このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

クッションを自分で洗濯したい!型崩れさせないための洗い方と干し方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年3月 6日

もたれかかったり、枕の代わりとして使ったり…リビングのソファなどで大活躍のクッションは、意外と汚れているものだ。とはいえ、カバーを脱着できないタイプなどはとくに、自分で洗濯できるのかどうかもわからないというケースが少なくないはずだ。洗った結果、型崩れしてしまったということがないよう、今回はクッションの正しい洗い方や干し方についてご紹介しよう。

1. 中綿がポリエステルや綿のクッションを洗う手順

ボリュームがあって、ちょっと手に負えないイメージがあるクッションだが、カバー、中身を含めて家庭で洗濯ができる場合も少なくない。まずはクッションの洗濯表示を確認してみよう。桶に水を入れたマークが描かれている場合は洗濯機で洗うが可能だ。桶に入れた水の中に手を入れたマークがあれば、手洗いということになる。桶に×印がついている場合は、水洗いできないためクリーニング店に相談するのがよいだろう。

クッションの洗濯でとくに問題となることが多いのはクッション本体だろう。洗濯機の容量に問題がなければ、中綿としてポリエステルが100%使用されているものは、ほとんどの場合洗濯機で洗うことが可能だ。その場合には、もちろん、洗濯表示の指示が優先になる。
クッションを洗濯機で洗う際は、洗濯ネットを使用するのがおすすめだ。型崩れを防ぐためにも、できるだけクッションの大きさに近い洗濯ネットを使うとよいだろう。とくに中綿の素材として綿が使用されている場合は、中身が偏って型崩れを起こしてしまいやすいため、洗濯ネットの使用は必須だ。

色落ちや縮みを防ぐことにもなるので、おしゃれ着洗い用の中性洗剤を使うのが安心だ。とくに厚みのあるクッションの場合、中性洗剤であれば洗剤が残りにくいというメリットもある。

洗濯中に中身が偏ってエラーを起こし、洗濯機が止まってしまうことがないように手洗いやドライコースなどの弱水流でやさしく洗いあげるコースを選んでほしい。

洗濯機を使うえで、もっとも注意が必要なのが脱水の工程だ。クッションを長時間脱水にかけると、中綿がよれたり偏ったりして型崩れを起こしてしまうため、できれば数十秒ぐらいにとどめておきたいところだ。脱水機が勢いよく回り出したらすぐに止め、また脱水にかけて回転が早くなったらまた止めるという作業を繰り返す方法もある。

いずれにしても、バスタオルなどの同じ程度のボリュームがあるものをクッションと一緒に入れて、洗濯機のなかでバランスが保たれるようにするのがおすすめだ。

2. ふわふわにはならない!なかなか乾かないとはいえ乾燥機の使用はNG

厚みがあるため、とくに湿気が多い季節ともなると、クッションを乾かすのにはかなりの時間がかかってしまう。そのため、乾燥機を使ってクッションを乾かしてしまいたくなる方も多いはずだ。

ところが、乾燥機とクッションは相性が悪いため、あまりおすすめはできない。ポリエステルやビーズなど、クッションの中綿に使用されることが多い素材は、熱に弱く、クッションが型崩れするだけでなく、素材そのものが変質してしまう可能性があるからだ。

熱で乾燥させると、クッションがふわふわに仕上がるようにイメージしがちだが、なかなか思うようにはいかない。中綿に綿が使用されている場合は、よれや偏りの原因になることもあるため、とくに注意しよう。

3. おすすめのクッションの干し方

クッションは風通しのよい場所で陰干しをするのが基本だが、厚みがあるので季節によっては完全に乾くまでに3日以上かかることもある。

型崩れを防ぐには平干しするのがおすすめだ。平干し用のネットを使ってもよいし、物干し竿を2本並べた上に干すのもよいだろう。

吊るして干す場合は、クッションの自重によって型崩れを起こすことがあるので注意をしよう。定期的に状況を確認して上下を入れ替えたりするなどの対策が必要だ。

浴室乾燥機を使うという手もある。一般的な乾燥機ほど熱くならないため、中綿素材の変質も気にならないはずだ。

結論

クッションは家庭でも洗濯することができる。とくに洗濯機を使う場合は、洗濯ネット、おしゃれ着洗い用の中性洗剤を使用して、適切なコースでやさしく洗いあげることが大切だ。脱水時間や干し方にも留意して、型崩れなく仕上げてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ