このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ジャージャー麺の献立はこれ!栄養バランスも考慮した献立案とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年3月11日

普段からあまり食卓に並ばないジャージャー麺を作った際、献立に困ってしまうという人はいるのではないだろうか。確かに、ジャージャー麺をメインとした中華の定番献立を考えるのは、なかなか難しいかもしれない。そこで今回は、ジャージャー麺に合う副菜・スープを紹介していこう。一品を選べば、立派なジャージャー麺の献立が完成する。アレンジレシピもぜひ参考にしてほしい。

1. ジャージャー麺の副菜には野菜がおすすめ!

ジャージャー麺の肉味噌の中にも野菜は使用されているが、細かく刻み込まれているので食感を楽しむというわけにはいかない。また、肉味噌に使用されている野菜のみでは一度の食事で満たす必要がある栄養を満たすことができないため、ジャージャー麺の副菜には野菜を豊富に使用したサラダなどを合わせるとよいだろう。

春雨サラダ

味付け次第で中華にも和風にもなりうる春雨をメインに、野菜を散りばめた一品。春雨は腹持ちがよいので、ダイエット中の人にもおすすめのサラダだ。ゴマを入れると風味が広がり、一層深い味わいとなるのでおすすめ。

もやしときゅうりのナムル

もやしときゅうりのナムルは、食材もシンプルで簡単に作ることができる。また、本来の食感をそのまま楽しむことができるのが特徴的だ。唐辛子などを使用し、辛みのアクセントを入れると、いつもと違ったナムルを楽しむことができる。

ほうれん草の卵とじ

ジャージャー麺では足りず、もう少しボリュームが欲しいという人におすすめの副菜だ。中華料理で重宝される卵で、色合いがよく栄養満点のほうれん草を包んだ一品。ほうれん草以外にも、刻んだトマトや玉ねぎなどをトッピングするとより味わいが広がる。

2. ジャージャー麺に合わせたい具だくさんスープ

ジャージャー麺は色みが少ないので、スープには野菜などの色合い豊富な食材を使用するのがよいだろう。ジャージャー麺は中華スープだけではなく、味噌汁や、洋風スープなどとも合う。その日の気分に合わせてスープの種類を選定しよう。

ミネストローネ

トマト・にんじん・玉ねぎ・豆・ベーコン・キャベツといったさまざまな食材を一度に食すことができるミネストローネ。色みもよく、献立全体を明るくしてくれる。多くの栄養を一度に摂取したい人におすすめのスープだ。

味噌汁

ジャージャー麺は味噌を主体としているので、味噌汁との相性もよい。自分の好みの具材を選び、食材は少し大きめに切り分け、野菜のごろっと感を感じながら食べるのがおすすめだ。豚汁などにすると、より多くの野菜をとり入れることができる。

キャベツとベーコンのスープ

鶏ガラスープをベースにキャベツとベーコンを具材として使ったスープ。鶏ガラスープとジャージャー麺の相性がバツグンで、箸が進むスープといえるだろう。味はもちろん、食欲を駆り立てる役目も担っている。

3. ジャージャー麺のアレンジレシピ

何度かジャージャー麺を食べているうちに、「少し飽きてきたな...」と思う人もいるかもしれない。ジャージャー麺はいろいろな料理・食材と合わせることで全く別物の料理へとアレンジすることができる。ここではジャージャー麺と掛け合わせてできるアレンジレシピを紹介する。

ジャージャー麺×冷奴

ジャージャー麺に使用する肉味噌を活用したアレンジレシピ。普段醤油などで食べている冷奴も、ジャージャー麺の肉味噌を使うことで新感覚な味を味わうことができる。ねぎを合わせることで食感を楽しむことができるのでおすすめだ。

ジャージャー麺×うどん

ジャージャー麺には本来中華麺を使用するが、中華麺の変わりにうどんを使用したアレンジレシピ。麺の太さや味のからみ方、喉越しまで普段食べているジャージャー麺とは一味違ったものとなる。1食でより満腹感を得ることができる一品。

ジャージャー麺×そぼろごはん

卵と肉をごはんの上にのせて食べる、子どもから人気の料理、そぼろごは飯。そぼろごはんのお肉の部分にジャージャー麺の肉味噌を使用することにより、味の幅が広がる。

結論

ジャージャー麺の献立について知ってもらうことができたと思う。献立に悩んだ際はぜひ参考にしてほしい。アレンジレシピも豊富なため、「味に飽きた」「作りすぎて余ってしまった」という場合は、どんどんアレンジし、一味違ったジャージャー麺を堪能してほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ