このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
はまぐりとホンビノス貝の違いとは?似ているようで結構似てない

はまぐりとホンビノス貝の違いとは?似ているようで結構似てない

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年3月27日

酒蒸しにしたり、お吸い物にしたり、上品でうま味のある出汁がなんとも美味しいはまぐり。ちょっと特別な時に食べる高級な貝といったイメージだ。ところでそんなはまぐりにそっくりな貝があることを知っているだろうか。その名も「ホンビノス貝」。よく似た2つの貝の違いを解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. はまぐりとホンビノス貝の産地の違い

「はまぐり」と「ホンビノス貝」は、まず故郷が違う。

はまぐりは、日本近海に生息していた在来種。昔は各地の海で獲れていたのだが、今では伊勢湾や柏灘などの限られた地域で獲れるのみ。国産はまぐりはとても貴重な存在だ。中国や韓国、台湾などから輸入されたものも出回っている。

一方ホンビノス貝は、アメリカ大西洋側を減産とする外来種。1990年代に日本に移入してきたものが定着した。一時期は「白はまぐり」として出荷されていたこともある。現在では東京湾などで非常に多く繁殖している。国産ものの出荷量は、アサリより多いこともあるほどだ。

2. はまぐりとホンビノス貝の形状・色の違い

パッと見た感じはとても似ている「はまぐり」と「ホンビノス貝」だが、ポイントをおさえて見比べると違いがわかる。

貝殻の形

もし両方が売られていたら、貝殻を見比べてみてほしい。はまぐりは左右対称のきれいな形をしているのに対し、ホンビノス貝は2枚が合わさった蝶番に近い部分が曲がっているはず。貝殻の厚さも、はまぐりは厚く、ホンビノス貝は薄い。

身の色

これも比べてみると結構違うことがわかる。酒蒸しした場合だが、はまぐりはピンクがかった白、ホンビノス貝は黄色っぽい色になる。

3. はまぐりとホンビノス貝の味の違い

安価で手に入りやすいため、はまぐりの代わりに使われることもあるホンビノス貝だが、味わいや食感にも違いがある。

はまぐりの身はぷっくりと火を通してもあまり硬くならず、噛むとあの上品なうま味が広がる。

ホンビノス貝の身は火を通すと硬くなり、ギュッとした噛み応えで、味わいはアサリとはまぐりの間のような感じだ。

4. はまぐりとホンビノス貝のおすすめ料理

似ているようで、それほど似ていないことがわかった「はまぐり」と「ホンビノス貝」。それぞれの特徴を活かして、料理やシーンで使い分けよう。

高級貝のはまぐりは、普段の食卓に気軽に取り入れるわけにもいかない。お祝い事や贅沢な気分を味わいたい時に、出汁のうま味を楽しめるお吸い物や酒蒸し、焼きはまぐりなど、シンプルにいただこう。

ホンビノス貝を使った代表的な料理が「クラムチャウダー」。クラムチャウダーの本場アメリカでは、ほとんどの場合このホンビノス貝が使われている。安価で手に入りやすいので、スープやパスタなど、貝をたっぷり使いたい時にはうってつけだ。

結論

ともするとホンビノス貝には、はまぐりの安価版のようなイメージもあるかもしれない。しかし実は貝の一種としてきちんと美味しく、なおかつ手に入りやすい、とても優れた貝だ。シーンに合わせて、貝を使い分けて、かしこく食卓に取り入れてみよう。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ