このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

3COINSの洗濯グッズが優秀すぎる!セーター干しネットで平干し

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月21日

寒くなるとセーターやカーディガンなど、ニットを着る機会が多くなるが、ニットの洗濯にはかなり気を使う。ニットを型くずれさせないためには、3COINSの「セーター干しネット」で平干ししよう。今回は、機能的で便利な洗濯グッズである、3COINSのセーター干しネットを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 3COINSの「セーター干しネット」とはどんなもの?

3COINSの「セーター干しネット」は、型くずれしがちなセーターやカーディガンなどのニット製品を平干しできる洗濯グッズだ。セーターを平干しするのは、直径59cmほどの円形のネットの周囲に、高さ10cmほどのガードが付いたもの。このネットが上下に2段になっている。ネットはフックで付け外しできるので、1段だけで使うこともできる。

1段目のネットの上にはハンガーフックが付いていて、物干しざおに引っかけて干すことができるのだ。ハンガーフックの下から2段目のネットの底までの高さは約63cm、1段目と2段目の間は14cmほどあいている。耐荷重は1段につき約1kg以下、全体で1.7kgだ。

2. 3COINSの「セーター干しネット」はセーターを上手に平干しできる!

家での洗濯が難しいニット。洗濯表示に従ってちゃんと洗えても、干し方が悪いと台無しになってしまうのだ。洗濯をして水分を含んだニットは、ハンガーにつるして干すと、水分の重みで伸びてしまう。袖やすそがダランと伸びたり、肩にハンガーの跡が付いたりして、元の状態とは違う形になってしまうだろう。

型くずれをしないように干すには、平干しがベストである。3COINSのセーター干しネットは、上手に平干しができる洗濯グッズ。セーターを平らに広げて置くのに充分な大きさの、風通しのよいネットが2段あり、それぞれ落下防止用のガードが付いているので風に吹かれても落ちることがない。風を気にすることなく、安心して外に干せるだろう。

2段目は取り外せるので、1段だけでも2段にしても使うことができる。使用後は折りたたんでコンパクトにできるので、収納しやすいのもポイントだ。

3. 3COINSの「セーター干しネット」のハンガーフックならどこでも干せる!

3COINSのセーター干しネットは、ハンガーフックで物干しざおに引っかけて使える。大きく開いたフックは物干しざおに引っかけやすく、ストッパーで物干しざおをはさむことができるので外れにくく、多少風が強い日でも安心して干せるのだ。

フックの中央部分には小さなへこみがあるので、物干しロープに引っかけても安定する。さらに、フックの先が平らな面になっているので、鴨居に引っかけて使うこともできるのだ。

また、ハンガーフックにつながっているヒモの位置は固定されていないので、引っ張ってずらせる仕様になっている。ネットの上に洗濯物を置くときには少しずらしてななめにし、乾かすときには真っすぐに戻すといった便利な使い方もできるのだ。

4. 3COINSの「セーター干しネット」はぬいぐるみも干せる!

3COINSのセーター干しネットは、型くずれさせたくない衣類や、ハンガーに干しづらいものを干すのに便利だ。ニット以外にもいろいろ干してみよう。

ぬいぐるみ

ホコリや手アカで汚れるぬいぐるみは、たまに洗濯したほうがよいアイテムだ。ぬいぐるみの乾燥には、3COINSのセーター干しネットがピッタリだろう。3COINSのセーター干しネットの上にぬいぐるみを並べて、ひなたぼっこのように乾燥させよう。

枕は大きさも重さもそれなりにあるので、ハンガーには干しづらい。大きさも高さもバッチリの3COINSのセーター干しネットなら、枕もラクラク干せるのだ。

ベビー服

大人用のハンガーにかけづらい小さなベビー服は、3COINSのセーター干しネットに平干しするのがおすすめだ。また、赤ちゃんや子どもの靴下や下着などは小さく、ピンチハンガーに干すのも大変なので、まとめて3COINSのセーター干しネットに干してもよいだろう。

結論

3COINSのセーター干しネットは機能的な洗濯グッズだ。ニットを家で洗濯するときには、洗剤や洗濯方法はもちろん、干し方にも気を使いたい。3COINSのセーター干しネットを使えば、型くずれを防いで上手に乾かすことができるのだ。ニットはもちろん、ハンガーでは干しにくいものの乾燥にも、3COINSのセーター干しネットを活用しよう。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ