このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

収納家具は不要!収納量が格段にアップする3COINSの収納ラック

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月 2日

収納棚にものが入りきらず悩んでいる人は、新しい収納家具を購入する前に棚の中に取り付ける収納ラックを試してみてはいかがだろうか。今ある家具の棚板に差し込むだけで、家具の収納量を簡単に増やすことができる。今回は300円で購入できる、3COINSの「収納ラック」の特徴や使い方を解説する。

1. 3COINSの収納ラックとは

3COINSとは300円アイテムが中心の生活雑貨のお店だ。キッチンアイテムやランドリーグッズ、ペット用品など、デザイン性にもこだわった便利グッズがそろっていて、幅広い年齢層に人気がある。今回ご紹介する収納ラックは、3COINSの収納ボックスコーナーに陳列されている。

サイズは幅45cm×奥行き26cm×高さ14cmで、重量は1.5kgほど。素材は鉄のワイヤーでできている。ワイヤーバスケットとの違いは、収納ボックスとして単品で使うのではなく、棚に取り付けて使うという点だ。

箱型のワイヤーバスケットの左右の上部に約19cmのワイヤーが伸びていて、その部分を棚板に差し込むと取り付けできるようになっている。棚板が約2.5cm以下の厚みの収納棚なら取り付けることが可能だ。オープンタイプの収納棚はもちろん、扉タイプの収納棚の中にも取り付けることができる。

3COINSの収納ラックのカラーは、ホワイトとブラウンの2色展開。食器棚や白いカラーボックスなどには同系色のホワイトを選ぶと良いだろう。ブラウンは黒に近い茶色なので、ダークカラーでまとめた大人っぽいインテリアにはブラウンがおすすめだ。

ワイヤー1本で支えるタイプの収納ラックのため、ワイヤーが曲がるほど重いものの収納には向いていないが、キッチングッズや食器、タオルなどの収納には最適だ。

2. 3COINSの収納ラックの使い方

3COINSの収納ラックはキッチンやリビングなど、棚さえあればいろいろな場所に取り付けることができる。ここではいろいろな使い方について解説する。

キッチンの食器棚に

3COINSの収納ラックをキッチンの食器棚の棚板に取り付けると、棚一段の中を上下に分割して収納できるようになる。食器棚の天板の上には平皿を置き、その上の収納ラックの中には小皿やお椀、マグカップなどを収納することができるので、食器棚の収納力が格段にアップするだろう。

キッチンの吊り戸棚に

キッチンの吊り戸棚下の空間もデッドスペースになりがちなので、3COINSの収納ラックを取り付けてスペースを無駄なく利用しよう。キッチンの吊り戸棚下には、ラップやキッチンペーパー、ふきんやまな板などを収納するのがおすすめだ。ワイヤー部分にS字フックをかけるとさらにキッチンツールなども収納することもできる。

リビングの収納棚に

リビングの収納棚の棚板にも3COINSの収納ラックが使える。カラーボックスの幅にもぴったりとフィットするサイズ感だ。ワイヤーどうしの隙間は2cm×3cmほど空いているので、それよりも小さいものを収納したいときにはカゴやボックスなどに入れて収納するといいだろう。

机やテーブルの下に

収納棚だけでなく、机やテーブルの天板の下にも3COINSの収納ラックを取り付けることができる。本や書類、リモコン、ティッシュボックスなどを収納すれば、机やテーブルの天板の上をすっきりと片付けることができるだろう。

3. 3COINSの収納ラックの便利・良い所

最後に3COINSの収納ラックの便利な点やよい所を紹介する。

無駄になっていたスペースを有効に活用できる

収納棚の一段一段の幅が高い場合、棚の上部が空いてしまうのでもったいない。だからといって積み重ねてしまうと下のものが取り出しにくくなってしまう。そんなとき、収納ラックを使うと、棚の中の無駄になっているスペースを有効に活用してものを収納することができる。

シンプルでインテリアの邪魔にならない

3COINSの収納ラックは通気性がいいため、洋服などの湿気を防いで保管したいものの収納にも向いている。中に入っているものがわかりやすい点もメリットの一つだ。

簡単に取り付けられる

棚板に差し込むだけなので誰にでも簡単に取り付けることができる。ワイヤーのまわりには塗料がコーティングされていて棚板を傷つけにくいようになっているので、賃貸マンションでも気軽に使うことができるだろう。

別の場所に移動して使える

3COINSの収納ラックはキッチンで収納ラックが不要になった場合、リビングに移動して別の用途で使うことも可能だ。いろいろな部屋でフレキシブルに使用できるところが魅力の一つだ。

結論

今回は3COINSのワイヤー収納ラックについて解説した。いろいろな場所に簡単に取り付けられ、無駄になっているスペースを有効に活用して収納スペースを増やすことができる。収納が足りなくて悩んでいる人は、ぜひ自分流の活用方法を考えてみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ