このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

エアコン専用のコンセントがある理由。延長コードは使用可能?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

エアコンの新設や増設には、専用のコンセントが必要になる。専用コンセントを使用しないと、リスクが増大し、また業者によっては設置を請け負ってもらえない場合もあるようだ。今回は、エアコン専用コンセントについて解説していく。

1. エアコン専用コンセントがないと増設が必要

通常のコンセントはエアコン専用のコンセントに比べると、最大許容電力が少ない。消費電力の大きいエアコンを利用すると、電力オーバーになり発火し火災を招く恐れも出てくる。また他の電化製品と同時使用すれば、電力不足でブレーカーが落ちることもあるだろう。

実際エアコンによる火災事故を受け、業者側が安全考慮のため自主規制に乗り出している。以前はエアコンに専用コンセントがなくても、設置工事を請け負ってもらえたが、今は専用コンセントの増設工事も必要になってくるようだ。

これまで専用コンセントを使用せずエアコンを使用していた場合も、買い替え時には専用コンセントの増設が必要になるだろう。安全に使用するためには専用コンセントの増設が望ましいのは言うまでもないが、法的に義務づけられているわけではないことも覚えておきたい。

2. エアコン専用コンセントの位置によっても増設が必要?


エアコン専用コンセントがあっても位置によっては、増設が必要になる場合も出てくる。たとえばエアコンと専用コンセント位置が離れている場合だが、市販の延長コードを使うのは危険だ。通常の延長コードだと最大許容能力をオーバーすれば発火し、火災を招く恐れも出てくる。

それを防ぐにはエアコン専用の延長コードを使用する方法もあるが、それだけでも万全とはいえないため、メーカー側は増設を推奨している。

確かに位置は変えずにエアコン専用の延長コードを使用すれば、容量オーバーによる発火リスクは回避できるかもしれない。しかし、取扱いに問題があればリスク回避できないことには変わりはない。安全第一に考えるなら、エアコンの設置場所近くに専用コンセントを増設するのがベストだろう。

3. エアコンによっては専用コンセントの交換が必要に

エアコンを設置したい場所に専用コンセントがあったとしても、エアコン本体の電源プラグの形状と、専用コンセントの差し込み口の形状が異なっていれば、コンセントの交換が必要になる。

エアコン本体の電源プラグの形状は、エアコンが稼働する際に必要な電流や、電圧によっても種類がある。もし、コンセントの差し込み口と異なった形状のエアコンを購入してしまったらそのままでは使用できない。その場合は、差し込み口の形状を交換してもらおう。

また、専用コンセントの電圧とエアコンの電圧が異なっている場合は、コンセントの電圧を切り替えるか、もしくは、ブレーカーを交換することになる。たとえば100V用のコンセントに200Vのエアコンや、逆に200v用の専用コンセントに100Vのエアコンを設置したい場合などだ。

14畳の広さにも対応できるエアコンは200V電圧の機種も多い。そのためコンセントの電圧と合わないといったことが起こりやすくなる。

結論

エアコンを設置する際に業者が、専用コンセントの有無、差し込み口の形状などの確認をしてくれる場合は多い。しかし、何か不都合があれば設置時には追加費用が発生するため、購入する前にあらかじめ確かめておこう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ