このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

アレンジしても美味しい!生姜スープのおすすめレシピ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年7月15日

生姜をメインに使用した生姜スープ。キノコ類を加えてヘルシーに仕上げたり、のどごしのよいもずくを入れてサッパリ味わったり、白菜と鶏だんごをプラスして食感を楽しんだり、いろいろとアレンジできるのが魅力のひとつだ。今回は生姜スープの味付けや基本の作り方、アレンジレシピを紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 生姜スープには、どんな種類がある?

生姜のエキスがたっぷりと凝縮した生姜スープ。生姜といえばチューブで販売されているものもあり、料理に使用する調味料というイメージを持っている人もいるだろう。ところで皆さんは生姜スープに、いろいろな種類があることをご存知だろうか。さまざまな種類の中からピックアップして紹介すると、生姜のみを細く千切りにして入れたシンプルな味の生姜スープや、水で戻したキクラゲを食べやすい大きさにカットして煮込んだ生姜スープなど。

また、砂抜きしたアサリをたっぷり加えた生姜スープ、鶏ささみ肉のすじを取り除き片栗粉をまぶして入れた生姜スープ、サッと煮たレタスの食感が楽しめる生姜スープなど、さまざまな種類がある。

2. 生姜スープの基本の作り方

ここでは生姜スープの基本の作り方を紹介しよう。用意する材料は、生姜・ごま油・塩・出汁・しょうゆ・酒・粗挽き黒こしょうだ。まず生姜の皮をむき(好みでむかなくてもOK)細切りにする。次に鍋に生姜とごま油を入れ弱火でじっくりと炒めよう。香りが立ちはじめたら塩をふり入れさらに炒める。そこに出汁を加えて煮立たせ、酒としょうゆを加えてから火を止める。器に生姜スープを注ぎ、粗挽き黒こしょうをトッピングしたら完成だ。

生姜を常備しておらず、生姜チューブを使用して作る基本の作り方も紹介しておこう。用意する材料は、生姜チューブ・鶏がらスープの素・水でOK。鍋に材料をすべて入れ煮立たせたら完成だ。火にかけるのが面倒な人は電子レンジで温めても構わない。彩りが欲しい場合は、青ねぎを小口切りにしてトッピングすればよい。驚くほど簡単だが、さらに驚くほど美味しいのだ。小腹が空いたときや身体の芯から温まりたいときに、おすすめしたい一品である。生姜スープの基本の作り方については以上だ。

3. 生姜スープのアレンジ料理

ここでは生姜スープのアレンジ料理を紹介しよう。スープと聞くと温かいものを想像する人が多いのでは?今回紹介するアレンジ料理のひとつが、デザート感覚で楽しめる冷たい生姜スープだ。用意する材料は、おろし生姜・グレープフルーツ・はちみつ・水でOK。まずグレープフルーツは皮をむき半分はジュース状にしておく。ボウルにおろし生姜とジュース状にしたグレープフルーツを入れて混ぜ、はちみつを加えてさらに混ぜる。そこへ冷たく冷やした水を注ぎ入れ、残りのグレープフルーツを食べやすい大きさに切って加える。器に盛り付ければ、冷たい生姜スープの完成だ。好みでミントの葉をトッピングすれば、より清涼感が出る。

次に紹介するアレンジ料理は、香ばしさがクセになる生姜おこげスープだ。用意する材料は、温かいごはん・鶏むね肉・生姜・もやし・乾燥わかめ・酒・塩こしょう・片栗粉・ごま油・鶏がらスープの素・水でOK。まずクッキングシートを敷いた耐熱容器にごはんを入れ、ラップをかけずに電子レンジで2分ほど加熱し水分をとばす。上下を返し同じ作業を行う。ごはんの粗熱がとれたら、食べやすい大きさにカットし、180℃の油で揚げておこげを作っておく。

次にそぎ切りにした鶏むね肉に塩をふり、片栗粉と酒をもみ込む。乾燥わかめは水でもどす。鍋に水と鶏がらスープの素を入れ、火にかけ煮立たせたら鶏むね肉を加えひと煮立ちさせる。丁寧にアクを取り除き、千切りにした生姜を加えて弱火で4~5分ほど煮る。鶏むね肉に火が通ったら、もやしを入れてサッと煮、塩こしょう、ごま油で味付けしよう。あとは火を止めて戻したわかめを加え器に盛り付ける。砕いたおこげをのせたら完成だ。

結論

生姜スープの種類や基本の作り方、アレンジ料理を紹介した。生姜が中途半端にあまったら薄くスライスして砂糖と煮込み、乾燥させると生姜チップスとして味わえる。生姜スープに限らず、いろいろな料理で楽しめるので、ぜひ積極的に生姜を味わってもらいたい。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ