このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

物置収納の基本と、より便利にする「技」を紹介

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月14日

大きな収納スペースがあって、便利な物置。しかし、ついついあれもこれもと収納してしまって乱雑になり、探している物がすぐに見つからない状態になってはいないだろうか?今回は改めて基本的な物置収納の仕方とより便利にする方法についてまとめているので、ぜひ参考にしてほしい。

1. 物置収納の基本とコツを改めておさえよう


室内に置いておくほど頻繁には使わず、次に使うのがいつになるかわからない物を入れておくと便利な物置や納屋。しかし、室内が片付くかわりに物置が乱雑になり、いざ使おうとしたとき、目当ての物を探すのに一苦労な状態になってしまっては収納スペースとして本末転倒だ。ルールや収納する物をきちんと決めることで、ずいぶんと使い勝手がよくなるので、改めて物置収納の基本やコツをおさえていこう。

本当に収納しておくべき物か見極める

物置は大きな収納スペースだが、何も考えずひっきりなしに物を入れてしまうと当然乱雑な状態になる。なかには、収納したのはよいものの、長年使っていない物もあることだろう。そのため、1年に一度くらいは物置の整理自体もするようにしたほうがよい。

物置が物であふれているなら、使っていない、不必要な物が増えているということだ。そこで、本当にとっておくべき物なのか、そもそも物置に何を収納したいかなどを今一度考え直してみよう。それが物置の使い勝手をよくするコツだ。


ラックや棚で空間を効率よく使う

物置には備え付けの棚などが付いているかもしれないが、収納する物は各家庭で違うのが当たり前だ。物置収納では、自分や家族がより使いやすい状態を目指すべく、収納したい物に合わせた棚やラック、フックなどを用意するのがコツとなる。この点については、次で詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

2. 物置収納に棚やラックを追加するポイント


収納した物を探しやすくしたり、見つけやすくしたりするためにも、棚やラックを増設するのは効果的だ。棚やラックを追加すれば、何気ないデットスペースを有効活用することにもつながり、比較的頻繁に使う物や滅多に使わない物などを分けて収納しやすくなる。また、収納に掛ける時間をへらすことも期待できるだろう。そこで、増設する際におすすめなラックなどを具体的に紹介していこう。


スチールラックや棚

金属製のラックなどは、数十kgの荷重に耐える物があったり、キャスターが付いていて移動が楽にできる物があったりと、設置して便利になる鉄板のアイテムといえるだろう。同じく小型の物置のようなタイプの棚もおすすめだ。扉が付いている物を選べば、灯油や肥料といった臭いが気になるものを収納するのに活躍してくれることだろう。


収納ボックス

ジャンルごとにまとめて収納できる収納ボックスも便利なアイテムの一つだ。奥行きがある物置ならば、手前と奥とにわけて収納ボックスを使う方法も便利だし、キャスター付きの物を採用すれば取り出しやすく、整理や掃除も楽になる。一方で、大型の物を購入していろいろと入れてしまうと、開けたときにぐちゃぐちゃ...ということにもなりかねないので、目的を持って使うことを意識するとよいだろう。

3. 物置の収納強化にDIYもおすすめ


物置を便利に使うためにDIYするのもおすすめだ。DIYなら、思い通りの棚などを作り出せることができて便利だし、内装にこだわれるといった楽しみも出てくる。ちなみに、DIY上級者になると物置自体を作ってしまう人もいるが、ここではより一般的で手軽にできる壁収納などをDIYする方法を紹介するので、ぜひ参考にしてチャレンジしてみてほしい。


壁収納を作る

「ここの壁面に収納があれば便利なのに」と思ったことはないだろうか。その願いをかなえる方法があるので、紹介していこう。壁面収納を作るポイントとしては、突っ張り棒を縦に使ったり、「ディアウォール」など、木材にキャップをすることで柱にできる商品を使ったりすることだ。支点にできる柱さえできてしまえば、有効ボードをつけたり、任意の場所に棚をつけたりすることができるので、ぜひ実践してみてほしい。

ちょっとしたラックやトレーを作る

小型のプランターや鉢を収めるためのちょっとしたラックなどは、気軽に作ることができるので、費用を抑えつつ便利にするために実践してみよう。やり方は簡単で、木製のボックスやすのこをボンドや釘で組み合わせていけばよい。ちなみにラックをつくるための商品は、100円ショップなどで買うことができる。ちょっとした収納に便利なので、ぜひ取り組んでみてほしい。

結論

物置収納の基本的な考えから、新たに追加したりDIYしたりすると便利な物までを紹介したがいかがだっただろうか?物置は、とにかく物を入れておくことが目的ではなく、必要なときにサッと取り出せることが目的であるはずだ。ぜひ今回紹介したことを活かし、物置収納を便利に使えるようにしてほしい。


\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ