このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

らせん状の形が特徴的!カールの美味しい食べ方や作り方を伝授

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年4月27日

多数あるパスタの種類のうち、らせん状をしたカール。ソースによく絡み、ロングパスタほど麵がのびないため、サラダやスープにも使用しやすい。今回は、そんなカールを美味しく食べる作り方を紹介しよう。週末、家族にふるまう料理として参考にしてほしい。

1. カールと合わせたい食材の選び方

まずは、カールと相性のよい食材の選び方を紹介しよう。

カールの形状に注目!濃厚ソースと相性バツグン

カールはイタリア語でフジッリという。らせん状にくるくると巻かれたパスタで、ソースとよく絡むことが特徴だ。一般的にソースはさらっとしたものより、濃厚なものが相性よいとされる。トマトソースやチーズを使ったクリームソースと合わせてみると、美味しく食べられるだろう。

カールをサラダにしていただく。食材の選び方

見ためが特徴的なカール。マヨネーズやドレッシングと絡みやすく、ロングパスタほど麵がのびないためサラダにするのもおすすめだ。その際は彩りのよいトマトやバジル、スライスしたバジルなどを添えてみよう。おしゃれなデリ風サラダに仕上がるため、家族ウケも狙える一品だ。

茹で時間も短縮できるスープとして

カールに合わせたい食材の選び方として、スープパスタを紹介しよう。カールは短いためスプーンで食べやすく、コンソメスープやトマトスープにすると美味しく食べられる。また、このときカールを茹でる時間に煮込み時間をあてると調理の時短になるだろう。サッとカールを食べたいときは、ぜひカールを使ったスープにチャレンジしてみてほしい。

2. カールパスタを作ろう!下ごしらえのコツとは?

カールは茹でてから食べる乾麺。そのため、たっぷりの湯を用意して茹でる必要がある。このとき、下ごしらえとなる味付けをしておくとさらにカールが美味しくなるだろう。

茹でる湯に、下味となる塩を入れよう。この量は適当なものではなく、湯に対して1%の割合が最適だ。つまり、1Lの湯に対して10gの塩を入れよう。こうすることで、ソースや具材に足りない塩分がプラスでき、浸透圧が高まりソースとの絡みがよくなる。

茹でたパスタとソース・具材を絡める際に「水分でソースの味が薄まる」という経験はないだろうか。この、ソースが薄まる現象も下ごしらえとなる塩を加えることで防げる。たったひと手間なので、ぜひやってみてほしい。また、カールはショートパスタといえどもそれなりの太さがある。およそ8~10分ほど茹でるのが基本だ。茹で時間に関してはメーカーによってもさまざまであるため、パッケージに記載されている茹で時間は必ず守り、下ごしらえを完了させよう。

3. 簡単にできるカールを使ったパスタレシピ

次は簡単にできるカールのレシピを紹介しよう。

カールで作るカルボナーラ

普段はロングパスタで作るカルボナーラ。今回は、カールで作ってみよう。いつもと違う見ためのカルボナーラは子どもも興味を持ってくれること、間違いなし。溶き卵・粉チーズ・生クリーム・塩コショウを入れて混ぜ合わせた卵液を温め、こんがり炒めたベーコンとカールを合わせる。カールに濃厚なソースが絡む、美味しい一品のできあがりだ。

加熱調理なしで簡単に。カールを使ったサラダ

次は、カールを茹でる時だけ火を使う簡単なサラダを紹介。パプリカときゅうり、マッシュルームをスライスしたら、玉ねぎとパセリのみじん切りを用意。オリーブオイルとナンプラー、酢・塩・黒コショウを混ぜたドレッシングに材料をすべて入れて和える。酢は白ワインビネガーにしても美味しい。各調味料は好みに合わせて量を調節するのがポイントだ。

結論

見ためもさることながら、さまざまな特徴をもつカール。ソースパスタだけでなくサラダやスープなど作り方もいろいろある。ぜひこれからの料理に活用してほしい。ちなみに、カールだけでなくクルルというかわいらしい呼ばれ方もする。おしゃれなカール、子どもの興味もそそるため家族みんなで美味しく食べよう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ