このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
レンコンの保存方法と期間の目安!解凍後の使い方や目利きポイントも

レンコンの保存方法と期間の目安!解凍後の使い方や目利きポイントも

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

鉛筆アイコン 2021年5月21日

大量に手に入ったり使い切れず余ったりしたレンコンはどのように保存しているだろうか?常温・冷蔵・冷凍に分けて、黒ずみや乾燥を防ぎシャキシャキ感を長持ちさせるための正しい保存方法を紹介する。新鮮なレンコンの選び方などもお伝えするので、あわせて参考にしてほしい。

  

1. レンコンの常温保存と期間の目安

まずは、レンコンを常温で保存する場合の正しい方法と、保存期間の目安から解説する。

ポイントは「乾燥から守る」こと

レンコンは沼地のような泥の中で栽培されているため、乾燥に弱い。スーパーでトレイに載せてラップをかけて店頭に並んでいることが多いのも、乾燥を防ぐためだ。どの保存方法を選ぶにしても、乾燥から守ることが大切になると覚えておこう。

丸ごとなら湿らせた新聞紙で包む

丸ごと一節のレンコンは、冬場であれば常温保存がきく。新聞紙、なければキッチンペーパーを湿らせてレンコンを包み、ビニール袋に入れて風通しのよい場所で保存しよう。

カット済みのものや夏場は冷蔵庫へ

カット済みのものは傷みやすいため、常温保存はNGだ。切り口が空気に触れないようにピッチリとラップをして冷蔵庫へ入れよう。また気温が高くなる夏場なども同様だ。丸ごとであってもカット済みのものであっても冷蔵庫または冷凍庫での保存をおすすめする。

保存期間は5〜7日が目安

常温保存の場合は5~7日を目安に使い切ろう。なお泥付きレンコンの場合は、泥は落とさずに保存するともう少し日持ちする。

2. レンコンの冷蔵保存と期間の目安

続いて冷蔵保存の方法や保存期間の目安を見ていこう。

丸ごとなら湿らせた新聞紙で包む

一節丸ごとのレンコンは湿らせた新聞紙で包み、ビニール袋に入れて密封したら冷蔵庫の野菜室で保存しよう。新聞紙がなければキッチンペーパーでもOKだ。

カット済みや使い残しはラップで包む

すでに節の途中で切り分けてあるものや使い残しは、ラップでピッタリ包んで冷蔵庫の野菜室で保存しよう。レンコンにはポリフェノールの成分「タンニン」が含まれている。断面が空気に触れると茶色く変色してくるので、空気に直接触れさせないことが肝心だ。なお切ったレンコンや薄くスライスしたレンコンを数日もたせたいときは、水を張った保存容器に入れて冷蔵庫に入れておこう。

泥付きの場合は落とさずに濡れ新聞で包む

ハス農家から採れたてのレンコンを取り寄せたときなどは、粘土状の泥がついたままの長いレンコンが送られてくることがある。その場合は泥を洗い落とさずに保存しよう。節のところで切り分けたら、一節ずつ濡らした新聞紙で包んでビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存すればよい。

保存期間の目安

一節丸ごとのレンコンは1週間程度、断面が見えている状態の場合はラップできっちり包んでも3日程度が目安だ。一方、泥付きのまま濡れた新聞紙で包んだものは、水分を補ってやれば1カ月ほど保存がきく。また水に浸けて冷蔵保存したカット済みのレンコンは、1日1回水を交換すれば5日程度は保存できるだろう。ただし、レンコンを水に漬けておくとビタミンCが流失する。可能であれば切った状態での保存は避けるか、2〜3日などできるだけ早く使い切ろう。

3. レンコンの冷凍保存と期間の目安

冷凍であればレンコンのシャキシャキ感を残したまま保存できる。酢バス(酢レンコン)やきんぴらのように、薄切りにしたレンコンを使う料理なら生のまま冷凍してもよい。一方、少し厚みのある状態で料理に使いたいときは、サッと茹でてから冷凍しよう。

薄切りにして冷凍する方法

  • レンコンの皮を剥き、薄切りにする
  • ボールに水を入れ、酢を少々垂らしたらレンコンを入れる
  • ザルにあげ、ペーパータオルか布巾で一枚一枚よく水気を拭く
  • 金属バットの上に並べ、ラップをかけて冷凍庫へ
  • レンコンが凍ったら冷凍用保存袋に移す
  • 空気を押し出して口をしっかり閉じ、再び冷凍庫へ
「2」で酢水にさらすのは、アクを抜いて変色を防ぐためだ。時間は10分ほどでOKなので、しっかりアク抜きしておこう。

軽く茹でてから冷凍する方法

  • レンコンの皮を剥く
  • 5mm〜1cmの輪切りか半月切り、または小さい乱切りにする
  • 鍋に湯を沸かし、酢を少々垂らしたらレンコンを入れる
  • ザルにあげ、ペーパータオルか布巾でよく水気を拭き取る
  • 金属バットの上に並べ、ラップをかけて冷凍庫へ
  • レンコンが凍ったら冷凍用保存袋に移す
  • 空気を押し出して口をしっかり閉じ、再び冷凍庫へ
「3」ではレンコンを完全に柔らかくするのが目的ではないので、さっと火が通ればよい。

保存期間の目安

冷凍する前の状態にもよるが、新鮮な状態で正しく冷凍保存できれば1カ月ほどは持つだろう。

4. 冷凍保存したレンコンの解凍方法とおすすめレシピ

レンコンは解凍しなくても使えるが、料理によっては使いやすい大きさにカットすることもある。その場合は常温で解凍しよう。

常温で3分程度が目安

完全に解凍させなくてもよい。包丁が入るほどになればサクッとカットできるはずだ。常温で3分程度を目安に自然解凍し、料理に合わせてカットしよう。大きいまま冷凍保存しているので、薄切り・輪切り・みじん切りなどさまざまな用途があるのが利点だ。たとえばきんぴらを作りたいと思ったら薄切りにして炒め、醤油・みりん・唐辛子で味を整えよう。

そのまま調理に使えば時短になる

冷凍保存したレンコンは、そのままきんぴらや味噌汁、スープなどに使える。とくに、薄切りのレンコンはすぐに火が通るので忙しい朝にもピッタリだ。弁当男子のお父さんは冷凍庫に常備しておくと重宝するだろう。厚めに切って茹でてから冷凍保存したレンコンは、里芋や大根、人参など根菜類と一緒に炒め煮にしたり、和風ポトフにしたりするのがおすすめだ。

5. 新鮮なレンコンの選び方

正しい保存方法も大切だが、そもそも新鮮なレンコンを選ぶことも同じくらい大切だ。選ぶときのポイントも覚えておこう。

形とツヤ、重さをチェック

レンコンは、丸々と太っており真っ直ぐな形のものが美味しいといわれているので覚えておこう。また表面はツヤツヤしていて傷が少ないものを選ぶとよい。見た目がOKだったら、実際に手に持ってみよう。ズシリと重いものは水分がたっぷり含まれており、みずみずしい証拠だ。

カット済みのものは切り口もチェック

カットしてから時間が経過していると、茶色く変色してくる。したがって、切り口が白くみずみずしいと感じられるものを選ぶのが正解だ。また穴は小さい方が美味しいといわれている。迷ったときは穴の大きさで判断するのもひとつの手だ。

結論

レンコンのシャキシャキ感を長く保つには、乾燥から守ってあげる工夫が必要だ。お伝えしたやり方で正しく保存しよう。とくに冷凍なら保存期間もかなり延びるうえ、新鮮なまま保存がきく。解凍も不要または常温で数分程度で済むので手間もほとんどかからない。保存方法に迷ったら冷凍がおすすめだ。

この記事もCheck!

  • 公開日:

    2018年2月13日

  • 更新日:

    2021年5月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧