このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

プリンアイスはやみつきになる美味しさ!簡単な作り方も紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 市川咲(いちかわさき)

2019年8月20日

舌触りなめらかで優しい甘さが魅力のプリン。カボチャや抹茶、マンゴー、胡麻といった材料を加えた変わり種プリンや、生クリームとフルーツを添えたプリンアラモードなど、いろいろな食べ方が楽しめるのもプリンの魅力の一つだろう。今回はそんなプリンのアレンジレシピの中から、プリンを使ったアイスを紹介していこう。

1. バニラアイス×プリンで濃厚な味わいに

プリンを使ったアイス作りで一番ベーシックなレシピが、バニラアイスの中にプリンを混ぜ合わせるプリンアイスだ。
作り方は簡単で、バニラアイスが室温で柔らかくなるまで待ち、プリンを混ぜ込むだけ。バニラアイスの甘さの中にプリンの濃厚さが加わり、リッチな味わいが楽しめる。必要な材料がプリンも含めてすべてコンビニで購入できる手軽さも魅力といえるだろう。
コツは、あまりしっかりと混ぜすぎないこと。バニラアイスとプリンを均一になるまで混ぜるのではなく、あえてムラを残しておくことで味や食感の違いを楽しみながら食べるのがおすすめだ。
さらに、上からカラメルソースやチョコチップ、コーンフレークなどのトッピングを加えるとなどアレンジも可能なので、自分好みの一品を探してみるとよい。
バニラアイスにプリン、トッピングをテーブルに用意して、子どもと一緒に作って食べればちょっとしたパーティー気分も味わえる。

2. プリンと生クリームを混ぜて凍らせるだけ?アイスケーキ

プリンを豪華にデコレーションする時に生クリームは欠かせないが、今回はそんなプリント生クリームの組み合わせでまるっきり別のスイーツを作るレシピを紹介しよう。
まず、プリンをボウルにあけてよくかき混ぜる。そこに生クリームを加え、さらにもったりとした感触になるまでかき混ぜたら、型に流し込んで凍らせるだけ。型から出して器に盛ればプリンを使ったアイスケーキのできあがりだ。
型は手持ちの容器であれば何でもよいが、空になった牛乳パックをよく洗って乾かして置いておき、型として再利用すれば使い捨てできてよい。
こちらのレシピも、デコレーション次第で見た目も味もさらに豪華に仕上げることができるので、カラメルソースをはじめ、好みの材料でデコレーションするとよいだろう。

3. プリンはただ凍らせるだけでもアイスに変身

さて、ここまでプリンにひと手間加えて作るアイスのレシピを紹介してきたが、じつはそれ以上に簡単に作れてしまうプリンアイスのレシピが存在する。
そのレシピとは、市販のプリンを容器のまま冷凍庫に入れて凍らせるだけというシンプル極まりないものだ。しいていえば、ただ凍らせてしまうと食べる際に取り出すことが難しいので、冷凍する前にふたを開け、スプーンやアイス用の木のスプーンなど、アイスキャンディーのバー代わりになるものを突きさした状態で冷凍するのがコツである。
かなり手軽なレシピながら、いつもとは異なる食感で食べるプリンは絶品だ。プリンをまとめ買いしたはいいものの、食べきれずに飽きてしまったという時などに、とりあえず棒をさして冷凍しておけば美味しいプリンアイスのできあがりとなるので、ぜひ一度試してみてほしい。
また、プリンアイスをさらにアレンジするレシピも存在する。そのレシピとは、プリンを凍らせる前にその上にジュースやヨーグルト、フルーツなどをのせ、2層のアイスキャンディーにするといったものだ。
この場合は、市販されているプリンの中でも、プリンが容器の縁ギリギリまで充填されていない、ほかの材料を上乗せできる余地のあるタイプのプリンを選ぶ必要があるが、小さい子どもでも作れて楽しめるアレンジレシピとなっているので、ぜひ試してみてほしい。

結論

プリンはバニラアイスや生クリームと混ぜるだけ、ただ凍らせるだけで美味しいアイスクリームにリメイクすることが可能だ。子どもにおやつを出す際、いつも同じプリンばかりで飽きた様子が見受けられた時などに、ぜひ一度試してみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ