このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
半熟卵とろ〜り!絶品【ビスマルクピザ】の作り方やおすすめの食べ方

半熟卵とろ〜り!絶品【ビスマルクピザ】の作り方やおすすめの食べ方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

鉛筆アイコン 2020年12月 8日

話題の「ビスマルクピザ」をご存知だろうか?本稿では、数あるピザの中でも絶品と称される、半熟卵がとろ〜り美味しいビスマルクピザの基礎知識や切り方、食べ方、作り方などを解説する。ダイエット中の方におすすめの食べ方も紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。

  

1. ビスマルクピザとは?

まずはビスマルクピザの基本について簡単に解説しよう。

半熟卵がトッピングされた絶品ピザ

ビスマルクピザの最大の特徴は、トッピングに半熟卵がのっている点だ。それ以外に必須という具はないが、チーズのほかサラミやハム、ベーコンといった加工肉、アスパラガスやほうれん草などの野菜が多い。トマトソースを塗った生地の中央に卵を落とし、その周りに生ハムとチーズを散りばめて焼くだけ、といったシンプルなものもある。まろやかな半熟卵ととろけるチーズが絶妙にマッチする逸品だ。ピザのメニューに悩んだら、ぜひ食べてみてもらいたい。

宰相「ビスマルク」に由来する

かつて「オットー・フォン・ビスマルク」というドイツの宰相(さいしょう)がいた。1882年、ピザの発祥地として有名なイタリアは、オーストリアとドイツの3国で三国同盟を結んだ。当時政権を握っていたドイツの宰相ビスマルクは大の卵好きとして知られており、イタリアとも盛んに交流していた。交流を深める中で、イタリア料理でもビスマルクの「卵好き」という特徴を反映した料理が生まれた。そのうちのひとつが、ピザに半熟卵をトッピングするビスマルクピザというわけだ。

2. ビスマルクピザの作り方

もちろん、お店でプロのシェフが作ったビスマルクピザも絶品だが、ご家庭で好きな具をトッピングしてオリジナルをいただくのもまた美味だろう。簡単な作り方を紹介するので、ぜひチャレンジしてみてほしい。

材料

  • ピザ生地
  • ピザソース
  • とろけるチーズ
  • ベーコン
  • ほうれん草
ビスマルクピザに使う生地はクリスピータイプを選ぼう。またベーコンやほうれん草などを挙げたが、トッピングする具はお好みで構わない。

作り方

生地にピザソースを塗ったら、とろけるチーズと卵以外の具を全体に散りばめていく。最後に真ん中に卵を落とすことを考えて、バランスよくのせていこう。とくに生地の外周の具を高めにしたり、具を「壁」のように配置したりすることで卵をうまく固定できるだろう。具のトッピングが済んだら卵を落とし、オーブンで焼き上げ、卵の表面が白く固まれば自家製ビスマルクピザの完成だ。

3. ビスマルクピザの切り方

イタリアではピザをシェアして食べる文化はなく、1人1枚が基本だ。そんな背景もあり、ピザを食べる際はナイフとフォークを使って食べる。ただし立食形式など、手で食べる場合も稀(まれ)にある。そこで、ナイフとフォークを使って食べる場合と、手で食べる場合に分けて、ビスマルクピザの切り方を紹介しよう。

ナイフとフォークを使って食べる場合の切り方

ビスマルクピザを放射状にカットし、そのうちのひと切れを尖がっているほうからクルクルと巻いていく。さらにそれをひと口大にカットし、フォークを使って食べるという方法がメジャーだ。これなら半熟卵をこぼさずに食べやすい。

手で食べる場合の切り方

ビスマルクピザを手で食べるなら、ピザカッターで放射状にカットするとよい。中央に半熟卵がのっているため、偏らないように上手くカットするのがポイントだ。またピザを持ち上げる際、半熟卵が生地の外へ流れ出てしまうことがある。これを防ぐには、あらかじめ生地全体に半熟卵を塗り広げておくのもひとつの手だろう。

4. ビスマルクピザの美味しい食べ方

ビスマルクピザはそのままでも美味しいが、より堪能するためにも美味しい食べ方のポイントを知っておこう。

半熟卵をたっぷり絡める

お伝えしているように、ビスマルクピザの特徴は半熟卵だ。卵割ったらピザ生地やほかの具にたっぷり絡めながら食べよう。まろやかな半熟卵ととろけるチーズに包まれたピザは絶品なはずだ。

追い調味料でより自分好みの味に

卵によるまろやかな味わいもビスマルクピザの特徴だが、パンチが欲しいときもあるだろう。そんなときは、トリュフオイルや粗びきのブラックペッパーをふるのもおすすめだ。追い調味料で自分好みの美味しい食べ方を追求してみよう。

5. ダイエット中の方におすすめのビスマルクピザの食べ方

ビスマルクピザに限らず、ピザはカロリーや糖質、脂質がたっぷりである。そのため食事制限中の方などはなかなか手出ししにくい料理でもある。だが、いくつかのポイントを押さえればダイエット中の方でもビスマルクピザを楽しめる。最後にそのポイントをお伝えする。

トッピングを工夫する

カロリーや脂質が多いソーセージ、サラミ、ベーコンなどは少なめにしよう。その代わりトマトや玉ねぎ、ピーマンなど野菜をたっぷりのせれば、ビスマルクピザ1枚でも数種類の野菜を手軽に摂れる。食物繊維が多くカロリーが低いきのこ類もおすすめだ。

トマトソースを手作りする

市販のピザソースは糖質が高めなので、トマトソースを手作りするとよい。トマト缶に玉ねぎやにんじんなどの野菜を加えて煮込めば、ヘルシーな手作りトマトソースが簡単に作れるので試してみてほしい。

低脂肪のチーズを使う

ピザに欠かせないチーズは脂質が豊富である。低脂肪のチーズを使うだけでも、ピザ全体の脂質量をグッと抑えられるだろう。水牛モッツァレラチーズやフェタチーズ、リコッタチーズやゴートチーズなど、低脂肪チーズを上手く利用してヘルシーなビスマルクピザを楽しもう。

結論

半熟卵ととろけるチーズが相性バツグンのビスマルクピザは、ご家庭でも簡単に作れる。大好きな方はもちろん、食べたことがない方もぜひ一度、味わってみてほしい。本稿で紹介してきた切り方のコツや、美味しく食べるためのポイントも参考になれば幸いだ。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2019年4月16日

  • 更新日:

    2020年12月 8日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧