このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【焼肉】と【バーベキュー】の本当の違いとは?

【焼肉】と【バーベキュー】の本当の違いとは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年12月25日

本格的なアウトドアシーズンが到来。自然の中で仲間とバーベキューを楽しむ人も多いだろう。一方屋内で肉を焼いて楽しむなら焼肉。どちらも目の前で肉を焼いて食べるという特別感がより美味しく感じさせてくれる。明らかに違うこの2つだが、実際に「焼肉」と「バーベキュー」の違いを説明できるだろうか。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 食べ方の違い

焼肉とバーベキューの大きな違いは、その食べ方にある。さっそく詳しくみていこう。

ちょっといい焼肉屋さんへ行った時のことを思い出してみよう。網の上に肉を乗せたら目を離さず、肉に合わせた食べ頃を見計らってタレに付けて食べる。だいたいこの繰り返しではないだろうか。焼肉は、日本の代表的な食のスタイルでもある鍋の影響から、調理と食事が同時進行するというのが一般的だ。

一方、欧米で親しまれてきたバーベキューは、焼いてから食べるスタイルが一般的。分厚いステーキのような肉を好むため、焼き時間もじっくりかける。肉と野菜をすべて焼いて、それぞれの皿に盛りつけたものをみんなで同時に食べるのが一般的だ。

ここまで見ていくと、日本で私たちが楽しんでいるバーベキューは、焼いてからみんなで一斉に食べるというよりも、焼きながら食べるというスタイル。日本式に進化したものであることがわかる。

2. イベント性の違い

焼肉とバーベキューの主な違いが食べ方なのは、それぞれに求めるイベント性や目的の違いによるものが大きい。

日本食には昔から、素材の味を大切にしたいという想いが根付いている。焼肉でも、霜降りで柔らかい、口の中で「とろけるような」という表現が誉め言葉で使われるような肉が好まれる。「美味しい肉を美味しくいただく場」が焼肉なのだ。高級店であればあるほど、その傾向は強くなる。薄めにスライスしたものをさっと炙り、塩やしょう油でいただくという、より肉にフォーカスした食べ方をするお店も多い。

一方、バーベキューは、その場を楽しむということに重きを置いている。レジャーやエンターテインメントとしての要素が大きい。ただ焼くだけでなく、スモークやローストなど調理にもさまざまな種類があり、ソースやスパイスなど何種類もの味つけを用意して楽しむ。

3. 焼肉の歴史

焼肉とバーベキューの歴史についても知っておこう。まずは焼肉から。その起源には諸説あるとされているが、代表的なものを紹介しよう。

日本と韓国の融合説

日本では山間部に住む人々が、鶏や猪などの肉を焼いて食べていた。この原始的なスタイルは焼肉の原点ともいえるだろう。またモツ煮込みやモツ焼きなどは戦前からあったという情報もある。そんな日本の焼肉的な文化と朝鮮半島の焼肉文化が融合したのが現在の焼肉ではないかといわれている。お客さん自ら肉を焼いて食べるというスタイルは、日本が韓国を併合した際に朝鮮半島で生まれたとされている。

日本在住の朝鮮人がはじめた説

もうひとつの説は、起源は日本だが、それをはじめたのは日本に住んでいた朝鮮人だったという説。戦前に、それまで捨てるのが当たり前だった内臓を朝鮮人がホルモン焼きとして売りはじめたといわれている。ホルモンを食べる習慣は朝鮮にはないため、日本ではじまったことは確からしい。戦後にはホルモン焼きの屋台などもでき、そのうちホルモン以外にもロースやカルビも出すようになり、これが焼肉店のはじまりとされている。

どちらにしても、焼肉が朝鮮人たちの影響を受けて発展してきたことは確かなようだ。実際に焼肉の有名店には、在日朝鮮人たちによって創業されたものが多い。

4. バーベキューの歴史

次にバーベキューの歴史を見ていこう。バーベキューといえばアメリカ。一家に一台はバーベキューセットがあり、家族や友人が集まって庭先で楽しむのが休日の定番の過ごし方だったりもする。

最初は牛肉の丸焼きから

バーベキューの主役である牛肉。これをアメリカに持ち込んだのは、大航海時代のスペイン。メキシコから持ち込んだとわれている。牧草が育つのに適した肥沃な大地の多いテキサスあたりでその牛が数を増やしていったと考えられている。

バーベキューのはじまりは、一説によると先住民たちが牛肉の塊肉を焼いているのを見た入植者であるスペイン人が、スペイン語で丸焼きを意味する「Barbacoa(バルバコア)」と名付けたからだとか。移民たちがその調理法で肉を焼くようになり、確立していったともいわれている。それが各州にも広がっていき、「Barbecue(バーベキュー)」と呼ばれるようになり、今のような大きな食文化となっていったのだ。

地域ごとに違う味つけ

日本ではバーベキューというと、甘辛いバーベキューのタレがおなじみだが、本国アメリカでは地域や家庭によってもさまざまな味つけがある。テキサスやノースカロライナで多いのがトマトベース、サウスカロライナではビネガーベース、中西部では塩コショウやハーブなどをすり込んでから焼く調理法も人気なのだとか。それぞれの家によってもオリジナルのレシピがあり、家族の数だけレシピが存在するともいわれているほどだ。

結論

肉を焼くという共通点はあるものの、食文化として見るとまったく異なる焼肉とバーベキュー。肉そのものの味を楽しみたい時は
焼肉、みんなで会話を楽しみたい時はバーベキュー、とシーンによって選ぶとよいだろう。どちらも美味しいのは間違いない。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >