このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

実は簡単!自宅で試せる美味しいケバブサンドの作り方をチェック!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年1月30日

屋台などで気軽に食べられるようになってきた、トルコの肉料理「ケバブ」。ドネルケバブサンドなどが、日本でも食べ歩きメニューとして人気を集めている。大きなかたまり肉が店頭で焼かれているのを見ると、これを自宅でも手作りできるのだろうかと思ってしまうのだが、実は意外と簡単。ここでは、家庭でも手軽に試せる簡単なケバブの作り方を紹介する。

1. 自宅で楽しむケバブ食材の選び方

基本のケバブは羊の肉を使って作られるが、自宅で楽しむ場合には、牛肉か鶏肉が利用しやすいだろう。一般的な家庭で、ドネルケバブの大きなかたまり肉を作るのは難しいが、ハンバーグやつくねのようなイメージで作ってみると、意外と簡単に再現できる。市販のソースもあるのだが、好みの香辛料やハーブを使って、オリジナルレシピを考えるのも楽しいのでは。肉の種類や部位もいろいろと試行錯誤してみてほしい。

ドネルケバブに挟む野菜には、キャベツ、タマネギ、トマトなどが使われることが多い。レタスやカイワレなど、好みの野菜をたっぷりサンドするのがおすすめ。バンズもピタパンに限らず、ハンバーガーバンズやブランパンなど、好みのものを揃えてみても楽しいだろう。

2. さっそく準備をはじめよう!ケバブの下ごしらえ

シシケバブをつくるときは、肉をスパイスやしょうがなどと合わせておき、半日ほど漬け込む。一緒に串に刺して焼く野菜は、パプリカやタマネギ、トマトなどがポピュラー。火の通りを考えて、肉と同じくらいの大きさに切りそろえておく。ケバブをピタパンなどでサンドするなら、野菜はたっぷり用意すること。キャベツは千切り、タマネギはスライスしてトマトは輪切りに。キャベツやタマネギは酢漬けにすると、味のアクセントになって美味しい。このほかにも、好みの野菜を一緒に挟んで、オリジナルのケバブサンドを楽しんでみよう。

3. 今日から楽しめる!ケバブの簡単な作り方やコツ

ドネルケバブを作る際、専用の機械を持っている家はなかなかないので、フライパンで焼いて作ればOK。ひき肉を使うならスパイスや香味野菜を混ぜてこね、成型して焼く。肉の旨みをとことん味わいたいなら、フライパンでこんがりと焼き色をつけた後、オーブンで中までふっくら火を通すのがおすすめだ。シシケバブは串に刺して焼く料理だが、ハーブと調味料で下味を漬けた肉をじっくりと焼いて、ドネルケバブのようにバンズに挟み、ケバブサンドにして食べても美味しい。

ケバブソースは、ヨーグルトとニンニクを使ったものが一般的だが、マヨネーズやケチャップなどの調味料をプラスすると、味がまとまりやすくなる。辛いものが好きなら、ソースに粉唐辛子や粗挽き胡椒などの香辛料を使うのもおすすめ。シュレッドチーズを熱々の肉と一緒に挟むのもよい。ケバブはチーズとの相性もバツグンなので、チーズ好きにはたまらない一品になるだろう。

結論

ケバブは、調味料やハーブにしっかりと肉を漬け込んで、焼き上げる料理。ドネルケバブもシシケバブも、実は自宅で挑戦できる手軽なメニューのひとつだ。どんな野菜とも相性がよく、たっぷりの野菜と一緒に食べれば、普段不足しがちな栄養が補える優秀メニューになる。材料も簡単に手に入るもので作ることができるので、休日のランチやブランチに、ぜひ気軽に試してほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ