このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ダイエッターも食べたい!とんかつのカロリーや糖質をカットする方法とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年2月 4日

ジューシーな豚肉の旨みがたまらない、家庭の定番料理「とんかつ」。ヘルシーなイメージがないため、ダイエットや糖質制限をしている方の中には、とんかつを避けている方も多いのではないだろうか。今回は、とんかつのカロリーや糖質について詳しくみていこう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. とんかつ料理のカロリーは?

とんかつは基本的に揚げて調理するため、カロリーも自然と高くなる。たとえば、ロースかつは約440kcal、とんかつを使用したかつ丼は約900kcal、カツカレーにおいては約960kcalもある。この数値だけ見ると、とんかつ料理を敬遠したくなる方もいるかもしれない。

しかし、1日に必要なエネルギーの量は活動量が少ない成人女性で
1,650~2,000kcal、活動量が少ない成人男性の場合は2,000~2,400
kcal。1回の食事でカロリーの高い料理を食べても、ほかの食事で気を付ければ何ら問題ないのだ。

それでもカロリーが気になるという方は、豚肉の中でもヘルシーな部位のヒレを使ってみてはどうだろうか。とんかつを作るときにロースではなくヒレを使用すれば、カロリーが約100kcalもカットできるので試してもらいたい。

2. とんかつに使用する食品の糖質はどのくらい?

近年、ヘルシー志向の方たちの間で糖質オフ料理が流行している。そもそも、糖質とはどんなものだろうか。まずは、糖質について知ってもらいたい。

糖質とは

炭水化物に含まれる栄養素の一種で、神経や脳を動かすためのエネルギー源になる栄養素である。炭水化物の1日の摂取量は総摂取カロリーの50~65%程度が目安といわれているが、明確な数値は定まっていない。糖質は人間の身体にとって必要不可欠な栄養素であるが、摂取しすぎると太る原因になる。そのため、糖質制限ダイエットというのが流行しているのだ。

では、とんかつに使用する食品の糖質はどのくらいか示そう。まず、とんかつのおもな食材である肉は、糖質が少ない食品に含まれる。卵や油も糖質は少なめだ。しかし、小麦粉やパン粉には糖質が多く含まれる。とんかつソースやウスターソースなどの調味料も糖質が高めなので、糖質制限中の方は注意しよう。

3. とんかつのカロリーオフは「揚げない」で叶う

とんかつのカロリーをカットしたいならロースをヒレに変えるのが有効だと述べたが、ほかにもカロリーをカットする方法がある。その方法とは、とんかつを調理するときに油で揚げないことだ。油で揚げずに調理すると、ロースかつでも約100kalほどカットできる。豚肉をロースからヒレに変え、揚げない調理をすればもっとカロリーを抑えられるだろう。

では、揚げない調理法は具体的にどうやるのか。答えは炒ったパン粉を豚肉につけ、フライパンに少量の油をひいて焼く、またはオーブントースターで焼くことである。肉厚の豚肉を使用する場合は、フライパンに豚肉と少量の水を入れ蒸し焼きにし、あらかじめ加熱しておくと生焼けを防ぐことができるのでやってみるとよい。

4. とんかつの糖質オフは置き換えが有効

とんかつに使用する食品の中で、糖質が高いのは小麦粉やパン粉。これらを糖質が少ない豆類のおから粉で代用すると、糖質オフできる。また、意外と糖質の高いとんかつソースやウスターソースなどの調味料は、大根おろしやレモン汁、ポン酢などに変更してみてはどうだろうか。これらに置き換えると糖質オフもでき、脂っぽいとんかつもさっぱり食べられる。

大根おろしとレモン汁においては、糖質をオフする効果が期待できるだけでなく、大根には脂肪を分解する酵素リパーゼ、レモンには中性脂肪を抑制する効果のあるエリオシトリンを含んでおり、ダイエット中の方にもおすすめだ。このように糖質が高めの食品を置き換えれば、糖質制限中でも気にせずとんかつを食べることができるので、ぜひ実践してほしい。

結論

とんかつは揚げ物料理の一種のため、カロリーは高めである。しかし、使用する豚肉をロースからヒレに変更したり、調理法を変えたりすることによって抑えることが可能だ。同じく糖質も使用する食品をほかの食品に置き換えすればオフすることもできる。ボリューム満点で美味しいとんかつは、工夫次第でカロリーも糖質もカットできるのだ。ダイエットや糖質制限中の方もぜひ堪能してみてはいかがだろうか。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ