このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

書類整理の救世主はどれ?家庭円満を招くお洒落ファイル収納

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

子ども関連、仕事関連、光熱費等の払込票、保険関連と、ペーパーレスが進む時代ではあるが、書類でなければならないものもある。そんな書類が「渡した」「渡されてない」でもめる光景は、どの家庭でも見られるものではないだろうか。そこで今回は、書類を分かりやすく整理整頓する方法について解説するので参考にしてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 項目ごとに分類してボックス収納

溜まっていく一方の書類を長男関係、長女関係、保険関係、光熱費関係など、ざっくり分類することから始めてみよう。書類は新しいものが上にくるようにして重ねていく。そうすることで何関連の書類なのか、何月何日のお知らせなのかをすぐに見つけることができる。書類がすぐに不要なものとわかれば、その場で捨てても問題ない。シンプルながらもわかりやすい管理方法といえるだろう。

ここでおすすめしたいコツが、ファイルに収納しないことである。ファイルに綴じてしまうと、後々見返すのが大変な手間となってしまう。ボックスに仕切りをつけ、そこにラベルを貼って収納しよう。見返したい時にはすっと取り出せるようにしておくことで、整頓された状態をキープすることができるのだ。子ども本人が書類を確認したい時にも、わかる状態にしておこう。

2. トレーを活用して本人に分類させる

もっと手間を省きたい場合は、浅めのトレーを用意し長男用、長女用などとラベリングしよう。そこに子どもたちが学校の書類を入れるのをファーストステップとして導入してみてほしい。子どもたちも、その書類を引き取る親も、書類の置き場がはっきりしていないからどこに置いたらいいか分からない状態になってしまう。

それを解決するために、それぞれのトレーを用意することから始めよう。そしてトレーごとにラベルを貼って各自そこに入れるように指示すれば、きちんと分類された書類が、日付の新しいもの順に保管されるため、親のチェックも楽になる。

同じように、光熱費支払票や保険証書、保証書などもざっくり分類しておく。2週間に1回くらいのタイミングでチェックし、不要な書類は処分して必要な書類だけ残していこう。

3. お洒落収納を目指したいならファイルボックスを活用

お洒落な収納を目指したいなら、ファイルボックスを活用した棚収納をおすすめしたい。色を統一したファイルボックスを用意し、分類した書類をボックスに収納する。そしてそれを棚の中にしまうという方法だ。扉がついている棚の場合、書類を取り出したい時に手順としては一つ増えてしまうが、この収納は部屋の中が整然として見える。

また、扉のついていない棚なら手間は変わらないうえ、見た目はとても書類をまとめている場所とは思えないほどきれいに見せることが可能だ。中身を把握するために、ファイルボックスにはラベルを貼っておこう。そうすれば、どこになにがあるかをすぐに把握することができる。

4. 重要なことは掲示板へ

家族にとって重要なお知らせなどは、掲示板に貼っておくのもよいだろう。書類を次々と冷蔵庫に貼り付けるのは、インテリア的にも、そして管理方法としてもあまりおすすめできないが、本当に大切なお知らせを貼る場所を決めて、家族みんながチェックするようにすれば情報共有がしやすくなる。

コルクボードを使用すればお洒落さを出すことも可能だ。お洒落な見た目で効率よく書類を管理する方法としておすすめしたい。

結論

書類管理のコツは、とにかく使いやすい収納を追求することである。わかりやすいシンプルなルールで分類し、誰でも一目でどこに何があるか把握できる書類管理を目指そう。そうすることで、家庭内の小さな揉めごとはぐっと減るはずだ。また、細かく管理しようと意気込みすぎるのもプレッシャーになるうえに長続きしないため、ざっくり把握できればいいくらいの気軽さで取り組むことも大切にしてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ