このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

襖(ふすま)のDIYで和室をイメチェン!原状回復できるアイデアも紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月29日

和室の襖が汚れてきたのでそろそろ張り替えたい、せっかくならおしゃれな雰囲気にイメージチェンジしたいと考えている人はいないだろうか?今回は和のイメージのある襖を洋風にイメチェンするDIY方法をご紹介する。また、原状回復が必要な賃貸マンションにおすすめのアイデアなども紹介するので参考にしてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. おしゃれな洋風襖紙に張り替える

襖といえば和風の模様や絵が入ったものが一般的だが、最近は洋風のおしゃれな襖紙も増えているのをご存知だろうか?いろいろなカラーや柄、テイストの襖紙があり、和室の暗い雰囲気をガラッとイメチェンすることができる。

襖紙のカラー

白っぽい色が定番の襖も、選ぶ色によって好きなイメージに変えることができる。女性の部屋や子供部屋には、ピンクや水色などのパステルカラーの襖紙をセレクトすると、明るくて優しい雰囲気の部屋を演出できる。かわいらしいテイストが好きなら、キャラクター柄や花柄の襖紙などもおすすめだ。黒や紺などのダークカラーだと落ち着いた雰囲気になるので、大人の男性の部屋にピッタリだ。ナチュラルなテイストが好きな人は、木目調やレンガ風柄の襖紙を選ぶとよいだろう。

襖紙の種類

襖の張り替える方法としては、業者に依頼する方法と自分で張り替える方法がある。自分で張り替えるなら、まずはホームセンターなどで襖紙を購入しよう。襖紙には大きく分類すると「のりタイプ」、「シールタイプ」、「アイロン接着タイプ」の3種類がある。のりタイプはきれいに貼るのにテクニックが必要なので、初心者はシールタイプかアイロンタイプをセレクトすると失敗が少ない。汚れが付きにくいビニールタイプや抗菌タイプ、消臭タイプや防炎タイプなど、機能性の高い襖紙なども登場している。

2. 襖のイメチェンは100均でもOK!リメイクシート・壁紙を貼る

襖紙の代わりに壁紙やリメイクシートを利用して襖をイメチェンしている人も多いようだ。壁紙は国産や輸入品など、襖紙よりもバリエーションが豊富なので自分好みのデザインを見つけやすい。ホームセンターのほか、100均でも取り扱っている。

壁紙は国産がおすすめ

襖に壁紙を貼る場合、幅の広い国産壁紙のほうがおすすめだ。輸入壁紙は幅が狭く、2つ貼り合わせなければならないため継ぎ目が出てしまう。100均のリメイクシートを使う場合もサイズが小さいので、いくつか貼り合わせる必要がある。その場合は柄物など、継ぎ目が合わせやすく目立ちにくい壁紙をセレクトするとよいだろう。

壁紙やリメイクシートの貼り方

シールタイプの壁紙や100均のリメイクシートの中には、裏紙をはがすだけで簡単に貼れるものも多い。貼るときはまず、裏紙の端を数cmはがして折り、襖と位置を合わせて貼り付けたら、少しずつシールをはがして内側から外側へ空気を抜くように貼り付けていこう。

のりが付いていない壁紙の場合は、両面テープを使って貼ることが可能だ。太幅の両面テープを襖の4辺にぐるりと貼り、内側も格子状に貼る。筒状の壁紙を端から転がしながら、両面テープの剥離紙を少しずつはがして貼り付けていくとスムーズだ。

シールタイプの場合も両面テープを使う場合も、貼り付ける前に襖の汚れやほこりをきれいに掃除しておくことが大切だ。カビが発生している場合にはカビ取り剤などを使用して除去しておこう。

3. 襖を原状回復させたいときのDIY方法は?

賃貸アパートやマンションの場合は、退去するときに原状回復する必要があるため、直に襖紙や壁紙を貼ることはできないだろう。原状回復したい場合のDIY方法としては、貼ってはがせるタイプの壁紙を使用したり、マスキングテープの上から両面テープを使って壁紙を貼り付けたりする方法がある。ただし、もとの襖紙の素材によってはきれいにはがせなかったという例もあるようなので注意が必要だ。

そのほかの方法としては、襖と同じサイズの薄いベニヤ板を貼って襖を目隠しするという方法がある。襖の木枠の部分にマスキングテープを貼り、その上から両面テープを貼ってベニヤ板を取り付ければ、退去時にベニヤ板を取るだけで原状回復が可能だ。ベニヤ板なら好きな塗料でペイントしたり、直に壁紙を貼ったりすることができるため、賃貸のお宅でもイメチェンが楽しめるのではないだろうか。襖のサイズを測ってホームセンターで伝えるとベニヤ板をカットしてもらえるので、DIY初心者でも挑戦しやすいだろう。細長い板を何枚か並べて板壁風にしたり、モールディングを取り付けて洋風のドアのようにリメイクしたりすることも可能だ。

結論

今回は襖をDIYする方法をご紹介した。襖紙は和風のデザインに限らず、いろいろなカラーやデザインが販売されている。また、襖紙の代わりに壁紙を使用するのもおすすめだ。襖を張り替えるだけで部屋の雰囲気がガラッと変わっておしゃれになるので、ぜひ試してみてほしい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ