このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

フローリングのワックスにはどんな効果がある?頻度や必要性!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月28日

フローリングの部屋は掃除がしやすく、現代の欧米式の生活スタイルに合っている上に、おしゃれに見えることで人気がある。ただし、正しいお手入れをしないと汚れや傷が目立ってしまう。今回はフローリングのワックスがけについて、効果や必要性、ワックスが剥がれてしまったときの対処法などについて解説する。

1. フローリングへのワックスの効果

ワックスの一番の効果はフローリングの保護だ。フローリングの寿命は10~20年と言われているが、20年経ったからといって必ずしも張り替える必要はない。環境によってはもっと長持ちさせることは可能であるし、日頃からお手入れをしていれば寿命は延び、きれいに保てる。

フローリングのデメリットのひとつとして傷が目立ちやすいということが挙げられるが、ワックスがけによって細かな傷は目立たなくなる。しかし、ワックスは傷を修復するわけではなく、目立たなくする効果や隠す効果があるというだけだ。

また、フローリングといってもさまざまな種類があるため、それぞれにあったワックスを使用する必要がある。ワックスを購入する際は、必ず裏面の説明文やメーカーのホームページをよく確認してほしい。

2. ワックスが剥がれてしまったら

ワックスが一部だけ剥がれてしまうことはよくある。また、除光液やアルコール消毒剤をこぼしてしまったり、濡れたまま放置してしまったりするとフローリングの一部がくすんでしまう。

この場合ワックスをすべて剥がしてから再度ワックスがけをしたいところだが、実際は難しい場合が多いだろう。剥離剤を用いたワックスの剥離は素人には難しく、根気のいる作業だ。フローリングの材質によって、使用できる剥離剤が異なることにも注意して欲しい。

手軽な方法としては、ワックスが剥がれてしまった場所を固く絞った雑巾でよく清掃し、上からワックスを塗る方法がある。ただし、他の部分のワックスと同じものでないと光沢に違いが出て、色が違って見えることもあるので注意が必要だ。

3. 賃貸でもワックスがけは必要?

賃貸住宅で、使用してよいワックスの種類を確認せずにワックスがけをすることやワックスを剥離することは避けたい。現在ではノンワックスタイプといってワックスをかけなくてもよいフローリングが多く、ワックスの剥離によってフローリングが傷むこともあるからだ。

賃貸の場合は、フローリングの種類と、ワックスがけが必要かどうかをあらかじめ確認しておくとよい。とはいっても入居前に確認していなくても、大家さんや不動産会社に聞けば教えてもらえるだろう。

4. フローリングにワックスをかける頻度

フローリングにワックスをかける頻度は、一般的には半年に1度だ。フローリングの種類とワックスの種類によっても異なるので、メーカーや建設会社、不動産会社に確認してほしい。

ノンワックスタイプのフローリングはワックスをしなくても耐久性がある。そのためツヤを出したい、細かな傷を目立たなくしたい、という場合にワックスがけをする。この場合何カ月に1回などという頻度の目安はないので、気になる時にワックスがけをする程度でよいだろう。ノンワックスタイプのフローリングは使用できるワックスが限られるため注意してほしい。

結論

フローリングにワックスをかければ美しさを保つことができ、床材の保護にもなる。しかしワックスの選び方には注意が必要だ。ワックスの剥離は素人が気軽にできるものではないし、賃貸の場合には大家さんや不動産会社に確認が必要なので、確認しよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ