このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

タイのソウルフード【カオマンガイ】おすすめの付け合せを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年8月31日

柔らかな鶏肉と鶏の出汁がたっぷりしみ込んだごはんがたまらないカオマンガイ。タイの屋台や食堂で大人気のソウルフードだ。タイ料理と聞くと、なかなか自宅で食べられない印象だが、じつはフライパンや炊飯器を使って簡単に作ることができる。今回は、カオマンガイの作り方やぴったりの付け合せを紹介する。いつもとは一味違ったエスニックフードをふるまって、家族を驚かせてみてほしい。

1. カオマンガイとは?炊飯器を使った作り方も紹介

カオマンガイとは、鶏のスープで炊いたごはんの上に、スライスした茹で鶏をのせたシンプルな料理だ。カオマンガイはタイ語で「カオ」が米、「マン」が油、ガイが「鶏」を意味する。本場タイだけでなく、東南アジア各地で食べられており、シンガポールでは「ハイナンジーファン(海南鶏飯)」という別称で愛されているらしい。
カオマンガイは炊飯器を使って作ることができるので試してみてほしい。作り方は、米を炊くときに、酒、砂糖、塩、ニンニク、顆粒チキンスープの素、ゴマ油などの調味料を適量と、鶏もも肉と白ネギ、ショウガをのせて炊飯器のスイッチを入れるだけと簡単。炊きあがったら、鶏もも肉と白ネギ、ショウガをよけて皿によそい、鶏もも肉をスライスしてのせるだけで完成だ。ジャスミンライスと呼ばれるタイ米を使うと、さらに現地の見た目や味に近づけることができるのでおすすめだ。

2. カオマンガイの付け合せに欠かせない野菜

鶏肉の出汁で炊いたごはんの上に茹でた鶏肉をのせるだけのカオマンガイ。それだけでも美味しいのだが、せっかくなので付け合せにたっぷりの野菜を使ってみてほしい。カオマンガイといえば、真っ先に思い浮かぶのはパクチーではないだろうか。独特の香りや風味がより一層カオマンガイを美味しく演出してくれる。また、きゅうりやトマトなどの色合いがきれいな野菜も見た目を美しくする。付け合せにたくさんの野菜を足すことで、不足しがちなビタミンやミネラルもとることができバランスもよくなるだろう。
さらに、ショウガと白ネギのみじん切りに酢やナンプラー、チリソースなどのスパイスを混ぜたタレをカオマンガイ全体にふりかけて食べるのも味わい深くておすすめだ。

3. カオマンガイ定番の付け合せは、チキンスープ

カオマンガイの定番の付け合せといえば、チキンスープだ。現地の屋台では、カオマンガイを頼んだら鶏の茹で汁で作ったチキンスープが添えられて出てくる。カオマンガイを作るときに鶏肉を茹でた汁を使ってチキンス―プを作れば、素材を無駄なく使いきることができ、合理的な付け合せだといえるだろう。
鶏肉を鍋で茹でてカオマンガイを作る場合は、残った茹で汁をザルでこし、塩と白コショウで味を調えよう。味が薄い場合は、鶏がらスープの素を加えれば味が決まるのでおすすめだ。

4. カオマンガイとココナッツカレースープの組み合わせでエスニックに

カオマンガイの付け合せにチキンス―プ以外のスープが飲みたくなったら、ココナッツカレースープを試してみてほしい。まず、昆布でとった出汁のなかで、食べやすい大きさに切った玉ねぎとジャガイモを入れて煮込む。10分ほど加熱したら昆布を取り出し、水とパプリカ、カレー粉、ココナッツミルクとナンプラーを足してさらに加熱しよう。沸騰直前で火を止め、塩とコショウで味を調えたら完成だ。好みでライム果汁を加えてもよい。
スパイスの効いたカレーが食欲をそそり、身体があたたまる一品となるだろう。

結論

タイのソウルフードでもあるカオマンガイ。炊飯器を使えば手軽にカオマンガイを作ることもできる。パクチーやトマトなどの野菜はもちろんのこと、付け合せに定番のチキンスープや、エスニックなココナッツカレースープを合わせて自宅で東南アジアへ旅行に出かけたような食卓を囲んでみてはいかがだろう。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ