このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

オクラの栄養と効能を紹介!ネバネバ成分は食物繊維?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年7月31日

オクラはネバネバしている食材として一般的に知られている野菜の1つである。しかし実際にどのような栄養が含まれているのか、理解している人は少ないのではないだろうか。今回はそんなオクラの栄養と食べ方を紹介していく。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. オクラとはどんな食べ物なのか

オクラの原産国は日本ではなく、元々はアフリカ大陸の植物だといわれている。また夏野菜としても有名だが、日本国内では温室栽培で比較的どの季節でも入手しやすい野菜だ。またその食感は独特でネバネバとしているが、皮の内側にはたっぷりと栄養が含まれている。

オクラの種類

■花オクラ
花オクラとは、実の部分ではなく、花の部分に粘りなどの成分があることから花オクラと呼ばれており、花びら部分が食用となっているオクラである。花オクラはその美しさから、食用のみでなく観賞用に栽培されていることも少なくない。
■ペニー
オクラの中では平均的なサイズで、実の長さは8cm程度まで成長する。サラダの食材として扱われることが多い。また栽培がしやすいので家庭菜園の為に種が購入されることも珍しくない。
■まるみちゃん
まるい莢で知られているオクラがまるみちゃんである。まるみちゃんの特徴は莢だけではなく、その長さだ。長いものでは18cmに及ぶ場合もある。ペニーと同様に、家庭菜園でも人気のあるオクラの品種の1つである。

2. オクラの栄養と効能とは

ペクチン

オクラの中身はネバネバとしているが、そのネバネバはペクチンという水溶性食物繊維によるもの。水溶性食物繊維はその粘着性によって腸管内をゆっくり移動するため、腹持ちがよく食べ過ぎを防いでくれる。

β-カロテン

ビジネスマンにとって、顔色の良さは欠かせない。顔色が良ければそれだけ相手に与える印象が良くなる。オクラに含まれているβ-カロテンは、皮膚の元気に関係している。つまり顔色を健康的に保つことに役立つといえる。

カリウム

カリウムは人体に必要なミネラルの1つだ。オクラにはそんなカリウムがたっぷりと含まれている。また、ナトリウムを排出する作用があることから、塩分の摂り過ぎを調節する働きがある。高血圧の予防にも役立つため、オクラは血圧が高めの方にも嬉しい食材である。

3. オクラの旬の季節と食べ方 保存方法について

オクラの旬の季節は夏

オクラは輸入からも入ってくる食材なので、1年中流通している。しかし国産のオクラの旬は夏である。その為国産の美味しいオクラを味わいたい場合、夏場に意識的に購入することをおすすめする。

オクラの美味しい食べ方

料理に慣れていない男性でもできる簡単なオクラの調理方法がある。それはサラダである。オクラをサラダの食材とする際は、しっかりと水洗いして食べやすいサイズに切ることが大切だ。また時間に余裕がある場合はオクラの産毛まで丁寧に取り除けば、口当たりが良くなる。ブロッコリー、レタス、キュウリ等と混ぜ合わせてドレッシングをかければそれだけで美味しいサラダを作ることができる。

オクラは冷凍でも保存可能

旬の時期にオクラを大量に手に入れても、食べきれない場合がある。そういった場合、オクラは冷凍保存も可能だ。一度下茹ですることが理想だが、生でも問題はない。オクラを食べきれない時は冷凍することで、冷蔵庫に入れておくだけよりも長く保存することができるのだ。

結論

国産のオクラを美味しく食べたいなら、夏が旬の時期である。またオクラは栄養がしっかりと含まれた食材だ。家族の健康を意識するなら料理のレパートリーにオクラを取り入れてみてはどうだろうか。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ