このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

極上の甘さ!企業プロデュースのさつまいも【紅天使】

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

2019年10月24日

さつまいもの名前はいろいろあるが、中でも「紅」の文字がつくさつまいもは多い。有名なものとして紅あずまが挙げられる。しかし、今回紹介する紅天使は店頭に並ぶことも少なく、知名度も低いさつまいもだ。ここでは、紅天使とはどのようなさつまいもであるか、深堀する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 紅天使とは?

「紅天使」は独自ブランド

店頭に並ぶさつまいもの多くに名前がついている。その名前は、品種名であったり、ブランド名であったり、さまざまだ。品種名でよく使われているのには、「紅あずま」や「高系14号」といったものが挙げられる。一方ブランド名とは、特定の地域で特定の栽培方法で栽培されたさつまいもを、ほかの同品種のさつまいもと差別化するために名付けられるものだ。紅天使という名前もブランド名。品種は「紅はるか」だが、茨城県かすみがうら市にある、さつまいも専門の卸業者がオリジナルブランドとして栽培、出荷している。つまり、ここで出荷される紅はるかのみが、紅天使とブランド名を名乗れるのだ。

紅天使の特徴

紅天使は、美しい見た目、しっとりとなめらかな食感、スイーツのような甘みといった特徴をもつ。これらは、紅はるかという品種がもつ特徴でもある。しかし、卸業者と契約農家が徹底管理しながら栽培する紅天使は、紅はるかよりも特徴がはっきりと表れる。紅天使の方が、よりなめらかな口触りと濃厚な甘さを堪能できるのだ。また、さつまいもは通常、収穫後は熟成期間を置かなければ甘くならないが、紅天使は収穫後から甘いという特徴ももっている。そのため、収穫直後に焼きいもにしても甘さを感じられる。

2. 紅天使の旬と選び方

紅天使の旬

オリジナルブランドである紅天使だが、収穫・出荷の時期は、ほかのさつまいもと変わらない。9月から収穫が始まり、丁寧に選別され、出荷され、店頭に並ぶ。一般的に、さつまいもの収穫ピークは9~11月とされている。紅天使も9~11月にもっとも収穫されるため、その時期が旬だといえる。しかし、紅天使を含むさつまいもには、長期貯蔵が可能という特徴がある。そのため、旬の時期以外でも美味しい紅天使を購入することはできる。ただし、紅天使はオリジナルブランドであるため、ほかのさつまいもよりも流通量が少ない。確実に紅天使を購入するためには、旬の時期である9~11月を狙った方がよいだろう。

美味しい紅天使の選び方

紅天使は品質管理が徹底されているため、当然ながら粗悪品が手元に届くことはない。さつまいもの目利きをしなくても美味しいさつまいもが食べられるのが、紅天使のよいところだといえる。しかし、せっかく紅天使を購入するならば、より美味しそうなものを選びたいと思うだろう。美味しそうと思う基準はいろいろあるが、より甘い紅天使を求めているならば、紅天使の切り口をチェックしよう。切り口周辺に黒い跡があれば、蜜があふれ出た証拠だ。蜜があふれ出るということは、たっぷり蜜が詰まっていると判断できるため、甘いといえる。また、さつまいもを選ぶときはサイズに着目しがちだが、フォルムの方が重要だ。表面がデコボコしておらず、ふっくらとしているものを選ぶ。これらのポイントを押さえて紅天使を選べば、最高級の味が味わえるだろう。

3. 紅天使のおすすめの食べ方と正しい保存方法

おすすめの食べ方

紅天使の濃厚な甘さを堪能するなら、焼きいもがおすすめだ。蜜がたっぷり詰まった紅天使の焼きいもは、そのままで立派なスイーツとなる。紅天使は残暑が終わり、涼しくなってくるころに出回る。もし、このころにバーベキューをする予定があるなら、紅天使をアルミホイルで包んで焼いてみてほしい。たき火でじっくり加熱することで、紅天使のもつ甘みが引き出され、自宅で作る焼きいもより美味しくできあがる。また、紅天使のしっとりとした食感は、栗きんとんにするのにも適している。紅天使が手に入ったら、ぜひ栗きんとんを手作りしてみてほしい。

紅天使の保存方法

さつまいもは、貯蔵に向いている食物だ。そのため、一度に食べきれなくても保存しておくことができる。しかし保存方法を間違えれば、せっかくの紅天使も風味が落ちてしまう。美味しい紅天使をいつでも食べられるよう、正しい保存方法を知っておこう。さつまいもの保存方法でポイントとなるのが、温度管理だ。いまや全国で栽培されているさつまいもだが、実は寒さに弱い。そのため、紅天使もそのまま冷蔵庫で保存してしまえば、品質が落ちてしまう。紅天使を保存するときは、紙袋に入れる、または新聞紙に包んで日の当たらない冷暗所に置くようにしよう。もし、紅天使を半分だけ使って残りは保存したいということがあれば、ラップで包んで冷蔵庫に入れよう。

結論

同じ品種のさつまいもでも、地域によって独自ブランド化しているケースが多い。しかし、紅天使のように企業が栽培・品質管理をしてブランド化しているさつまいもは珍しい。よりよいさつまいもを食べてほしい、という情熱のもとに生まれた紅天使。ぜひ一度は、その味を堪能してほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ