このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
スティックセニョールとは?栽培方法や栄養・美味しい食べ方まとめ!

スティックセニョールとは?栽培方法や栄養・美味しい食べ方まとめ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

2020年10月15日

スティックセニョールとはどんな野菜なのだろうか?基礎知識や含まれている栄養素、栽培時期や収穫時期、そして茹で方や美味しい食べ方などをまとめた。豊富な栄養素を手軽に摂取できる優秀な野菜だ。ぜひこの機会にスティックセニョールの魅力を知ってほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スティックセニョールとはどんな野菜?

スティックセニョールは、実は日本で先行販売されていたという野菜である。どういった野菜なのか、基礎知識を身につけておこう。

ブロッコリーと中国野菜をかけ合わせたもの

日本では高級な「芥藍(かいらん)」と呼ばれる中国野菜がある。手間がかかることから、国内における生産量や流通量は少ない。実は、この芥藍とブロッコリーをかけ合わせたものがスティックセニョールである。

品種改良は日本で行われた

実は、スティックセニョールは日本で品種改良がなされた野菜だ。人気が出なければ生き残れないことからも分かるように、厳しい野菜流通業界を勝ち残った新品種なのである。

アメリカから逆輸入されるようになった

発売当初、日本国内ではそれほど人気が出なかった。名前も「茎ブロッコリー」「ブロッコリーニ」などであったが、覚えている方はいるだろうか?マーケットをアメリカへと移した際「スティックセニョール」と改名したところ、なんとアメリカで大流行したのだ。その結果、日本に逆輸入されることとなった。

アスパラガスに似てやや甘みがある

芥藍は甘味がありクセも少なく、アスパラのように茎の美味しい野菜だ。それを栽培しやすいブロッコリーとかけ合わせたことで、両者の「いいとこ取り」をした新品種といえるだろう。

2. スティックセニョールに含まれる栄養素について

食感や味だけでなく、その豊富な栄養素もスティックセニョールがアメリカで注目された理由だろう。代表的な栄養素を紹介する。

ビタミンとミネラルの宝庫

スティックセニョールにはC・B1・B2といったビタミン(※1)のほか、葉酸(※2)やカロテン(※3)が多く含まれている。ほかにもカルシウムやカリウム、鉄などのミネラル(※4)が豊富で、食物繊維(※5)も多い。とくにビタミンCは、レモンの2倍の量が含まれているとされる。

可食部分が多いため効率よく栄養摂取できる

スティックセニョールの可食部分は茎から葉先までだ。廃棄する部分がほとんどないため、豊富に含まれる栄養素を効率よく摂取できる。

3. スティックセニョールの栽培時期について

スティックセニョールは栽培しやすい野菜だ。家庭菜園をお持ちなら、ぜひチャレンジしてみてはいかがだろうか?

栽培のポイント

スティックセニョールは、種の直蒔きはほとんどしない。まずはセルトレイに1粒ずつ種を蒔き、5mmくらいの厚さに覆土をかけよう。本葉が1枚出たタイミングで9cmポットまたは苗床に植え替える。その後、本葉が4〜5枚に増えたら畑に植えて防虫ネットのトンネルをかけよう。水やりや肥料の散布(追肥)も適宜行えば、種蒔きから3カ月くらいで収穫できるようになる。

栽培時期と収穫のタイミング

地域や条件によって異なるが、一般的には春蒔きであれば種は2〜3月にかけて蒔こう。定植は3〜4月、収穫は5〜6月頃だ。一方夏蒔きなら種は7月、定植は8〜9月、収穫は10〜2月頃になる。なお、スティックセニョールは収穫が遅れると蕾が緩んでしまう。花が咲くと味が落ちてしまうため、獲り遅れには気をつけよう。

4. スティックセニョールの茹で方と美味しい食べ方

スティックセニョールの花芽の部分は、ブロッコリーよりもやや柔らかめの食感だ。柔らかくなり過ぎないよう、注意して加熱しよう。茎はほんのり甘味があり、コリっとした歯触りを楽しめる。

茹で方や食べ方はブロッコリーとほぼ同じ

お伝えしたように、スティックセニョールは茎だけでなく葉や花まで全部食べられる。とくに下処理は必要ないが、茎が太くて立派なものは大きさを切りそろえておこう。水1Lにつき塩を小さじ1杯ほど混ぜ、沸騰した湯に茎から入れて1~2分茹でるとよい。マヨネーズや醤油でおひたしにしても美味しいし、パスタの具やお弁当の彩りに加えるのもおすすめだ。冷めても苦味が出にくい点などはお弁当向きといえるだろう。

炒めもの・肉巻きにもピッタリ

ビタミンCは水に流出しやすいため、適度な大きさに切って炒めものにしよう。カロテンは油との相性がよく、ビタミンCも効率よく摂取できる。また細長い茎をいかして硬めに茹でたスティックセニョールに、豚バラやベーコンを巻いて「肉巻き」にするのも美味だ。葉の部分を上手に利用すれば、アスパラガスよりもボリュームが出る。肉巻きなら、子どもに栄養価の高い野菜を手軽に食べさせられるだろう。

結論

豊富な栄養素が含まれている優秀な野菜でありながら、発売当初の日本ではなかなか人気が出なかったスティックセニョール。「スティックブロッコリー」「ブロッコリーに似た野菜」など、名前もまだ定着していないようだ。調理が簡単なうえ、茹でるだけでなく炒めたり焼いたりとさまざまな調理法がある。クセがなく子どもにも食べさせやすい野菜なので、見かけたらぜひ一度料理にチャレンジしてみよう。
(参考文献)
※1:ビタミン _ e-ヘルスネット(厚生労働省)
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-027.html
※2:葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果 _ e-ヘルスネット(厚生労働省)
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-05-002.html
※3:カロテノイド _ e-ヘルスネット(厚生労働省)
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-007.html
※4:ミネラル _ e-ヘルスネット(厚生労働省)
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-035.html
※5:食物繊維 _ e-ヘルスネット(厚生労働省)
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-016.html
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2018年5月 6日

  • 更新日:

    2020年10月15日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ