このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【ペンネ・アラビアータ】余ったら、そのまま冷凍保存はできる?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年4月 1日

トマトの酸味とピリッとした唐辛子の辛味が、さわやかな風味を放つ人気のパスタ「アラビアータ」。ニンニクと唐辛子、トマトのみと、シンプルな材料でできる。しかし、多く作ってしまった時、また作り置きをしておきたい時、ソースとパスタはそのまま和えておいていいのだろうか?今回は、そんな「アラビアータ」を保存しておく場合に、気を付けたいポイントを紹介するので参考にしてもらいたい。

1. アラビアータの正しい保存方法とは?

アラビアータソースの材料は、トマト(もしくはトマト缶)、にんにく、唐辛子の3つだけ。トマトの酸味、にんにくの香ばしさ、唐辛子のシャープな辛さがそれぞれ際立つ、素材を味わうソースである。シンプルなソースだけに、炒めるオリーブオイルの種類によっても、その風味はまた一味変わってくる。
手作りのトマト系のソースを鍋に入れたまま長時間放置しておくと、細菌が増殖し、傷んできてしまう。アラビアータは唐辛子が入っていることで、多少の殺菌効果を期待するかもしれないが、油断は禁物である。クリーム系ソースなどに比べると傷みやすさは緩慢であるが、そのまま常温で放置しておくのはやはり危険だ。
季節にもよるが、暑くない時期でもソースが冷めたら密閉できる保存容器に移し、冷蔵保存すると安心だ。夏場はできあがったソースをすばやく冷やして、保存容器に移し冷蔵庫に入れよう。基本的に常温保存はやめ、2~3日以内に食べきるのであれば、冷蔵庫に入れることをおすすめする。
市販のトマトソースは、開封前は常温で構わないが、開封後は鍋に移して加熱し、余った分は密閉できる保存容器やファスナー付保存袋に入れて冷蔵庫にしまおう。

2. アラビアータを冷蔵保存するには?

アラビアータソースの常温保存は、季節によっては危険も伴うため、冷蔵庫か冷凍庫での保存をおすすめしたい。
冷蔵保存する場合は、スパゲティ、ペンネどちらとも、ソースを絡めた状態で保存が可能だ。お皿に入れたままラップでもよいが、できれば密閉容器やファスナー付保存袋に入れるとなおいい。大切なのは、ソースの酸化やパスタの乾燥・パサつきを防ぐため、空気に触れないように保存することだ。
冷蔵庫での保存の目安は2~3日。それ以上の期間保存したい場合は、冷凍保存をおすすめする。3日以内でも、多少パスタは乾燥してくるので、気になる場合は食べる時にオリーブオイルなどを少し回しかけてから加熱すると、口当たりも風味もよくなるのでお試しを。
市販のソースは、瓶ならそのままフタをして冷蔵保存でOK。缶やパウチの場合は、そのまま保存すると酸化されやすく風味が変化してしまうため、必ず密閉容器などに移して保存しよう。いずれの場合であっても、一度開封したソースは長期保存はせず、早めに使いきることをおすすめする。

3. アラビアータの冷凍・解凍方法とは?

アラビアータを3日以上保存する予定ならば、冷凍庫へ入れよう。手作りのソースならば、粗熱をとってから密閉容器かファスナー付保存袋に入れて保存しよう。1回分ごとの量で小分けにして保存すると、解凍時に便利だ。弁当のおかずなどに使いたい場合は、少量をラップに包むか、弁当用のアルミカップなどに入れてからラップをし、ファスナー付保存袋に入れておくと便利。保存期間は、1ヶ月を目安にしよう。
ファスナー付保存袋に入れる時は、袋内の空気をしっかりと抜いてから冷凍保存しよう。なるべく平らな状態で冷凍したほうが、解凍時の解凍ムラが少なくて済むのでおすすめだ。ファスナー付保存袋は、繰り返し使用したものを使うと劣化し、冷凍保存中に袋が破損する恐れもあるので注意したい。
解凍は、保存袋のまま電子レンジか、保存袋などから中身を取り出して鍋で加熱してもいい。凍ったまま鍋で加熱すると、鍋底に中身が触れていない部分が焦げやすくなってしまうので、冷蔵庫内で自然解凍しておくか、流水解凍してから加熱することをおすすめする。
解凍の際、水分とトマトの果実が分離していたり、野菜を入れた場合はその水分が出やすく、水っぽく感じるかもしれない。すぐに調味料を足さず、少し煮詰めて様子を見てから、塩や醤油、ソース等の調味料を加えて味を調えよう。また鍋底が焦げるのを防ぐために、木ベラなどで混ぜながら加熱していこう。
アラビアータは、好みのパスタで、野菜や肉、魚介類などを加え多彩なアレンジが効くソース。野菜や肉など具材を入れた場合の保存は、わざわざパスタとソース、野菜類など別にする必要はなく、一緒に保存容器に入れて冷凍が可能だ。

結論

トマト、にんにく、唐辛子の3つの材料だけで作るアラビアータソースは、そのままシンプルな味わいも楽しめるが、肉や野菜・魚介類などいろいろな具材を加えたアレンジも可能である。スパゲティ、ペンネのどちらのパスタでも楽しめる。冷蔵庫・冷凍庫で保存する場合は、ソースとパスタを別にしなくとも、ソースをパスタに絡めた状態で保存が可能だ。解凍後すぐに食べられて便利なパスタなので、忙しい平日の夜や、ブランチなどに利用してみてはいかがだろうか。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ