このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

甘口も中辛も辛口もあり!ケバブと相性のいいソースの種類

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

2019年10月11日

トルコでは焼肉料理のひとつといわれているケバブ。日本人にとってはハンバーガーやピザのように、ファストフード的存在ではないだろうか。ジューシーな肉と野菜を一緒にパンにサンドし、ケバブの仕上げにかけるのがさまざまな味のソースだ。店によって定番の味はそれぞれあるだろうが、今回はケバブにかけるソースの種類について紹介しよう。

1. ケバブにかけるソースの種類

基本的に下味のついた肉を串に刺し回転させて焼きながら、外側の焼けた部分をナイフでそぎ落とし、野菜と一緒にパンにサンドして味わうケバブ。店で購入するときにサイズを指定したり、肉の種類を選択したり、トッピングをオーダーするようにソースを選ぶこともあるだろう。逆にソースの指定はなく、提供されたものを受け取るだけという店もあるかもしれない。

では、ケバブにかけるソースにはどんな種類があるのだろう。ケバブを中心に提供している飲食店のソースをチェックしてみると甘口なマイルドソース、中辛のミックスソース、辛口のホットソース、激辛のハバネロソース、ケバブと相性がよいと評判のヨーグルトソース、ヨーグルト&トマトソース、しょうゆ&チーズソースなどバラエティー豊かに用意されていた。

別の店を調べてみると、先述した店舗と同じようにマイルドソースやホットソースもあるが、ガーリックチーズ風味のホワイトソースや、ホットソース&ホワイトソースといった、さまざまな種類のソースが用意されている。また、ある食品メーカーからは10種類以上ものスパイスを配合したケバブ専用のソースが販売されている。ケバブソースにこんなにも種類があることをご存知だっただろうか?

2. ケバブと相性のよいヨーグルトソース

ここでは、ケバブと相性のよいヨーグルトソースの作り方を紹介しよう。ソース作りに使用する材料はプレーンヨーグルト・きゅうり・塩・こしょう・にんにく・レモン汁だ。材料が揃ったら、食材の下ごしらえを行おう。

まず、にんにくはすりおろしておく。きゅうりは皮をむき、種を取り除いてから粗みじん切りにする。レモン汁は市販のものを使用してOK。レモンから搾る場合は、電子レンジを使用すると便利だ。方法はレモンをまるごとレンジに入れて30秒くらい加熱すればOK。取り出したら半分にカットし果汁を搾る。温めて搾ると力を入れる必要もなく、簡単にムダなくレモン汁がとれるようだ。あとはボウルにプレーンヨーグルト・きゅうり・塩・こしょう・にんにく・レモン汁を入れて混ぜれば、ケバブと相性のよいヨーグルトソースの完成だ。

ちなみににんにくは、切り方で香りが弱くなったり強くなったりするという。ケバブで使用する場合は香りが強く出るようすりおろすが、香りを際立たせたくないときは、すりおろしたり切り刻んだりせず、まるごとか半分にカットして使うとよい。

3. ケバブにピッタリのトッピング

最後に、ケバブにピッタリのトッピングを紹介しよう。相性のいいトッピングのひとつが、酢豚に使用されることもあるパイナップルだ。熱を加えていない生のパイナップルは、酵素の働きにより肉のタンパク質を分解しやわらかくするうえ、消化を助けるという。

ケバブを提供する店で用意されているトッピングは、チェダーチーズ・アボカド・ピクルス・マッシュポテト・ハラペーニョなどだ。ちなみにハラペーニョとは、とうがらしの品種のひとつで、辛いもの好きにはたまらない食材だ。変わり種としてポテトチップをトッピングすれば、ひと味ちがう食感も楽しめる。

結論

ソースはもちろん、ビーフやチキンといった肉の種類をはじめ、サイズ、トッピングを自由に選べるケバブ。組み合わせは幾通りもあり、飽きずに楽しめるのが嬉しい。食事としてはもちろん、アルコールのおともや夜更かしする日の夜食にもおすすめのケバブ。いろいろな組み合わせを試して、自分好みの味をみつけてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ