このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
空心菜の栄養と効能。美味しく調理するコツは火加減と茹で方だった?

空心菜の栄養と効能。美味しく調理するコツは火加減と茹で方だった?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年4月 8日

空心菜は中華料理やタイ料理でよく使われる青菜野菜である。学名はヨウサイであるが、茎が空洞になっていることから空心菜とも呼ばれる。日本ではあまり食卓に並ばない野菜ではあるが、シャキシャキとした食感と癖のない味がどの料理にも合うことから、最近はスーパーでもよく販売されている。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 空心菜ってどんな食べ物?

空心菜は中国や東南アジアで一般的に使われている青菜野菜であり、気温や湿度が高い夏にも強く成長することが特徴だ。
日本では沖縄に最初に伝わり、チャンプルーにも使われることが多い。栄養価も高く、炒め物にも汁物にもどんな料理でも美味しく頂けるのが空芯菜の魅力である。

2. 空心菜の栄養と効能

β-カロテン

空心菜にはβ-カロテンが多く含まれる。β-カロテンは体内でビタミンAに変換されるため、発育を促進したり、肌の健康を維持したり、暗いところでも目が慣れて見えるようになる機能に関わったりする。

ビタミンB1・ビタミンB2

空心菜はビタミンB1、B2、カリウムが豊富に含まれており、いずれも代謝を高めて夏バテを解消する効果がある。ニンニクと一緒に炒めると、夏にはもってこいのスタミナ料理になるためオススメだ。

カルシウム

空心菜には多くのカルシウムが含まれている。カルシウムは骨や歯にとって必要不可欠な成分であり、欠かさず取る必要がある。
その点空心菜はどのような料理にでも合うためカルシウム摂取には最適だ。他にも骨の生成に必要なマグネシウムや、カルシウムを骨に定着させるビタミンKも含んでいる。

空心菜には鉄分や、背血球の生成に効果的なビタミンB12を豊富に含んでおり、赤血球を増やす効果・造血効果が見込まれる。また、葉酸も多量に含んでいるため、特に妊娠中の方にとっては大事な栄養素が豊富に含まれていることからオススメだ。

3. 空心菜の旬と食べ方、保存方法

空心菜は気温や湿度の高い夏に強く成長するため、旬となる時期も夏である。最近ではハウスや施設での栽培も行われるようになっており、スプラウトも出回っている。
葉先まで張りがあり、緑色が鮮やかなものほど鮮度が高いと言われているので、スーパーなどで買う際はよく見て選ぶのがよい。

食べ方

■サラダ
■炒め物
■汁物
など、お好みによって
空心菜はシャキシャキとした食感を活かすために炒め物やサラダに使用するのがオススメだ。調理する際は食感を活かすため、火を入れすぎないように注意したい。茹でる際はシャキシャキ感を統一するために、茎の太い部分を先に二分ほど茹で、葉の部分はサッと数秒程度茹でるようにするのが良いだろう。

保存方法

空心菜は乾燥に弱いため、切り口に水を含ませたキッチンペーパーで包み、ビニール袋などに入れて冷蔵庫で保存する。
冷凍保存をしてしまうとシャキシャキとした食感が損なわれてしまうため、冷蔵保存でなるべく早く食べるのが一番だ。

結論

空心菜は日本では食べる機会の少ない野菜だが、栄養価が高くどの料理にも使いやすいためオススメの食材だ。スーパーで見かけた際には、買ってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2017年4月 2日

  • 更新日:

    2020年4月 8日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ