このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
今夜は【チーズタッカルビ】で決まり!基本から応用までをチェック

今夜は【チーズタッカルビ】で決まり!基本から応用までをチェック

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年4月 8日

いまや韓国料理の定番にもなりつつあるチーズタッカルビ。韓国ならではの甘くてピリッと辛い味付けに、クリーミーなチーズがトロリと絡まって、ついつい箸が止まらなくなる逸品である。今回は、そんなチーズタッカルビにまつわる知識をまとめて紹介。基本の作り方から意外なアレンジ方法までチェックしていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 美味しいのに低カロリーなチーズタッカルビ

たっぷりチーズに食べごたえ満点の鶏肉が入っているので、チーズタッカルビは高カロリーな食べ物だと思っている人も多いだろう。しかし実は、工夫次第でカロリーを抑えて食べることもできるので、ダイエット中でも比較的食べやすい料理のひとつなのだ。チーズタッカルビのカロリーを抑えるには、鶏は胸肉を使いキャベツや玉ねぎなどの野菜を多めにして、チーズを少なめにすることが大切。カロリーを抑えながらも食べごたえを残すことができる、優秀な料理なのだ。
この記事もCheck!

2. チーズタッカルビの基本の作り方

チーズタッカルビは、まず具材のメインとなる鶏肉を用意することからスタート。玉ねぎやキャベツ、にんじんなどの野菜も鶏肉と同じくらいの大きさになるようカットしておこう。味のベースとなるのは、コチュジャン。そのほかに使用するのは、醤油や酒、砂糖など和食に使うような調味料があれば簡単に作ることができる。仕上げにチーズとごま油を回しかければ、あっという間に韓国大人気料理のチーズタッカルビが完成。チーズ好きは、ぜひ知っておきたい料理のひとつである。
この記事もCheck!

3. チーズタッカルビを美味しく仕上げるコツ

作るのが大変なイメージを持っている人も多いチーズタッカルビだが、用意する材料などには特別なものがないので、意外と簡単に作ることができる料理である。美味しく仕上げるためのポイントは、鶏肉にしっかりと下味を付けておくこと。食べごたえのあるチーズタッカルビにするためには、鶏肉を大きめにカットして調味料をしみ込ませておくことが大切なのだ。鉄板で焼きあげるときには、鶏肉を漬け込んでおいたタレで煮詰めるのが正解。タレを焦がさないように、仕上げの段階で入れて煮詰めるのがおすすめである。
この記事もCheck!

4. チーズタッカルビはチーズ選びが肝

チーズタッカルビは、料理名にも入っている「チーズ」が味の決め手となる。チーズタッカルビに最適なのは、溶けたらしっかりととろみが出るチーズ。チーズタッカルビは、トロトロになったチーズに具材をくぐらせて食べるのが醍醐味だ。その醍醐味を味わうためには、溶けやすく固まりにくいチーズを選ぶことが大切である。店で販売されているチーズには、大きく分けて「ナチュラルチーズ」と「プロセスチーズ」の2種類あるが、チーズタッカルビに最適なのは後者。ピザ用チーズなど、あらかじめ溶けやすく加工されているものなどを使えば、簡単にトロトロの状態へと持っていくことができるのでおすすめである。
この記事もCheck!

5. タレで味が左右されるチーズタッカルビ

チーズタッカルビの味を決めるのは、ほかでもない「タレ」である。甘さ・辛さのバランス、チーズとの相性のよさはタレの味によって決まるといって間違いない。コチュジャンや醤油などがベースとなってできるチーズタッカルビのタレだが、実は作り置きも可能。自分好みの分量を見つけて、あらかじめ多めに作っておくのもひとつの方法だ。
この記事もCheck!

6. チーズタッカルビはフライパンでもできる

鉄板で豪快に仕上げるイメージのあるチーズタッカルビだが、自宅で簡単に作りたい場合はフライパンで代用することも可能である。フライパンでチーズタッカルビを作るときは、あらかじめ熱しておいたフライパンにごま油をひいて、火の通りにくい野菜から並べる。フライパン内に野菜を配置したら、下味を付けた鶏肉を投入。あとはフライパンにふたをして、蒸し焼きの状態にしながら具材に火を通すだけ。具材に火が通れば中央にスペースを作って、チーズを豪快に投入しよう。フライパンを使えば、あっという間に本格的なチーズタッカルビを仕上げることができる。
この記事もCheck!

7. チーズタッカルビは下味保存で時短できる

手間のかかる料理はしたくないという人にも、実はチーズタッカルビがおすすめ。鶏肉に下味を付けた状態で冷凍保存しておけば、パパッと簡単にチーズタッカルビを仕上げることができる。毎度味の決め手となるタレ作りをしなくても、タレを作るときに多めの鶏肉を用意しておき、しっかりと調味料をもみこんだあとに冷凍しておけば、味の調節をする必要もない。冷凍保存した鶏肉は、冷蔵庫で半日ほどかけて解凍させるのがベスト。チーズタッカルビが食べたいという日に、前もって鶏肉を冷蔵庫へ移動させておけば、いつでも短時間でチーズタッカルビを味わうことができる。
この記事もCheck!

8. チーズタッカルビはアレンジの幅も広い

チーズタッカルビは、意外とアレンジの幅が広い料理としても知られている。そのまま食べてももちろん美味しいのだが、いつもの味に飽きてきたというときには、ぜひアレンジメニューを試してみてほしい。おすすめのアレンジメニューは、チーズタッカルビ×豆乳の組み合わせ。チーズとはまた違ったまろやかでクリーミーな味わいに変化するので、辛いものが苦手だという人にもおすすめの食べ方である。
この記事もCheck!

結論

基本の食べ方はもちろん、アレンジを加えても美味しく食べることができるチーズタッカルビ。調理に時間がかかるイメージを持っている人も多いが、自宅にあるもので簡単にできる料理だ。自分好みの味を見つけて、ぜひチーズタッカルビの魅力にどっぷりとはまってみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >