このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

下駄箱の収納に役立つアイデア3選!大家族でもすっきりとした玄関に

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年11月18日

子どもの人数が多かったり、親と同居したりしている家庭の下駄箱は、家族の靴が増えてごちゃごちゃになりやすい。どこに誰の靴があるのか分からず、結局履こうと思っていた靴が見つからなかったという経験もしたことがあるのではないだろうか。そこで今回は、家族の人数が多い家庭におすすめしたい下駄箱の収納アイデアを3つ紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. アイデアその1.突っ張り棒で下駄箱の収納スペースを2倍に

スニーカーやパンプスなど、高さの低い靴を並べている下駄箱は、段と段の間にスペースが余りがちだ。そのままにしておくのは勿体ないので、ぜひ収納スペースに活用しよう。

まずは100均などで売っている突っ張り棒を用意してほしい。突っ張り棒は下駄箱の奥と手前に1本ずつ設置していこう。ポイントは靴を取り出しやすくするために、奥と手前の突っ張り棒の位置をズラしておくことだ。奥の突っ張り棒を下駄箱の真ん中ぐらいの位置に、手前の突っ張り棒をそれよりもやや高い位置に設置しておくといいだろう。

設置が終わったら、あとは靴を並べていくだけだ。重さのある靴は突っ張り棒が支えきれなくなってしまう恐れがあるので、靴を並べるときは軽めのものを選ぼう。

2. アイデアその2.下駄箱のオシャレ収納は100均アイテムにおまかせ

前項で紹介した突っ張り棒をはじめ、100均には下駄箱の収納に役立つアイテムが豊富に揃っている。その中でもとくにおすすめしたいのが、「シューズハンガー」と「スクエア収納ボックス」だ。

シューズハンガーはその名の通り靴専用のハンガーで、もともとは洗った靴を干しておくためのアイテムだ。しかし、突っ張り棒と併せて下駄箱に設置しておけば、スニーカーやパンプスを立てて収納することができる。さらに、100均によってはキッズサイズを販売している店舗もあるので、家族全員分のシューズハンガーを揃えれば、もうどこに誰の靴があるのか分からなくなることもないだろう。また、100均のシューズハンガーは靴を浮かせて収納するため、下駄箱の掃除も簡単に済ませることができる。サッと拭くだけでOKなので、下駄箱を清潔に保ちたい人にもおすすめだ。

一方、スクエア収納ボックスは靴の収納ではなく、下駄箱の小物入れにおすすめの商品だ。虫除けスプレーやレインコートなど、おでかけするときのアイテムをまとめられ、かつオシャレに収納することができる。さらに100均のスクエア収納ボックスはふたが付いているので、重ね収納をすれば下駄箱のデッドスペースを無駄にすることもない。ダイソー・セリア・キャンドゥなど、100均によってカラーバリエーションが異なるので、自宅の玄関に合ったデザインのスクエア収納ボックスを選ぼう。

3. アイデアその3.下駄箱の整理整頓にニトリのシューズケースを活用しよう

小さい子供がいる家庭の下駄箱は、サイズアウトした靴に収納スペースがとられがちだ。そんなときはいったん下駄箱の整理整頓を行って、履かない靴を出してしまおう。そしてサイズアウトした子供の靴が何足か出てきたら、まとめてニトリのシューズケースに収納するのがおすすめだ。

ニトリのシューズケースはうっすらとしたクリアカラーになっていて、収納している靴が外から見てわかる作りになっている。そのため、サイズアウトした子供の靴をまとめて収納しておいても、また使いたいときにパッと見てすぐに取り出すことができるのだ。

ニトリのシューズケースはメンズ用(税抜462円)とレディース用(税抜370円)に分かれていて、どちらも2個セットで販売されている。靴のサイズにもよるが、13~15cmの靴の場合はレディース用に約7足収納することが可能だ。これならすぐに履けなくなってしまう子供の靴も、コンパクトにまとめておくことができる。

結論

下駄箱が靴でいっぱいになっていると、湿気がこもりやすくカビが生えてしまうことがある。今回紹介した収納方法も靴が密集する形になるため、湿気対策は必ず行ったほうがいいだろう。下駄箱の除湿は新聞紙や100均で売っているシリカゲルでもできるので、収納の見直しとともに、下駄箱の掃除・除湿も定期的に行っていこう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ