このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

チーズタッカルビのおすすめはこれ!変わり種や低カロリー具材も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年2月27日

若い女性を中心に人気が高い「チーズタッカルビ」。チーズタッカルビとは、甘辛く味付けた鶏肉や野菜、トッポギなどの具材を鉄板で、トロトロに溶かしたチーズをたっぷりからめていただく韓国料理のことだ。チーズタッカルビはホットプレートやフライパンを使えば自宅でも手軽に作ることができる。今回はチーズタッカルビの基本の具材をはじめ、一風変わった具材やダイエット中に嬉しい低カロリー具材を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. チーズタッカルビの基本の具材とは?

チーズタッカルビを作るには、どのような具材が必要だろうか。
まずはチーズタッカルビの基本の具材から紹介していこう。

鶏肉

まず、チーズタッカルビに欠かせない具材は「鶏肉」だ。というのも、「タッカルビ」の「タッ」は「鶏」、「カルビ」は「あばら骨」を指す韓国語だからである。タッカルビは、鶏肉や野菜などの具材を炒め、コチュジャンなどの調味料で甘辛く味付けた料理のこと。それにチーズが加わったのが「チーズタッカルビ」である。鶏肉のほかには、キャベツや玉ねぎなどの野菜が基本の具材として挙げられる。おすすめの野菜をひとつずつ紹介していこう。

キャベツ

キャベツはチーズタッカルビには欠かせない野菜のひとつ。加熱するとかさが減るため、ざく切りにしてたっぷり加えるのがおすすめだ。芯の固い部分もチーズタッカルビに入れるとやわらかくなり、美味しくいただけるだろう。

玉ねぎ

玉ねぎもまた、チーズタッカルビには欠かせない野菜。加熱するとしんなりとして、甘辛いタレやチーズがよくからまる。血液をサラサラにしてくれるなど、健康や美容にも効果が期待できる玉ねぎは、チーズタッカルビにぜひ加えたい。

にんじん

クセが少ないにんじんも、チーズタッカルビにおすすめの基本の具材のひとつだ。にんじんは細めの短冊切りにするとタレやチーズがよくからむ。にんじんは皮に多くの栄養素が含まれているといわれている。皮はむかず、きれいに洗ってそのまま切っていこう。

今回は鶏肉とおすすめの野菜3種類を紹介した。初めてチーズタッカルビを作る際は、上記に挙げた具材を参考にしてみてほしい。

2. チーズタッカルビにおすすめ!一風変わった具材

よくあるチーズタッカルビの具材には飽きてしまったという人は、一風変わった具材を入れてみるのもおすすめだ。チーズタッカルビにおすすめの変わった具材をピックアップして紹介しよう。

イカやタコ、エビ

イカやタコ、エビを入れると海鮮チーズタッカルビになる。海鮮の旨みたっぷりのチーズタッカルビに仕上がるのはもちろん、こりこりとした特有の歯ごたえも楽しい。冷凍のシーフードミックスなどを利用すれば手軽に作ることが可能だ。

鮭やタラなどの白身魚

比較的淡泊な味わいが特徴の白身魚は、チーズタッカルビの甘辛い味付けやチーズとの相性もバツグン。手頃に手に入るものだと、鮭やタラがおすすめだ。鶏肉と比べると油も少ないため、ヘルシーに仕上がる。「ちゃんちゃん焼き」の甘辛いチーズ味といえばわかりやすいかもしれない。

トマト

韓国料理であるチーズタッカルビにトマトをプラスすると、なんとイタリアンのように。トマトの酸味と甘みは、チーズタッカルビにもよく合う。辛味も抑えられるため、子どもでも食べやすくなるだろう。

セロリ

独特の風味を持つセロリも、チーズタッカルビの一風変わった具材としておすすめだ。茎の部分はもちろん、葉の部分を入れても美味しくいただける。セロリの風味がアクセントになり、チーズのコクが感じられながらもあと味はさわやかなチーズタッカルビを楽しむことができるだろう。

3. チーズタッカルビにおすすめ!ダイエット中にも嬉しい低カロリー具材

カロリーが高いイメージがあるチーズタッカルビだが、低カロリー具材を加えることでダイエット中にも嬉しいメニューになる。おすすめの低カロリー具材を紹介しよう。

きのこ

しめじやしいたけ、エリンギ、マッシュルームなどのきのこ類は低カロリー具材の代表的存在だ。チーズタッカルビの甘辛い味付けやチーズとの相性もばっちり。きのこは低カロリーであるうえ、普段の食事で不足しがちな食物繊維が豊富。大きめにカットすれば食べごたえもあるため、ダイエット中にもおすすめの食材だ。

こんにゃく

こんにゃくは低カロリーで水溶性の食物繊維が豊富。そのまま使うと臭みが気になる場合があるため、塩もみしたあと下茹でしてから炒めるとよいだろう。こんにゃくはしっかり焼いて水分を飛ばすと肉のような食感になるのをご存じだろうか。肉類をやめてより低カロリーなチーズタッカルビを楽しみたいときにもおすすめだ。

結論

見ためが映えるチーズタッカルビは、パーティーメニューやおもてなしメニューとしてもおすすめだ。同じチーズタッカルビでも加える具材によって味わいが大きく異なるため、ぜひいろいろな具材でチーズタッカルビを楽しんでみてほしい。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ