このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

フルーツ好きにはたまらない!【シャルロット】の食べ方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年4月 6日

フルーツ好きの人におすすめしたいケーキが「シャルロット」である。あまり聞きなじみがないかもしれないが、サクサクしたビスキュイ生地と、トロっとしたパンナコッタの相性がバツグンだ。今回は、シャルロットの特徴や美味しい食べ方を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. シャルロットの特徴

そもそもシャルロットというケーキを知らない人も多いだろう。そこでまずは、シャルロットの持つ特徴について解説しよう。

■女性の帽子をイメージした形

シャルロットは、「貴婦人の帽子」といわれることもある、特徴的な形が目を引くケーキだ。底と周りをビスキュイ生地で囲み、場合によってはふたもする。その様子が、まるで女性の帽子のようでかわいいと人気を集めているのだ。海外の映画に出てくる、少し高さのある女性の帽子をイメージできるだろうか。見た目はまさにそれである。サイズもそれなりに大きいので、食べごたえも十分だ。

■ふんだんに使われたフルーツ

シャルロットのもう1つの特徴は、フルーツがふんだんに使われているという点だろう。使うフルーツは何でもよい。イチゴやブルーベリー・桃・マンゴーなど、店頭に並んでいるものにもさまざまなフルーツが使われている。複数のフルーツを入れても美味しいだろう。

2. フルーツが載ったシャルロットの切り方

ケーキの中でも、とくに切り方を悩ませるのが、フルーツが上に乗ったケーキだろう。シャルロットもこれに当てはまる。ここではシャルロットを含めたフルーツが上に載ったケーキを上手に切る方法を解説しよう。

■包丁の手入れを忘れない

切り方のコツとしてもっとも重要なのは、日頃から包丁の手入れを怠らないということだ。値の張るものでなくてもよい。砥石を1つ購入し、気づいたタイミングで手入れをしておけば、いざというときに困らない。砥石がないがすぐに研ぎたいといったときには、新聞紙のインクで刃先を整える方法もある。

■ケーキはしっかりと冷やし、包丁は温める

切り方のコツ2つ目は、ケーキと包丁の温度差をつけることだ。とくにクリームが使われているケーキでは注意したい。クリームの冷たさが失われると、断面がきれいに切れないのだ。そこで、冷蔵庫でしっかりと冷やし、包丁は直火でサッとあぶり、温度差をつけることできれいな断面になる。

■上に載ったフルーツは別皿へ

ケーキを切る際、上に載ったフルーツが邪魔になったことはないだろうか。そんなときは、まずフルーツを別皿へ移そう。その後ケーキを切り分け、各皿にフルーツを戻すと見た目もきれいである。もちろんシャルロットにも応用できる。

3. こんな方法もある!シャルロットの美味しい食べ方

シャルロットは、味のバリエーションの多さも魅力の1つである。そこで次は、シャルロットの美味しい食べ方を紹介しよう。

■中身のバリエーションを増やす

シャルロットの美味しい食べ方1つ目は中身のバリエーションを増やすことだ。シャルロットは、生地の内側にさまざまなものが使われる。たとえば、パンナコッタ、ババロア、ムース、プリンなど。好きなものを組み合わせることで、さらに美味しいシャルロットになるだろう。

■生地を変える

シャルロットの美味しい食べ方2つ目は生地を変えることだ。一般的にはビスキュイ生地が使われるが、元々は硬くなったパンを使っていたといわれている。また、タルト生地とも相性がよい。生地も好きなものを選ぶとよいだろう。

4. ダイエット中の人におすすめのシャルロットの食べ方

シャルロットは、生地にふんだんに砂糖が使われておりフルーツも多い。そのため、カロリーが高くダイエットには不向きである。しかし、ダイエット中に何とか食べる方法はないだろうか。次は、ダイエット中の人におすすめのシャルロットの食べ方を紹介しよう。

■おからビスキュイ

ダイエット中の人におすすめのシャルロットの食べ方1つ目は、おからビスキュイを活用することだ。小麦粉の代わりにおからパウダーを使い、砂糖も甘味料などで補えば、糖質を抑えることができる。よりサクサクした食感が特徴的だ。

■寒天パンナコッタ

ダイエット中の人におすすめのシャルロットの食べ方2つ目は、中身のパンナコッタを寒天で作る方法がある。ゼラチンの代わりに寒天を使うだけの簡単レシピだ。食感はやや変わるが、カロリーを大幅に抑えることができるので、ダイエット中でも食べやすいだろう。

結論

シャルロットはふんだんに使われたフルーツが特徴的なケーキで、見た目もリボンが巻かれており華やかだ。使うフルーツや中身を変えるだけで、味のバリエーションも増えるため覚えておいて損はないだろう。さらに今回はカロリーを抑える食べ方も紹介したため、ダイエット中にもぜひ楽しんで欲しい。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ