このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

じつは作り置きもできる?卵焼きの正しい保存方法を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年2月21日

お弁当のおかずに定番の卵焼き。毎日のように弁当に入れるものだからこそ、まとめて作り置きしておきたいと思ったことはないだろうか。卵焼きはそのままだと日持ちしないが、冷凍保存すれば長期間保存することができるようになる。ここでは卵焼きの正しい保存方法とそのコツについて紹介したい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 卵焼きの保存方法は焼き方がポイント

卵焼きを作り置きしたいと思っても、正しい保存方法を知らないまま冷蔵庫や冷凍庫に入れるだけでは味や食感が失われてしまう。また、卵焼きを作り置きするのであれば、あらかじめ保存に適した方法で焼くことが重要となる。これから紹介する、保存性を高める正しい焼き方を抑えておこう。

作り置きしたいなら卵焼きの水分を少なめにするのが正解!

卵焼きを冷凍するということは、卵焼きに含まれる水分が凍るということだ。水分が多い卵焼きは凍る水が多くなり、食感がぼそぼそとしたものになってしまう。卵焼きを冷凍したいのであれば仕上がりが水分少なめのものになるように気を付けたい。味付けも出汁ではなく顆粒タイプを使うようにすれば、より水分を減らすことができる。

同じ理由から、半熟の焼き加減ではあまり保存に適していない。半熟では雑菌の繁殖も早いので、作り置きする場合はしっかり火が通っていることを確認することが大切だ。

マヨネーズを使えば冷凍してもふわふわ食感の卵焼きに!

卵焼きの食感を維持したまま冷凍したいなら、マヨネーズを入れるのがおすすめだ。マヨネーズに含まれる油分と酢が、たんぱく質の熱で固まる作用を和らげ、冷めたあともふわふわとした食感を保ってくれる。マヨネーズを入れた卵焼きは、冷凍して解凍した際もその食感が失われない。作り置きでもふわふわ食感の卵焼きを楽しみたいなら、覚えておいて損はないだろう。

2. 卵焼きを冷蔵保存するなら数日で使い切る

卵焼きを長期保存するなら冷凍保存が一番安心だが、翌日のお弁当に入れる分だけ今日のうちに卵焼きを作っておきたいというときに、その都度冷凍するというのはあまり現実的ではない。そういうときは、プラスティック保存容器やフリーザーバック、ラップなどを使って可能な限り空気に触れないようにして冷蔵庫で保存しよう。

このとき注意したいのは、しっかり粗熱を取ってから冷蔵庫にしまうことだ。卵焼きは熱いままだと形が崩れやすいので、ラップで包んだりしている間に形が崩れてしまう恐れがある。また、熱いまま冷蔵庫に入れてしまうと冷蔵庫全体の温度があがってしまう。卵焼きの粗熱でほかの食品が傷んでしまう恐れがあるので気を付けてほしい。

3. 卵焼きの長期保存には冷凍保存がおすすめ

卵焼きを3日以上先の分まで作り置きしたいのであれば、冷凍保存がおすすめだ。正しく冷凍できていれば、およそ2週間は保存がきくようになる。

冷蔵保存同様しっかり粗熱を取り、ラップに包んでから保存容器やフリーザーバックに入れ、空気を抜いて冷凍しよう。まとめて解凍する予定でもない限り、あらかじめ1回分に小分けしながら袋に保存するようにするとよいだろう。

せっかくの卵焼きの形が崩れないように平らな場所に入れ、ほか冷凍食品で潰されないようにすることにも気を付けたい。

4. 冷凍した卵焼きの解凍方法は?

冷凍した卵焼きの解凍方法は、自然解凍がおすすめだ。とはいえ、室温で解凍するのは雑菌の繁殖のリスクがあり、夏場はとくに推奨できない。そんなときに覚えておきたいのが、冷凍した卵焼きを冷蔵庫に移し替え、冷蔵庫で自然解凍を待つ方法だ。この方法であれば、雑菌が繁殖するリスクを最大限減らしながら自然解凍を待つことができる。

冷凍してある卵焼きを使いたいときは、その前日のうちに使いたい分だけ冷蔵庫に移し替えておけば、翌日にはちょうどよい具合に解凍されているはずだ。逆に、どうしてもすぐに解凍したいという場合は、電子レンジの解凍機能などで10秒くらいずつ様子を見ながら解凍するとよいだろう。

結論

卵焼きを長期保存するなら冷凍するのが一番だが、そのためにはあらかじめ水分を少なめに作るようにしたり、マヨネーズを加えたりといった工夫が必要だ。せっかく作り置きをするのであれば、なるべく美味しい状態で保存し、食べられるようにしておこう。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ