このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
美味しい肉じゃがを作るには肉選びがポイント!豚肉?牛肉?部位は?

美味しい肉じゃがを作るには肉選びがポイント!豚肉?牛肉?部位は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年12月18日

子どもから大人まで、幅広い世代から人気の和風料理「肉じゃが」。古くから家庭料理として親しまれてきた肉じゃがだが、家庭によって肉の種類が違うという話を聞いたことはないだろうか。肉じゃがに使われる肉は、豚肉か牛肉が一般的だといわれている。今回は肉の種類や部位別の肉じゃがレシピを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 肉じゃがの肉を硬いしあがりにしないためのポイント

自宅で肉じゃがを作った際、「肉が硬い...」とがっかりしたことはないだろうか。結論を先に述べるが、肉じゃがに使う肉は薄切り肉がベターである。薄切り肉は短時間で味がしみ込みやすいだけでなく、肉も硬くなりにくい。また、赤身の多いものを使うと硬い仕上がりになりやすいため、適度に脂がのっているものを使ったほうが美味しい肉じゃがになる。

実際に調理をする際は、調理時間にも気をつけよう。肉を長時間煮込んでしまうと、ボロボロになったり、硬いしあがりになったりするので注意が必要だ。どうしても肉が硬くなってしまうという場合には、じゃがいもやにんじんなどほかの具材を煮込んでいる途中で、あらかじめ軽く火を通した肉を加えるとよいだろう。

2. 肉じゃがにおすすめの肉の部位

肉じゃがを美味しく作るためには、肉の部位にもこだわってみよう。豚肉を使って肉じゃがを作る場合は、肉のキメがやや粗く、筋肉間に多少の脂肪がある肩部位の豚こま肉や、赤身と脂身が層になっていることにより風味やコクを出しやすいバラ部位の薄切り肉などがおすすめだ。牛肉を使って肉じゃがを作る場合は、脂肪がほどよく分散し、キメが細かく柔らかい肩ロース部位の薄切り肉がよいだろう。

また、家庭によっては合い挽き肉を使うこともあるようだ。合い挽き肉を使うと肉の旨みが肉じゃが全体に絡むため、いつもとひと味違った肉じゃがを楽しめるだろう。

3. 肉じゃがに使う肉のおすすめは?豚肉vs牛肉

肉じゃがを作る際、みなさんの家庭では豚肉・牛肉どちらが使われているだろうか?どちらの肉を使うかによって、しあがりの味に大きな違いが出る。

豚肉で肉じゃがを作った場合は、牛肉を使った肉じゃがよりもあっさりとした味になる。また、豚肉の脂は冷えてもボソボソしないため、肉じゃがをお弁当に入れたいときなどは豚肉を使うのがおすすめだ。

牛肉で肉じゃがを作った場合、牛肉特有のコクや風味、旨みが感じられるしあがりになる。豚肉よりも高価とされる牛肉を使うことで、ちょっぴりリッチな味わいを楽しむことができるだろう。

どちらの肉を使っても、それぞれの美味しさがある。食べるシーンや気分に合わせて使い分けてみてほしい。

4. 肉じゃがに使われる肉には地域差も?

肉じゃがに使う肉は、家庭それぞれの味の好みはもちろん、地域差もあるようだ。地域差にまつわる話としてよく耳にするのは、「関西の肉じゃがには牛肉、関東の肉じゃがには豚肉が使われている」というもの。

「肉じゃが」という料理は、海軍大将であった「東郷平八郎」がイギリス留学中に出合ったビーフシチューを気に入り、帰国後艦上食として料理長に作らせたのがはじまりという説がある。これを受け、東郷平八郎のゆかりの地である京都府舞鶴市と広島県呉市が「肉じゃがの発祥地」として名乗りを上げているそうだ。「関西の肉じゃがに牛肉が使われることが多い」という地域差は、こういった背景もあるのかもしれない。

結論

美味しい肉じゃがを作るには、肉選びが重要である。豚肉を使う場合でも牛肉を使う場合でも、こま切れ肉や薄切り肉を選び、加熱しすぎないことがポイントだ。豚肉じゃがも牛肉じゃがもそれぞれの美味しさがあるため、たまにはいつもと違う肉を使い、新たな肉じゃがの味を楽しんでみてはどうだろうか。

【この記事もCheck!】

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >