このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ミスドのドーナツのカロリーを徹底比較!どれが高くてどれが低い?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年6月21日

ミスタードーナツ、いわゆるミスドといえば、1980年代にCMが大ヒット、またおまけでもらえるグッズが大流行したイメージをもっている人も多いだろう。これまでいくつものファストフード店が撤退していったなかで、ミスドは今も根強い人気を誇っている。飲茶を含めたセイボリー系など幅広いメニューが並ぶが、ミスドはやはりドーナツが魅力だ。そこで、今回ミスドの商品でカロリーの高いドーナツと低いドーナツについて調査をしてみた。

1. 最もカロリーの高いミスドの定番ドーナツ

ドーナツといえば、揚げているからこそ出るコクのある旨みが魅力である。そのため、カロリーも大きな関心ごとだろう。

今回は、その気になるカロリーの視点でミスドの定番ドーナツを比べてみたい。対象としたのは、ミスタードーナツのホームページの「ドーナツ・パイ・トースト」のページで「ドーナツ」として掲載されている商品である。

早速だが、最もカロリーの高いミスドの定番ドーナツは、「オールドファッション ハニー」である。1個355kcalだ。ミルク感のある生地に、甘いハニーシロップがコーティングされている。

オールドファッションといえば、ザクザクとした食感が魅力だ。この食感をつくりあげるものに、割れめが重要な役割をはたしている。先に裏側から揚げて表面を揚げるときに、ベーキングパウダーから出てくるガスの力で、生地に割れめができていくのだという。

2. 最もカロリーの低いミスドの定番ドーナツ

次に、最もカロリーの低い定番ドーナツをみてみよう。それは、6種類あるドーナツポップの中の、エンゼルクリームボールである。中にホイップクリームが入ったものなのに、カロリーはなんと39kcalと、ドーナツのイメージを覆すような低いカロリーだ。ドーナツポップは、39~69kcalと罪のないカロリーに収まっている。

ただ、ドーナツポップは一口サイズなので、普通サイズのドーナツも紹介するべきだろう。

普通サイズの最もカロリーの低い定番ドーナツは、フレンチクルーラーである。1個170kcalである。これには衝撃を受けた人も多いのではないだろうか。

フレンチクルーラーの食感は柔らかくて軽く、口に入れるとはかなささえ感じるようなものではあるが、やはり糖衣がかかっていることと、しっかり揚げたものの味がすることから、高カロリーのイメージがあったかと思う。

3. ミスドの定番ドーナツのカロリーにみる傾向

フレンチクルーラーが意外にも低カロリーであることには驚かされた。これにホイップクリームが入ってチョコレートコーティングされたエンゼルフレンチになっても200kcalである。

カロリーが比較的低そうなものに、もちもちとした食感のポンデリングがある。しかしこのシリーズで最もカロリーが低いのは、ポン・デ・黒糖で215 kcalとフレンチクルーラー系よりも高い。

これに近いカロリーがハニーチュロ、216kcalである。

ふわふわとしたイースト系、チョコレート系のカロリーは、全体的にフレンチクルーラー系とオールドファッション系の間に位置する。

どちらにおいても、やはりチョコレートがかかるほどにカロリーが上がる傾向にある。

またセイボリーサンドは、ハムコーンが286kcalなど、ドーナツにプラス具が入る分、当然カロリーは高くなるが、オールドファッション系ほどではない。

ちなみにチョコレート系におすすめといわれている、トッピングのホイップは、106kcalであることも覚えておきたい。

結論

ミスドのドーナツのカロリーをじっくり見て分かったことは、意外とカロリーが低いドーナツがあるということ。そして、ドーナツの重さがカロリーに比例していそうであるということもいえるだろう。フレンチクルーラーとオールドファッションを持ってみると、オールドファッションのほうがどっしりと重い。重いものほどカロリーが高くなる傾向にあると覚えておくのも、ドーナツ選びに役立つかもしれない。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ