このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

スーパーフードも入っている!七味唐辛子のカロリーと栄養成分

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年3月 7日

すっかり定着した辛い物ブームも。その定番ともいえるのが唐辛子。唐辛子には、一味唐辛子と七味唐辛子がある。一味唐辛子は、唐辛子のみで作られていることはご存知だろうが、七味唐辛子はどうだろう?七味唐辛子は、江戸初期に漢方を食に生かせないかということで、広まったとされている。七つの薬味が使われているが、その材料はどのようなものなのだろう。意外と知られていない日本古来のミックススパイス、七味唐辛子の中身と栄養成分について紹介しよう。

1. 甘くないのになぜか高カロリー・高糖質な七味唐辛子

七味唐辛子をあまり使わない人が、その名前だけを聞くと、辛そうな材料ばかりが七つも使われた薬味で、よほど辛いのかと思ってしまうかもしれない。

実際に使われている代表的な薬味は、唐辛子、山椒(さんしょう)、麻の実(おのみ)、芥子の実(けしのみ)、黒胡麻、生姜、陳皮(ちんぴ)、紫蘇(しそ)、青海苔などである。

「陳皮」というのは漢方薬にも使われている材料で、老いた、古いという意味。温州みかんの皮を乾燥させた生薬で、古いものほど効果がある。せき止め、整腸作用などがあるといわれている。

七味唐辛子はこの中から7つの材料を選んで作られているが、中には8種類以上の薬味が入っているものもある。唐辛子だけでも、本鷹唐辛子、黄金唐辛子、伏見など多種類があり、メーカーや店によって、その材料や配合の具合、風味などは千差万別。コレ!という正解レシピはない!というのが実情のようだ。

よって、七味唐辛子のカロリーも商品によって異なる。上記に挙げた代表的な材料で作られた七味唐辛子でカロリーをみてみると、大さじ1杯の5g程度で21kcal。辛み成分が主で砂糖類なども入っていないのに、ソースと同等のカロリーがあるのには、いささか驚きだ。これは胡麻や麻の実、芥子の実など、たんぱく質や脂質の値が高い材料が多いためであろう。糖質も大さじ1杯で3.3gとやや高め。しかし、七味唐辛子は、一度に大量に食べる食材ではない。カロリーや糖質について、それほど気に留めることはなさそうだ。

2. スーパーフードと呼ばれる薬味も!七味唐辛子のすごい栄養素

七味唐辛子の主体となる材料、唐辛子にはカプサイシンが豊富。血流をよくして発汗を促し、代謝を活性化させてくれる。発汗すると、汗が蒸発する際に体の体温を奪っていく。唐辛子は、体温を下げコントロールする働きも備えている。気温の高いアジアの地域で、唐辛子を使った料理が多いのも納得するところだ。

ほかの材料についてもみてみよう。

山椒

カリウムやナイアシンなどの栄養素が豊富。体内の水分バランスを調節したり、代謝を活発にしたりする働きを持つ。

麻の実

体内で作り出せない必須アミノ酸9種類が豊富なことから、スーパーフードと呼ばれることも。生活習慣病やアレルギーの抑制などの働きも注目されている。

芥子の実

食物繊維が豊富。消化機能を整え、悪玉コレステロールの排除を助ける働きも。ビタミンB群も豊富で、身体の代謝を促してくれる。

黒胡麻

カルシウム、マグネシウム、鉄分など、ふだんから意識しなければ摂りにくい栄養素が凝縮されている。若返りのビタミンと称されるビタミンEの含有量も多い。

生姜

生姜に含まれるショウガオールには、血行促進や身体を温める作用があり、昔から身体を温める食材として用いられてきた。食欲増進や疲労回復の作用もある。強い殺菌効果もあるため、生ものと一緒に食べるのもよい。

陳皮

香り成分リモネンがもたらすリラックス効果で、血流促進や冷え対策にも。また、咳を鎮めたり、胃腸を整えて消化不良を助けたりする働きもしてくれる。

3. 七味唐辛子をカロリーオフして食べたい

「エビのソテー+七味唐辛子」

エビをソテーすればすぐに食べられる、簡単メニュー。シンプルな素材だけに、七味唐辛子の風味が生きる一品。酒のつまみにもおすすめ。エビが熱いうちに、七味唐辛子をかけると香りもより楽しめる。

エビは殻をむき、背わたを取って、フライパンにオリーブオイルをやや多めに入れて炒める。酒をふり入れ、エビが赤くなって火が通ったら、軽く塩をしてできあがり。皿に移してからすぐに、七味唐辛子をかけていただこう。

結論

ひとつひとつの材料の栄養素が非常に高く、しかも、ふだんの食事では摂りにくいものが多い。七味唐辛子は、日本のスーパーミックススパイスといえるだろう。ぜひ、ふだんの食事に摂り入れて、健康維持に役立ててほしい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ