このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ちょい足しから一品料理まで!タコライスにおすすめの付け合わせ

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年6月 8日

沖縄の定番、人気B級グルメであるタコライス。安くてお腹にたまるものを提供したいという思いから生まれたとされているタコライスは、いまや沖縄はもちろん、県外でも愛される料理となっている。タコライスがここまでの人気を集めた理由は、多くの店がこぞって独自のタコライスを作り、たくさんの味や付け合わせを楽しめるようになったからだ。ここではタコライスの付け合わせについて紹介していこう。

1. まずは基本をおさえよう!基本のタコライスの付け合わせ

タコスの具をごはんにのせたタコライス。生野菜嫌いも多かったという米兵の好みに合わせて、一番シンプルなタコライスはタコミートをごはんの上にのせただけのものだったとされている。そこにレタスやトマト、チーズといったオーソドックスな付け合わせがトッピングとして選べるのが基本のタコライスとなっている。

好みでかけるソースはサルサソースと呼ばれるトマトベースのソースで、フレッシュなトマトの風味と唐辛子の辛みがタコライスの旨みを引き立ててくれる。店によってはケチャップを上からかける調味料として備えているところもあり、こちらはチーズとの相性がバツグンだ。

タコミートの味付けも店や家庭によってさまざまだが、まずはこの基本のタコライスの具材をベースにして、さらなる美味しさや相性のよい食材・料理の付け合わせを考えていくとよいだろう。

2. ちょい足しレシピでさらに美味しく!タコライスにおすすめのトッピングとは

タコライスのトッピングで他店との差を作っている店も多く、そのアイデアは自宅でタコライスを作る際にも役に立つことだろう。

たとえば、レタスやトマトに加えてアボカドやコーン、ほうれん草といった野菜をのせたヘルシーなタコライス。仕上げにライムやシークワーサーを絞った、さっぱりとした味わいが楽しめるタコライス。半熟の目玉焼きをのせてタコミートと絡めて味わうタコライスに、数種類のチーズをふんだんにつかったチーズ尽くしのタコライスなど、ちょっとした食材を足すだけでまた違うタコライスを楽しむことができる。

タコライス発祥の地である沖縄には、数多くのタコライスを提供している店があり、その店それぞれでさまざまな創意工夫がなされたタコライスを楽しむことができる。また、食感を楽しむためにトルティーヤチップスを添えてみたり、タコライスにふわふわの卵をのせてオムライス風にしてみたりと、食感に変化が加わるような付け合わせも面白い。

基本のタコライスを用意したあとに、目に付いた身近な食材を付け合わせとして試してみるというのもよいのではないだろうか。

3. 相性バツグンの組み合わせ!タコライスと一緒に食べたい一品料理

トッピング次第でさまざまなバリエーションを楽しむことができるタコライスだが、料理としてふるまうのであれば、一緒に出す料理の付け合わせでさらにタコライスの美味しさを引き出すことも考えたい。

沖縄ではファストフードのような感覚で楽しまれているタコライスには、同じくファストフードの付け合わせとして定番のポテトフライやオニオンフライがよく合う。

ヘルシーさを意識したければ、サラダやピクルスといった野菜料理を付け合わせとして入れるとよい。ピクルスであれば、こってりとしたタコライスの合間に食べることで口をさっぱりとさせてくれ、さらに食欲が進むこと請け合いだ。タコライスにトマトやレタスなど野菜をたっぷり使っているのなら、同じく口をさっぱりさせる目的であっさりとしたスープを添えるのも悪くない。タコライスの味付けやトッピングも踏まえ、最適な付け合わせを考えてみるとよいだろう。

結論

タコライスはさまざまな食材との相性もよく、付け合わせの可能性は無限大だ。身近な食材をあれこれ試しながら、自分だけの美味しいタコライスを開拓してみてはいかがだろうか。ちなみに、タコライスがここまでバリエーションに富んだのは、創始者があえて商標登録もせず、周りの店が次々と独自のタコライスをメニューに加えていったからだとされている。沖縄に行った際はそんな背景も含めて、タコライスを楽しんではいかがだろうか。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ