしまうと、その分汚れをためることになるため、定期的に行う掃除の頻度を上げる必要が出てくるだろう。

2. 毎日のフローリング掃除にはドライタイプのシートを

前述のように、毎日のフローリング掃除は基本的に乾拭きで、目立つホコリやゴミ、髪の毛などを取り除いておくだけで十分だ。やむを得ない場合は別として、毎日の掃除では水拭きまでする必要はない。あまり頻繁に水拭きをすると、フローリングの素材に悪影響が及ぶ恐れがあるからだ。

毎日の乾拭きには、市販のフローリング用のモップとドライタイプのシートを使用する方法が最も便利で、おすすめできる。これでフローリングをさっと一拭きしておくだけで、簡単にホコリやゴミ、髪の毛などを絡め取ることができる。

モップは、ハウスダストを舞い上がらせないように勢いをつけずに、部屋の隅から中心に向かって動かすのがポイントだ。

かき集めたゴミは、掃除機を使えば簡単に吸い取ることができる。時間があるときは、モップでの乾拭きの仕上げとして、フローリング全体に掃除機をかけておこう。

3. フローリングの掃除はスチームクリーナーが最強

定期的に行うフローリングの掃除では、洗剤を使用した水拭きが必要になるが、場合によっては汚れのタイプに合わせて洗剤を使い分けたり、掃除方法を変えたりする必要もある。また、水拭きしたら必ず乾拭きが必要になるため、どうしても手間がかかる。

手間を省きたい場合は、スチームクリーナーの使用をおすすめする。スチームクリーナーは、およそ100℃の高温の蒸気で、皮脂汚れ、油の飛び散り、カビ、シミなどといったさまざまな汚れを浮き上がらせてスッキリ落とすことができる優れものだ。さらに、高温の蒸気を当てることにより除菌も可能である。

浮き上がらせた汚れは拭き取る必要があるが、先端にモップがついているタイプのものを使えば汚れを拭き取る必要がない。

また、水気はすぐに乾燥するため乾拭きの必要はないのもいいところだ。

結論

今回は効率を最優先したい場合のフローリングの掃除方法をご紹介した。なお、フローリングの目地の奥にたまった汚れは、スチームクリーナーを使用しても落としきれない場合がある。その場合は、つまようじを使って、汚れを取り除いておこう。

Amazonで見る

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ