このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

3COINSの食器「ステンレスオーバルプレート」でカレーを楽しむ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月21日

家でカレーを食べるとき、どんな食器で食べているだろうか。カレーには、店で食べる雰囲気が味わえて手入れもかんたんな、3COINSの「ステンレスオーバルプレート」がおすすめだ。今回は、シンプルでオシャレで扱いやすい3COINSのステンレスオーバルプレートを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 3COINSの「ステンレスオーバルプレート」とはどんなもの?

3COINSからはステンレス製の食器が数種類販売されている。その中から今回は、楕円形のステンレスオーバルプレートを紹介しよう。皿の大きさは、短軸19.7×長軸29.5cmほど。皿の中は、2.5cmほどのフチが囲んでいて、料理を盛り付ける部分の大きさはおよそ短軸14.7×長軸24.5cm、1cmほどの深さがある。

名前のとおりステンレス製の皿で、金属の輝きが華やかで美しく、やさしい楕円形はどこか懐かしさを感じるフォルムだ。模様や色などの飾り付けはなく、そのシンプルさが盛り付けた料理を引き立たせるだろう。

2. 3COINSの「ステンレスオーバルプレート」はオシャレなカレー皿!

カレーの本場インドでは、どんな食器を使っているのだろうか。インド料理といえば、ステンレス製の食器に盛り付けられている。実はインドでは、宗教的な観念から浄・不浄という概念が重視され、生活の中でもその考え方を取り入れているのだ。

食の場面では、人が口をつけたものは不浄とされるため、食器はバナナの葉や土器を使い捨てにしたり、陶器などよりも浄化されやすいとされるステンレス製の食器が用いられている。

そのためステンレス製の食器は、本場インドカレーを作る際にはピッタリの皿だ。家でカレーを食べるときにも、3COINSのステンレスオーバルプレートを使えば、本場の雰囲気が盛り上がるになること間違いなし。シンプルな楕円形のステンレス皿に、カレーが映えて美味しそうだ。

3. 3COINSの「ステンレスオーバルプレート」は手入れがラクラク!

ステンレス製の食器は、見た目のかっこよさとともに、扱いやすさも魅力だ。脂っこいものを盛り付けた皿は、洗うときに汚れが落ちにくいことがある。プラスチック製の食器は、洗剤を使って洗っても脂がヌルヌルと残ってしまうことがあるが、ステンレス製の食器は脂汚れが落としやすく、食器洗いがとてもラクなのだ。

陶器などの食器にくらべて薄く作られているステンレス製食器は、軽くてかさばらず、収納もしやすい。落としたりぶつけたりといった衝撃にも強いのだ。バツグンの扱いやすさで、キャンプなどのアウトドア用の食器としても、ステンレスは人気の素材なのだ。手入れがしやすい3COINSのステンレスオーバルプレートで、いろんな料理を楽しもう。

4. 3COINSの「ステンレスオーバルプレート」は洋食や焼肉にも!

シンプルな楕円形の3COINSのステンレスオーバルプレートは、洋食屋さんや喫茶店の食事メニューを思い出させる。カレーはもちろん、オムライスやピラフ、ナポリタンなどを盛り付けると、一皿で洋食メニューが完成する。サラダとともにハンバーグやエビフライ、トンカツ、焼肉などを盛り付け、ごはんとみそ汁をつければ定食風にもなる。店で食べる雰囲気が味わえるだろう。

また、焼肉パーティーで、焼く前の肉を盛り付けるのにも、3COINSのステンレスオーバルプレートをおすすめしたい。焼肉屋さんで食べる雰囲気を味わえ、肉の脂やタレで汚れた皿も、ステンレス製ならかんたんに洗い落とせるだろう。

結論

店で食べる雰囲気が味わえる3COINSのステンレスオーバルプレート。その用途はカレーだけにとどまらず、ナポリタンやハンバーグなどの洋食・定食メニュー、焼肉パーティーの肉の盛り付けなど、さまざまなメニューで活躍してくれそうだ。手入れがかんたんで丈夫なステンレス製の食器で、いろいろな料理にチャレンジしてみよう。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ