このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

家庭料理の定番の麻婆茄子!気になるカロリーと麻婆豆腐との糖質比較

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年10月24日

麻婆茄子は、豚ひき肉と茄子を炒めたものに辛味調味料を加えて作った中華料理である。中華料理は油を多く使用するためカロリーが高くなりやすいが、麻婆茄子にはどのくらいのカロリーが含まれているのだろうか。ここでは、そのカロリーや同じく定番料理の麻婆豆腐との糖質比較などに触れていく。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 麻婆茄子はカロリーが高い料理?その理由とは

まず、麻婆茄子にはどのような食材を使用するのか見てみよう。まずメインの食材は、料理名にある通り、ひき肉と茄子である。レシピによっては、ピーマンも使用する場合がある。味付けには香味野菜であるニンニクや生姜、長ネギを、そして調味料には鶏ガラスープの素や甜麺醤、豆板醤、酒、醤油、砂糖、塩といったものが必要だ。

また、香り付けにはゴマ油が欠かせない。ゴマ油以外にサラダ油を使用する場合もあり、なにかと油の使用量が多い。これは麻婆茄子だけに限った話ではなく、中華料理全般に共通する特徴だ。炒めるだけなら多少油を落とすことも可能だが、中華料理にはとろみのついたものが多いため、それによって油を包み込んでしまうのである。このような理由から中華料理はカロリーが高くなっている。

気になる麻婆茄子のカロリーは、1人前で300kcal弱である。茄子はカロリーが低い食材のため、ほかの麻婆料理と比べるとカロリーは低いような気もするが、実は最初に茄子を油通しする作業があるため意外と高くなってしまう。 油は1gあたり9kcalとなっている。油通しの場合材料の12%の油を吸うことから、茄子100gでは12gの油を吸うという計算になり、油だけでカロリーは108kcalとなってしまう。油によってコクや深みを感じられるが、カロリーを上げてしまうので注意しよう。

2. 麻婆茄子の茄子には栄養がないって本当?効果的な食べ方とは

茄子は水分が多い野菜で栄養がない野菜、と揶揄されることが多い。そこで、実際の茄子に含まれる栄養成分について見ていこう。

まず茄子の水分についてだが、茄子に含まれる水分は93%であり、ほとんどが水分でできている。カロリーは100gあたり22kcalと低いため、糖質やたんぱく質、脂質などといったエネルギー源となる栄養素はわずかであることがわかる。ビタミンやミネラルについても、とくに多いといえるほどの目立った栄養素はない。

しかし、茄子には実がスポンジ状という特徴があり、これは良質の油を効率よく摂取できるという点で役立つ。中華料理に使用するゴマ油には、必須脂肪酸のリノール酸や悪玉コレステロールを低下させるオレイン酸が多く含まれている。ゴマ油には風味を加えるという役割以外にも、健康にもよい影響を与えてくれるものだ。こういった理由からも、茄子を油通しする場合はサラダ油ではなく、ゴマ油をおすすめしたい。

3. 糖質制限には麻婆豆腐と麻婆茄子どちらがおすすめ?

糖質制限をしていると、少しの糖質でも気になるものだ。ここでは、麻婆料理で人気のある麻婆豆腐と麻婆茄子の糖質量について比較していきたい。麻婆豆腐と麻婆茄子の違いは、豆腐を使うか茄子を使うかのみである。肉餡の糖質に違いはないものとして、豆腐と茄子のそれぞれの糖質を比較してみよう。

まず、豆腐の糖質は100gあたり1.2gである。一方、茄子の糖質は2.9gとなっている。同じ量の材料を使うのであれば、麻婆豆腐と麻婆茄子では麻婆茄子の方が糖質は多いといえるだろう。そのため、糖質制限をしている場合には麻婆豆腐がおすすめだ。しかし、麻婆茄子を食べたとしても、1日に摂る糖質から見るとわずかなものなので、それほど気にする必要はないだろう。

麻婆茄子を食べるときに気をつけたいことは、濃い味付けや辛味によってごはんが進んでしまうという点だ。ごはん1食あたり150gには糖質が55.2gも含まれるので、これ以上摂ると糖質オーバーしやすい。味付けの濃い料理を食べるときは、ごはんの量にも注意が必要だ。

4. 麻婆茄子をカロリーオフする食べ方

ここでは、麻婆茄子のカロリーをオフする方法について紹介する。前項でも説明したが、麻婆茄子を作る際に油通しをするのでその分カロリーが高くなってしまう。茄子は油を吸収する、という性質があるから余計に高くなる。つまり、茄子に油通しの工程を行わないことで大幅にカロリーがカットできる訳だ。

手順について説明していこう。

・ヘタを落とした茄子を縦に半等分にする。それをさらに4等分に切り分ける。
・豚肉はひと口大に切り分け、薄く小麦粉をまぶす。
・合わせ調味料は混ぜておく。
・茄子を耐熱皿に乗せて、そのうえにラップをかけたものを電子レンジにかける。このとき600wで約5分を目安にする。
・フライパンに合わせ調味料を入れて煮立ったら、豚肉を入れて軽く煮込む。
・フライパンに茄子を加えて混ぜ合わせて完成。

この調理法で作れば、なんと1人分あたりのカロリーは110kcalに抑えることができるのだ。通常の麻婆茄子の半分以下のカロリーとなる。ぜひ、カロリーが気になる場合は試してほしい。

結論

麻婆茄子は、1食あたり約300kcalである。茄子はヘルシーな野菜ではあるが、油通しによって油を多く含むため意外とカロリーが高くなる。また、糖質制限をしている場合には麻婆豆腐の方がおすすめではあるが、一緒に食べるごはんの量にも注意が必要だ。ゴマ油を使えばさまざまな健康効果を期待することもできるので、油の質を意識して料理をしてみよう。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ