このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
卵焼きを美味しく作るコツとは?混ぜすぎないのがポイント!

卵焼きを美味しく作るコツとは?混ぜすぎないのがポイント!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月22日

お弁当のおかずや朝食メニューの定番、卵焼き。食べる機会は多いが、焦げてしまったり生焼けだったり、はたまた崩れてしまったりと失敗しやすい。そこで今回は、卵焼きを上手に作るコツを伝授する。これを読めば、自信を持って卵焼きを作ることができるだろう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 混ぜすぎ注意!卵焼きが美味しく作れない理由

卵焼きは、様々な味付けを楽しむことができる定番家庭料理だ。塩で薄く味付けした基本の卵焼きだけでなく、甘く仕上げたものや出汁で味付けしたもの、野菜やチーズを入れたりとアレンジ自在で子供から大人までに愛されている。そんな卵焼きだが、上手に美味しく作るのは結構難しい。失敗の理由は意外なところにあった。

卵焼きを上手に作るポイントはいくつかあるが、最重要なのは "卵の混ぜ方"である。「混ぜ方!?」と驚かれた人も多いだろう。レシピサイトや料理本では、卵液を少しずつ流して巻いていくという工程をメインに解説している。もちろんこの工程が難しいためではあるが、実はそれよりも前の"混ぜる"という段階に失敗しない卵焼きのコツがあったのだ。

"卵を混ぜる"と聞いた時、どのように・どのくらい混ぜるのかを深く考える人はあまりいないだろう。とにかく菜箸や泡立て器などで納得いくように混ぜるだろう。それでOKな料理ももちろんあるが、卵焼きの場合はNGである。なぜなら、混ぜすぎると卵のコシが失われてしまうからである。コシがなくなると卵の固まる力もなくなってしまい、結果的にふわふわ食感の卵焼きにならないのだ。ちなみに、薄焼き卵の場合は卵のコシがなくなった方が上手にできるため、しっかりと混ぜてから焼く方が良い。

2. コツを掴んで大成功!美味しい卵焼きを作るポイントは"混ぜ方"

卵焼きを作る際には、卵の混ぜ方が大切だということがご理解いただけただろうか?ここからは、卵焼きを上手に焼くための卵の混ぜ方を解説する。適正な混ぜ具合を把握し、卵焼きマスターを目指そう。

卵を混ぜるときのコツは、決して泡立てず、切るように混ぜることだ。"切るように..."とは少し難しいが、シャカシャカと音を立てて元気よく混ぜるのではなく、菜箸などをボールの底につけたまま白身を切り溶くようなイメージで、円を描くのではなく上下に往復するように混ぜる。少しすくってみて白身と黄味が混ぜっていればOK。白身のかたまりが見えるなど、完全に均一な黄色になっていなくても問題ない。とにかく混ぜすぎないことだ。時間的にも数秒で終わらせることがポイントだ。

次に卵を混ぜるための道具だが、菜箸が一番好ましい。泡立て器でもOKだが、簡単に混ざるため混ぜすぎてしまいやすく、その上泡も立ちやすいため注意が必要だ。また、卵専用の混ぜ棒や大きめのフォークを使うこともできる。どんな道具を使う場合にも、混ぜすぎないことと泡を立てないことを意識しよう。

上手な卵焼きを作るために大切な混ぜ方がわかったら、実際に卵焼きを焼いてみよう。次の項目では、美味しい卵焼きをキレイに作る方法を伝授する。

3. 美味しい卵焼きの焼き方

定番の卵焼きの味付けはカレーと同じように家庭ごとに異なるが、ここでは一番基本の卵焼きの作り方を紹介する。卵焼きを美味しくキレイに仕上げるには混ぜすぎないことが重要だが、卵焼き器を使うことも上手に仕上げるポイントである。

基本の卵焼きの作り方

  • 卵(4個)をボールに割入れる
  • 卵を"切るように"軽く混ぜる
  • 酒(大匙1)、しょうゆ(小匙1)、みりん(小匙2)、塩(小匙1/4)を加え、塩が溶けるまで軽く混ぜる
  • 卵焼き器を中火にかけてサラダ油を引き、余分をふき取る
  • 卵焼き器全体に広がる程度に卵液を流す
  • 火が通ってきたら、表面が乾く前に手前から奥に向かって卵を巻く
  • 卵を寄せながら卵焼き器全体に油を塗り、⑤同様に卵液を流す
  • 卵液がなくなるまで⑥~⑦を繰り返し、こんがりと焼き上げる

だし巻き卵の作り方

  • だし汁(100mL)を小鍋に入れて中火にかける
  • 酒(大匙1)、砂糖(大匙1)、塩(小匙1/4)、しょうゆ(小匙1/3)を加えて、塩と砂糖が溶けるまで温め、その後冷やす
  • 卵(4個)をボールに割入れ、"切るように"混ぜる
  • 卵液に②を加え、軽く混ぜる
  • 「基本の卵焼きの作り方」④~⑧と同じ
  • 大根おろしを添えて盛り付ける

結論

失敗しがちな卵焼きを上手に作るコツを説明した。卵焼きを食べると、子供の頃のお弁当を思い出して懐かしい気持ちになる。どんな卵焼きよりも美味しい母の味を再現できるよう、レシピや作り方を聞いておくと良いかもしれない。ちなみに、卵焼きの派閥調査では、"甘い派"53%、"しょっぱい派"33%、"どちらでもない"14%という結果であった。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >