美味しく食べて免疫力アップ!人参の栄養と効能

カレーに肉じゃが、サラダなど、様々な料理に登場する万能野菜の人参。人参は免疫力を高め、風邪を予防してくれるという優れた健康野菜とされている。ここでは人参の持つ栄養とその健康効果、そして効果的な食べ方について紹介していこう。

1. 人参の種類と選び方

どこでも見かける人参だが、良い人参とはどのような人参なのだろうか。 美味しくて栄養価の高い人参を選ぶコツをいくつか紹介しよう。

人参の旬

人参は全国で生産されており、産地をかえて通年出荷されている。人参が美味しい季節は10月から2月までの秋から冬の時期にかけてのようだ。

人参の種類

普段よく見かける一般的な人参は5寸人参で、そして正月に縁起物として出回る色の濃い色の人参が金時人参である。近年はミニキャロットや紫や黄色の人参なども出回っている。金時人参は柔らかく独特な風味を持ち、ミニキャロットは甘みが強く皮つきを生で食べられるなど、各種特徴が異なるので料理に応じて使い分けると良いようだ。

美味しい人参の見分け方

なるべくオレンジ色が濃いものを選び、表面の黒ずみやひび割れている人参は避ける。葉付きのものは葉がみずみずしい状態かををチェックし、芯が見えているものは直径が小さく緑色に近いものが新鮮とされているようなので参考にしてほしい。

この記事もCheck!

2. 人参の持つ栄養素と効能

人参の持つ栄養素

  • ビタミンA(カロテン)
    緑黄色野菜である人参はカロテンを多く含む。カロテンは皮に多く含まれているため、できるだけ皮をむかずに食べる事が好ましい。また、カロテンは加熱調理することで体内での吸収率が高くなるとされている。加熱調理の中でもボイルより油で調理する方が吸収率が良いとされているため、吸収率を高めたい場合には、炒め物か揚げ物で食べるのがオススメだ。
  • カリウム
    カリウムは体内にある余分な塩分を排出する働きがある。このカリウムの働きにより、血液の循環が良くなる事が期待できるためカリウム不足にならないように摂取したい栄養素だ。
  • 食物繊維
    食物繊維は腸の働きを活発化させる役割を持つと言われる栄養素で、野菜嫌いな人が不足しがちな栄養素の1つのようだ。

人参の健康効果

カロテンやカリウムなどの豊富な栄養を含む人参。それでは人参が体にもたらす健康効果とは一体どのようなものだろうか。 
  • 免疫力をアップさせ病気を予防する
    人参に含まれるカロテンは体の免疫力を高め、がんを抑制する働きがあると言われている。また、カロテンは皮膚や粘膜を正常に保つ力もあるとされ、鼻や喉の粘膜を強化する事で風邪のような細菌感染を防ぐのにも効果的なようだ。
  • 肌の調子を整える
    前述した通り、カロテンには皮膚や粘膜の状態を良くする働きがあるため、乾燥肌をやわらげ、滑らかな肌にしてくれる効果が期待できるようだ。また同様に、髪や爪を健康的に保つのにも効果的とされる。
  • 便秘の解消
    人参には食物繊維が含まれているため、腸の働きを活発化させて便通を良くする効果がある。便秘が解消されることにより、肥満や生活習慣病の防止にもつながるようだ。

この記事もCheck!

3. 人参の上手な食べ方

それでは人参をどのようにして食べるのが賢い方法なのだろうか。栄養を効率的に吸収でき、簡単で美味しい方法をいくつか紹介しよう。

人参ジュース

人参を生のままジュースにする方法がもっとも簡単だ。大事な栄養素であるカロテンやビタミンCなどは皮に多く含まれているため、ジュースにする事で皮も気にならず栄養も効率よく摂取できる。レモン汁や他のフルーツなどを加えると、味の変化が楽しめ、栄養価も上がる。

人参の天ぷら

人参に含まれるカロテンが油と一緒に摂取すると吸収力がアップする事から、人参の天ぷらが効率の良い食べ方だと言える。人参の葉には、たんぱく質やカリウムが含まれているようなので、もし葉付きの人参であれば葉と一緒にかき揚げにするのがオススメだ。

人参パンケーキ

人参嫌いの人にオススメしたいのが、すりおろしてパンケーキのような別の料理に加える方法だ。この方法はアレンジ出来る種類も多く、パンやパウンドケーキに練りこんでみるのも良い。また、カレーに加えるとほのかな甘みが加わり深みが増すようだ。

なお、料理の際に余った人参は、冷蔵庫に入れる場合、立てて保存するのが望ましい。人参は湿気に弱いので、新聞紙などに包んで保存すると良いだろう。カットしたものを保存する場合は、ピッタリとラップして保存しよう。

この記事もCheck!

結論

現在は品種改良が進み、かつて人参が持っていた独特の香りが減り、甘みの強い人参が出回るようになった。色々な種類の人参と、食材や調理法とを組み合わせながら、毎日の習慣に取り入れてみてはいかがだろうか。
投稿者 :
オリーブオイルをひとまわし編集部
この記事を共有する
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

おすすめ記事

この記事が気に入ったらいいね!をお願いします!

facebookで最新記事をお届けします。

 
ページトップへ ページトップへ