このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
エアコンのフィルターは清潔に!掃除の方法と適切な頻度をチェック

エアコンのフィルターは清潔に!掃除の方法と適切な頻度をチェック

投稿者:ライター 吉田梨紗 (よしだりさ)

2021年5月23日

エアコンを清潔に保つためには、フィルターの掃除がかかせない。ほこりや汚れを放置するとカビが発生して空気中に広がるので、定期的に除去する必要がある。この記事では、エアコンのフィルターを掃除する方法や、適切な掃除頻度を紹介しよう。自動掃除機能付きエアコンに掃除が必要か?といった、気になるポイントと併せて解説する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. エアコンのフィルターはカビの温床だった

エアコンのフィルター掃除が必要な2つの理由についてチェックしよう。「カビ」と「電気代」について、それぞれ解説する。

カビが発生する

フィルターには空気中のホコリや汚れを取る効果がある。しかし、フィルターに付着したホコリや汚れはカビの栄養源になるので、注意が必要だ。冷房やドライ機能のあとはエアコンの内部に結露が発生するため、とくにカビが繁殖しやすい。

フィルターに発生したカビは空気にのって部屋中に広がる。せきやくしゃみといった症状がでたり、呼吸器系のアレルギーの原因になったりするので、それを防ぐためも定期的な掃除で清潔に保とう。

目詰まりで無駄に電力を消費する

ほこりや汚れはフィルターが目詰まりする原因だ。エアコンは空気を内部に取り込んで、冷たくしたり暖かくしたりすることで温度を調整している。フィルターが目詰まりすれば、エアコン内部に空気を上手く取り込めない。

空気を取り込みにくいと無駄な電力を消費して運転効率が悪化する。電気代も高くなるので注意が必要だ。エアコンの効きが悪いときはフィルターが汚れている可能性が高いため、キレイに掃除しよう。

2. エアコンのフィルター掃除の適切な頻度

エアコンのフィルターを清潔に保つには、適切な頻度で掃除する必要がある。頻度の目安とタイミングについて解説しよう。

2週間に1回を目安にする

2週間に1回を目安にフィルターの掃除をするとよい。小まめにホコリや汚れを除去することで、カビの繁殖を抑えることが可能だ。適切な頻度で掃除すれば汚れはたまりにくくなるため、手入れにかかる手間も減らせる。掃除機で吸い込むといった簡単な掃除方法でも、清潔に保ちやすい。

シーズン後は念入りに掃除する

エアコンを使わないシーズンオフのときは、とくにカビが発生しやすい。シーズン後は念入りにフィルター掃除をして、さらに使っていないときも小まめに手入れしよう。冷房やドライを使う夏はエアコン内部に結露がたまるので、シーズン後は3〜4時間ほど送風運転機能で乾燥させよう。

3. エアコンのフィルターの正しい洗い方

エアコンのフィルターを掃除する方法を紹介しよう。前面パネルやフィルターの外し方など、基本的な知識と併せてまとめた。

前面パネルの開け方

まずはエアコンの左右2箇所にある手掛け位置を触って確認する。機種によって違いはあるが、くぼみや引っ掛かりがあるのが一般的だ。電源を切ってコンセントを抜いたら、手掛け位置を持って手前に軽く引こう。あとは上に持ち上げて、全面パネルが止まる位置まで開けるだけだ。

フィルターの外し方

フィルターのツマミを持ったあと下に引き出して外す。ただし、エアコンの機種によって外し方の細かな点は違うので、説明書でチェックしておくと安心だ。カバーがあったりロックがあったりする機種なら、先にそちらを外す必要がある。無理やりフィルターを引っ張ると破損する可能性があるので、慎重に作業しよう。

フィルターの洗い方

フィルターの汚れが軽度であれば掃除機で吸い込むだけで十分だ。しかし、掃除機だけでカビや汚れが落ちない場合は、正しい洗い方で掃除してほしい。
  • フィルターを外す前に掃除機で吸い取る
  • フィルターを取り外して表側から掃除機をかける
  • フィルターの裏側からシャワーをかけて水洗いをする
  • 酷い汚れは液体中性洗剤を溶かしたぬるま湯で優しく洗う
  • 日陰で乾燥させたらエアコンに取り付ける
濡れたままだとカビの原因になるので、完全に乾燥したのを確認してから取り付ける。フィルターの取り付け方は、外したときと逆の手順だ。表側と裏側を間違わないように注意しよう。

4. 自動掃除機能付きエアコンはフィルター掃除が不要?

自動お掃除機能付きエアコンなら、日常的なフィルターの掃除は必要ない。ただし、ダストボックスにフィルターから除去した汚れがたまるので、定期的に取り外して手入れをしよう。

また、エアコンの自動お掃除機能でも、汚れが取れきれないことがある。フィルターを定期的に取り外して、汚れが残っていないかをチェックしよう。汚れやカビが残っている場合は、掃除機や液体中性洗剤を使った掃除が必要だ。

さらに、自動掃除機能ではフィルターだけしか掃除ができない。前面パネルやルーバーは柔らかい布で乾拭きして汚れをキレイにしよう。エアコンの内部は自分では掃除が難しいので、クリーニング業者に依頼してほしい。

結論

エアコンのフィルターが汚れたままだと、カビが発生して部屋中に広がる。2週間に1回を目安にキレイに掃除することが重要だ。日頃のお手入れには掃除機を使い、汚れが酷いときは液体中性洗剤を使って掃除をしよう。また、自動掃除機能付きエアコンでも、フィルターに汚れが残ることがある。定期的にチェックして、汚れているようならキレイに掃除してほしい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年5月23日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ