このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
布団クリーナーの効果的な使用方法を解説!おすすめ商品も紹介

布団クリーナーの効果的な使用方法を解説!おすすめ商品も紹介

投稿者:ライター ブルーナ明子 (ぶるーなあきこ)

鉛筆アイコン 2021年7月15日

快適な睡眠には欠かせない布団だが、手入れを怠ると知らぬ間にダニが増殖し、汚れが溜まってしまう。布団は毎日使用するものだからこそ清潔に保ちたいが、その方法が分からないという方もいるはずだ。こちらでは、布団を清潔かつ快適に使用するために役立つクリーナーと効果的な使用方法、おすすめの商品について詳しく解説しよう。

  

1. 布団のダニ対策には乾燥機+クリーナー!

寝具にはダニ対策が必須といわれているが、その理由と効果的な手入れ方法をご存じだろうか。こちらでは、布団にダニ対策が必要な理由と、布団クリーナーを用いた効果的なダニ対策の方法について解説しよう。

寝具にダニ対策をすべき理由

ダニは、糞や死骸も喘息やアレルギーを引き起こす原因物質を含むため、健康維持のためにもダニとその糞や死骸を除去することが重要だ。また、ダニは、温度が20度から30度、湿度が60%以上の場所を好んで繁殖する特徴をもつ。さらに布団には、フケ、垢などダニにとっての栄養源も豊富にある。このようにダニの繁殖に好条件が整った場所が寝具であるため、寝具は充分にダニ対策すべきなのである。

効果的な対策方法

寝具のダニ対策の方法としては、天日干しが効果的であるといわれている。しかし、実はそれだけでは日の当たらない場所にダニが移動してしまうため、十分な対策とはいえない。
布団全体をダニが死滅する高温にし、ダニが好む湿気を十分に取り除くためには、布団乾燥機や衣類用乾燥機を使用することが手軽な方法の1つだ。ダニは、50度の熱で20分から30分ほど、60度の熱では一瞬で死滅するといわれているため、乾燥機の設定温度を十分に確認してから使用することが大切である。
そして、最後に布団クリーナーを使用し、布団に残ったダニの死骸や糞を取り除く。このように、布団のダニ対策を効果的に行いたいときには、乾燥機と布団クリーナーを組み合わせた手入れ方法がおすすめだ。

2. 布団クリーナーの種類と最新機能とは?

こちらでは、布団クリーナーの種類と最新機能についてご紹介しよう。

布団クリーナーの種類

布団クリーナーの種類には、電源の違いではコード式、コードレス式がある。また、ごみを溜める場所も紙パック式やフィルター式があり、それぞれ使用方法やごみの処理方法が異なるため、用途に応じて選ぶことが大切だ。
また、布団クリーナーのなかには、さまざまな最新機能が搭載されているものもある。以下のような機能に着目することもクリーナーを選ぶ際のポイントとなるだろう。

ドライエアブロー機能

この機能が搭載された布団クリーナーは、約60度の温風を排出しながら布団の表面付近にいるダニを死滅させ、布団の湿気を取り除くことができる。ダニは、湿度が低い場所は好まないため、繁殖を防ぐことが可能だ。

UV照射機能

医療現場でも使用されるUV除菌灯が搭載された布団クリーナーでは、適切に照射させると布団に付着したウイルスなどを除菌・除去することができる。

高感度ダニちりセンサー

ダニちりセンサーが搭載された布団クリーナーでは、布団に存在するダニやちりの量をランプの色で知ることができる。そのため、ダニやちりなどを効率的に除去することが可能だ。

3. 高コスパが魅力の布団専用クリーナー3選

こちらでは、布団専用クリーナーのおすすめ商品とその特徴についてご紹介しよう。

アイリスオーヤマ「ふとんクリーナーハイパワーIC-FAC4 / KIC-FAC4」

こちらは、高速パワーブラシにより、ハウスダストを99%以上除去することのできる布団専用のクリーナーである。特徴は、本体の重さが約2.2㎏と一般的な布団クリーナーよりも軽量であることに加え、ダニちりセンサーで効率よく掃除することができる点だ。さらに温風機能ももつおすすめ商品である。

Panasonic「MC-DF500G」

こちらは、本体の重さが約2㎏と軽量であり、布団掃除に適した設計であるため片手でもスムーズに掃除できる布団クリーナだ。特徴は、ハウスダストがなくなったときに表示されるクリーンセンサーが搭載され、紙パック方式が採用されているため清潔かつ簡単に手入れできる点になる。

SHARP「EC-HX150」

こちらは、従来の製品よりも1分間に約2倍の回数でたたくことのできる、高速たたきハイパワーブラシが搭載された布団クリーナーだ。特徴は、Ag+アレルディフェンスフィルターと高性能プリーツフィルターが採用され、ダニの死骸など吸い取った汚れを99.99%以上逃さない点だ。高速旋回気流で吸い取ったダニなどを粉砕させて死滅させることができる点もおすすめになる。

4. 布団以外にもOKな多目的クリーナー3選

こちらでは、布団クリーナーとしても使用できる多目的クリーナーのおすすめ商品をご紹介しよう。

三菱電機「コードレススティッククリーナーiNSTICK ZUBAQ HC-JD2X」

こちらは、コードレスのスティックタイプの多目的クリーナーである。掃除したい場所に適応するアタッチメントを装着すると、フローリングなどの床だけでなく、布団や家具のすき間、車内も簡単かつ効果的に掃除することができるおすすめ商品だ。

Shark「充電式サイクロンスティッククリーナー CH966J」

こちらは、ノズルを外して付属されているミニモーターヘッドを装着すると布団クリーナーとして使用できるコードレスの掃除機である。特徴は、ボタン一つで集めたごみを処理することができる点や、フィルターとダストカップが水洗いできる点だ。手入れを簡単に済ませ、かつ清潔に使用したい方におすすめの商品である。

Dyson「V7 Mattress(HH11 COM)」

こちらは、高い吸引力を維持しながら最長30分の運転が可能なコードレスの布団クリーナーである。多種類のノズルが付属しているため、布団だけでなく掃除が難しい家具の間や部屋の隅、土埃なども高い吸引力でキレイに汚れを取り除くことができるおすすめ製品だ。

結論

今回は、布団を清潔かつ快適に使用するために欠かせないクリーナーとその効果的な使用方法、おすすめの商品について詳しく解説した。ぜひ、こちらの内容を参考にクリーナーを効果的に使用して、布団に溜まった汚れをしっかりと取り除いていただきたい。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年7月 1日

  • 更新日:

    2021年7月15日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング