このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

住まいを彩る屋外収納で、収納不足解消!タイヤやレジャー用品の収納

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月 3日

家の周囲に物を置いたままにしておくのは不用心な上、外観もよくない。そんな時に屋外収納を用いることで、あらゆる問題が解決する。レジャー用品やスタッドレスタイヤなど、家のなかでは収納が難しいものを収納できる屋外収納は、頼もしい存在である。そんな屋外収納だが、導入を検討する時にはいくつか注目してほしいポイントがある。今回は屋外収納の選び方についてご紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 棚は?高さは?屋外収納基本の選び方

まずは屋外収納の設置場所を決めることから始めよう。場所が決まれば、物置のサイズも決まり、どのような扉が適しているかも見えてくる。扉が観音開きになっていて荷物の出し入れが楽な全面開口タイプは、扉を開くスペースを確保する必要がある。しかしその分、中に入っているものを把握しやすく、出し入れがしやすいというメリットもある。

一方でスライドドアタイプの場合は、物を出し入れする間口は狭くなるものの、扉を開くスペースを考える必要がない。スペースが限られている場合におすすめのタイプだ。

設置場所が決まったら、次に収納したいと考えているものを考えてみよう。一般的にはキャンプやスキー、ゴルフなどのアウトドア・レジャー用品、スタッドレスタイヤ、大工用品、園芸用品などを思い浮かべるのではないだろうか。自分が収納したいものをあらかじめイメージしておくことで、屋外収納の形状を決めやすくなる。

「棚板の数が多いタイプがいい」「棚を取り外せた方がフレキシブルでいい」「背の高いものを収納できるスペースが欲しい」など、ニーズはさまざまだ。屋外収納自体の背の高さも、標準高タイプと背高タイプがある。ある程度入れるもののイメージを固めてから、屋外収納を探すといいだろう。

2. おしゃれな屋外収納も豊富 テイストを検討する

屋外収納はおしゃれなイメージがないという人も多いかもしれないが、実際は屋外収納にもさまざまなタイプがある。シンプルモダン、ナチュラルテイスト、カントリーテイスト、木目調とおしゃれなものも多く、家の外観や庭の雰囲気に合わせて選ぶことができる。デザイン性の高い屋外収納は、家の外観を彩るものとなるだろう。

屋外収納を置きたいけれど圧迫感が気になるという場合は、収納庫が付いたベンチタイプもおすすめだ。ベンチタイプの場合、収納としてだけでなくガーデンエクステリアとしても機能するのが魅力的である。省スペースのタイプも多く出ているため、出来るだけ庭を広々とさせたい人に最適なタイプといえるだろう。

3. 手持ちの屋外収納をDIYでリニューアル

物置をすでに持っているが、デザインが古く、かといって新しいものを買うのもためらうという場合は、DIYでのリメイクやアレンジをおすすめしたい。経年劣化で傷んだ部分を補修しつつ、見た目もおしゃれにアレンジできるDIYが近年注目を集めている。

DIYというと、大掛かりなイメージがあるかもしれないが、好きな色のペンキを購入し、それを塗るだけでも印象は大きく変わる。ガーデンエクステリアの小物と組み合わせたり、デザイン性のあるものに生まれ変わらせることも可能だ。また、板を貼りつけて木目調にアレンジするだけでも、印象は大きく変わるだろう。最近は100円均一にもさまざまなDIYアイテムが売られており、気軽に購入できる値段なので、気軽に試してみてほしい。

結論

屋外収納を置くと、庭の雰囲気が残念になってしまうというのは一昔前の話で、今はおしゃれな屋外収納がたくさん販売されている。もし、手持ちの屋外収納をもっとおしゃれに生まれ変わらせたいと思ったら、簡単DIYを試してみてはいかがだろうか。ちょっとアレンジすることで愛着も沸き、庭の外観をがらっと変えることができるだろう。最後に、屋外収納はサイズと広さを選ぶのが基本である。収納しようとしているものとぴったりなサイズは避け、少し余裕ができるくらいの大きさを選んでほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ