このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
もやしは冷凍保存できる!正しい手順と解凍方法・おすすめ料理を紹介

もやしは冷凍保存できる!正しい手順と解凍方法・おすすめ料理を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

2020年11月13日

使い切れないもやしは冷凍保存がおすすめだ。本稿ではその理由を解説するとともに、正しい冷凍の手順やポイント、解凍方法などをお伝えする。冷凍もやしを使ったおすすめの料理も紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. もやしの冷凍保存をおすすめする理由

さまざまな料理に使えるうえ、かさ増し食材としても大活躍なのがもやしだ。種類にもよるがビタミンC(※1)や食物繊維(※2)などの栄養素も豊富に含まれており、オールシーズン手に入る便利な食材である。その手軽さゆえ買いすぎてしまい、使いきれず廃棄してしまった経験がある方も多いのではないだろうか?使い切れないと思ったもやしは冷凍保存しよう。

足が早いもやしは冷凍保存に向いている

野菜の保存は「野菜室」と考えるのが普通だろう。だが、もやしは野菜の中でもとくに足が早い。そのため野菜室よりも、温度の低い冷蔵室か冷凍室での保存が向いている。

店頭に並んだ野菜に消費期限や賞味期限が書かれているものは少ないが、カット野菜やもやしなどには記載されていることが多い。とりわけもやしは、ほとんどが2~3日以内だろう。この期限内に使用するなら冷蔵保存で構わないが、すぐに使わないときは冷凍保存が望ましい。

2. もやしの正しい冷凍方法

もやしを冷凍する方法や正しい手順、ポイントなどをお伝えする。

袋のまま冷凍する

未開封のもやしはそのまま冷凍庫へ入れて保存できる。2週間ほどを目安に使いきろう。

洗ってから冷凍する

より美味しさを保つには洗ってから冷凍するほうがよい。もやし特有の臭みも軽減されるのでおすすめだ。流水で洗ったらしっかり水気を切っておこう。もやし同士がくっついてカチカチに固まったり、霜の原因となったりするのを防ぐためだ。

水気が切れたら、冷凍用の密閉保存袋に1袋分(200gなど)ずつ小分けするなどして冷凍庫で保存しよう。劣化を早めないよう、袋の空気をしっかり抜いておくのもポイントだ。この場合も、2週間を目安に使いきろう。

茹でてから冷凍する

開封済みのもやしは茹でてから冷凍保存するとよい。熱で殺菌された状態で保存すれば、劣化を遅らせることができる。このときも、茹でたあとの水気はしっかり切っておこう。

冷凍するとシャキシャキ感は損なわれる

もやしといえばあのシャキシャキした食感が特徴だが、冷凍するとその食感が損なわれてしまう。これは冷凍することで繊維が壊れてしまい、水分も抜けてしまうからだ。やはり美味しくいただくには、生のまま消費期限内に使いきるのがベストだろう。

3. 冷凍もやしの解凍方法とおすすめ料理

冷凍したもやしは、生ではなく必ず加熱して使おう。その際の解凍方法とおすすめの調理方法を紹介する。

冷凍もやしの解凍方法

冷凍保存したもやしは、自然解凍ではなく電子レンジで温めるか、凍ったままの状態で炒め物やスープなどに入れよう。

おすすめの調理方法

加熱さえすれば、炒め物やスープなど普段もやしを使う料理に使ってよいが、本稿でのおすすめはナムルやマリネだ。ナムルは、冷凍もやしをレンジで温めたあとに塩・ゴマ油・しょうゆで味付けしよう。マリネはシンプルにワインビネガー・塩・オリーブオイルで和えるとよい。どちらも生ほどのシャキシャキ感はないものの、逆にしっとりとして味が染み込むため美味しく味わえるはずだ。

結論

もやしは、消費期限内に使い切れるのであれば冷蔵庫でも構わないが、しばらく使わないときや余ったときなどは冷凍保存がおすすめだ。冷凍した場合、必ず加熱調理に使うことだけは忘れないでほしい。食感は損なわれるが、カリウムやカルシウムなどのミネラル類(※3)、葉酸(※4)が含まれる安くて栄養価の高いもやしを無駄にしないためにも、ぜひ冷凍方法を覚えよう。

(参考文献)

この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ