このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

希少なパイナップル【ピーチパイン】とは?美味しさの秘密と食べ方

投稿者:ライター 諸田結(もろたゆい)

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年10月23日

南国フルーツの代表格ともいえるパイナップル。パイナップルにはたくさんの種類が存在するが、今回はその中でも「ピーチパイン」と呼ばれる品種を紹介したい。名前からしてとても美味しそうなのだが、その美味しさには秘密が隠されているのだ。名前の由来や味についても詳しく紹介するので、ぜひチェックしてほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ピーチパインは希少なパイナップル

ピーチパインはその名の通り、桃の香りがするパイナップル。沖縄で栽培されていて、果肉が白っぽいことから「ミルクパイン」とも呼ばれている。見た目は普通のパイナップルとあまり変わらないが、カットするとほんのり桃のよい香りが漂う。食べる際は、ぜひカットした断面に顔を近付けて香りを楽しんでみてほしい。

・収穫時期が短い

ピーチパインは限られた土壌でしか栽培することができず、現在は沖縄の石垣島を中心に栽培されている。さらに収穫時期が5~7月ごろと短く、なかなか出回らない貴重なパイナップルなのである。

2. ピーチパインの味は普通のパイナップル?

ピーチパインは酸味が少なく、甘みが強いのが特徴。とくに根元の部分に甘みがギュッと詰まっているので、カットする際はパイナップルの上下を切りすぎないように注意したい。また、皮もできるだけ薄くむくように心掛けたい。見た目は白っぽいので甘みが少ないように感じてしまうが、一口食べればその甘さに驚くだろう。

・芯まで食べられるのが特徴

通常、パイナップルの芯は固くて食べられないが、ピーチパインの芯は比較的柔らかいので食べることができる。芯の部分にもしっかり甘みがあって美味しいので、ぜひ残さずに最後まで食べてみてほしい。実の部分に比べるとやや繊維質なので、小さめにカットして食べるとよいだろう。

3. ピーチパインの美味しい食べ方

ピーチパインはやや小ぶりのパイナップルだが、通常のパイナップルと同じように縦に4等分すると食べやすい。まずはヘタと根元を切り落とし、縦に4等分にしてから芯を取って実と皮を切り離す。取った芯は小さめに切り、食べてみよう。

■ジュースにしても美味しい

果汁がとても多いのでそのまま食べるのはもちろん、ミキサーなどにかけてジュースとして楽しむのもおすすめ。ジュースにすると、さらに桃に似た芳醇な香りが楽しめるだろう。また、作ったジュースを凍らせればシャーベットとしても楽しめる。ジュースの中にさらにカットしたピーチパインを入れて凍らせれば、2つの食感が味わえること請け合いだ。

■食べごろはいつ?

パイナップルは基本的に熟した状態で売られているため、購入してすぐに食べても十分な甘さを感じられるだろう。ピーチパインの場合、熟してくると表面がやや赤みがかってくる。表面が赤く、ほどよい柔らかさのものを選ぶとよいだろう。

結論

ピーチパインはとても甘みが強く、沖縄だけで栽培されているパイナップルであることが分かった。購入したい場合は現地、もしくはネットなどで注文する必要があるが、興味がある人はぜひ一度味わってみてほしい。桃に似た芳醇な香りと、甘くてジューシーな果肉を楽しんでみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ