このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
知ってると便利!ポン酢を切らした時の代用調味料

知ってると便利!ポン酢を切らした時の代用調味料

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2020年5月22日

寒い時期になると食べたくなる、鍋料理。野菜がたっぷり摂れるし、簡単に作れるので忙しい方にもぴったりの料理だ。鍋料理に欠かせない調味料のひとつに「ポン酢」があるが、「切れていた!」と急に気が付いて慌てた経験はないだろうか。そこで今回は、ポン酢を切らした時に身近にある調味料で代用する方法についてご紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ポン酢の即席・代用調味料

いざ鍋を食べようとしてからポン酢がないことに気が付いた時には、できるだけ早くポン酢を用意したい。そんな時に便利な即席の代用調味料をご紹介しよう。さっと手づくりする方法を覚えておけば、コンビニなどへ買いに走るよりもずっとスピーディーだ。

市販のポン酢の主な材料は、柑橘類の果汁、醤油、日本酒、出汁(昆布)など。いずれも、比較的家庭に常備されている材料ばかりだ。
  • 醤油+酢...最も簡単に作りたい時は、醤油と酢を混ぜるだけで大丈夫だ。醤油と酢の割合は「5:2」を目安に調整すると良いだろう。酸味が苦手な方は、砂糖やみりんを少し加えると味がマイルドになって食べやすい。
  • 醤油+柑橘類の果汁...醤油と柑橘類の果汁の割合は、酢を使う場合と同じく「5:2」が目安だ。柑橘類は、レモンやかぼす、すだち、柚子、橙などお好みのもので大丈夫だ。柑橘類の種類によっても酸味が異なるので、味を見ながら分量を調整するようにしよう。
  • 醤油+柑橘系のジュース...酢や生の柑橘類がない時には、柑橘系のジュースや、瓶詰のレモンなどで代用することもできる。醤油と柑橘系のジュースの割合は、柑橘の種類によっても異なるが、酢や柑橘類の果汁を使う場合と同じく「5:2」を目安に調整しよう。生の柑橘を使う場合に比べて香りは劣るが、とても手軽に作ることができる。

2. ポン酢の本格的な代用調味料

次に、「ポン酢を切らしてしまった!」という時だけでなく、「市販のポン酢には飽きた」「自宅ならではのポン酢を作りたい!」という時に便利な、ポン酢の本格的な代用調味料の作り方についてご紹介しよう。

<材料(500ml分)>
  • 醤油:250 ml
  • 酢:150 ml
  • みりん:100 ml
  • 昆布:10㎝×10㎝
  • 鰹節:8 g
  • 柚子:1/2個
<作り方>
(1)保存容器を熱湯消毒しておく。
(2)柚子はよく洗って水気を取り、半分に切る。種を除き、柚子の果汁を絞る。
(3)全ての材料を入れて、しばらく置く。茶こしなどで濾してから使う。

作ってすぐに使うことができるが、冷蔵庫で1週間位置いてからの方が、味が馴染んで美味しくなる。冷蔵庫で保管すれば1年間位は美味しく食べられるので、まとめて作っておくと、とても重宝する。

柚子の代わりに、自分の好きな柑橘類を使って作るのもおすすめだ。

3. ポン酢を使ったアレンジレシピ

ポン酢は、鍋料理には欠かせない調味料のひとつだが、鍋以外の様々な料理にも使うことができる。
  • 和え物...茹でた青菜や海藻類などの和え物などに加えると、さっぱりとした上品な味になる。
  • 炒め物...肉や魚などの炒め物に、塩や醤油などの代わりに使うのもおすすめだ。ポン酢には酢や柑橘類の酸味が含まれているので、肉や魚の臭みが消えて食べやすくなる。
  • 和風スパゲティ...和風の素材を使ったスパゲティに、ポン酢はよく合う。例えば、茹で上がったスパゲティに、納豆、大根おろし、ポン酢を加えて和えれば簡単で美味しい和風スパゲティが出来上がる。

結論

ポン酢を切らしてしまった時に簡単に作れる代用調味料の作り方は、知っておくといざと言う時にとても便利だ。また、ここぞと言う時には本格的なポン酢もぜひ作ってみたい。ポン酢は鍋料理だけでなく、和え物や炒め物など様々な料理に使えるので、まとめて作っておくと重宝するだろう。
  • 公開日:

    2018年5月13日

  • 更新日:

    2020年5月22日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ