このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

プリンのカロリーと栄養を解説!スイーツの中ではカロリー低め?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 市川咲(いちかわさき)

2019年9月29日

口当たりなめらかでスイーツの定番のひとつであるプリン。蒸す環境さえ整っていれば自宅でも手軽に作れるプリンだが、カロリーや栄養がどの程度含まれているかはご存知だろうか。主に牛乳や卵から作られるプリンは栄養価が高く、スイーツの中では低カロリーで腹持ちもよい。今回は、そんなプリンの栄養やカロリーについて解説していこう。

1. スイーツの中では低め?プリンのカロリー

プリンはスイーツの中では低カロリーの部類に入る。和菓子や洋菓子を100gあたりのカロリーで比較してみると、
プリン(カスタード)......126kcal
ホットケーキ......261kcal
ケーキドーナツ......375kcal
ショートケーキ(フルーツなし)......327kcal
シュークリーム......228kcal
どら焼き......284kcal
大福......235kcal
このように、プリンがほかのスイーツよりも群を抜いてカロリーが低いことが見て取れるだろう。
プリンが低カロリーである理由は、プリンの材料にある。プリンの材料は卵、牛乳、砂糖が基本であり、ほか他のスイーツでよく使われている小麦粉や米粉といった炭水化物や、バターなどの脂質が含まれていない。炭水化物や脂質が多く含まれているとカロリーが高くなりがちなため、これらがほかのスイーツより少ないプリンはその分カロリーが低めなのだ。
当然、プリンの上に脂質や砂糖が多く含まれた生クリームをたっぷりとのせるといった食べ方をすれば、その分カロリーも高くなるので注意したい。

2. プリンに含まれる栄養はどのくらい?

プリンは、ほかのスイーツに比べて低カロリーなだけでなく、栄養面からみても優れている。プリン作りに必要な基本の材料は、先述の通り牛乳と卵と砂糖だ。牛乳と卵には、身体をつくるもとになる良質なたんぱく質が豊富に含まれている。
プリン100gあたりに含まれるたんぱく質は5.5g。これが、たとえばショートケーキ(フルーツなし)の場合だと、100gあたりのたんぱく質は7.1gだが、同時にカロリーも327kcalとプリンの2.5倍以上のカロリーを摂ることになってしまう。つまり、プリンはカロリーに対するたんぱく質の比率が高いスイーツなのだ。
それ以外にも、牛乳と卵にはカルシウムをはじめとしたミネラルやビタミン群も豊富に含まれており、プリンは美味しく栄養を摂れるスイーツなのだ。

3. プリンに含まれる糖質

低カロリーで栄養価の高いプリンだが、スイーツである以上糖質の量には注意が必要だ。プリンに含まれる糖質の量は、100gあたり14.7gと、スイーツにしては少なめだがしっかりと含まれている。
さらに、この量にはカラメルソースや生クリームといった定番のトッピングの糖質が含まれていないため、これらを使うと当然その分糖質は上乗せされる。
糖質を抑えながらプリンを食べたいという場合は、市販されている低糖質のプリンを選ぶか、加える砂糖の量を調節しながら自作するとよいだろう。

4. 少しでもプリンをカロリーオフする食べ方

プリンはスイーツの中でも低カロリーなので、スイーツを食べたいという欲求をプリンで解消できるのであれば、それだけでもほかのものを選ぶより十分にカロリーオフする食べ方となっている。
しかし、さらにカロリーオフする食べ方を意識したいのであれば、生クリームやカラメルソースは可能な限り使わず、シンプルなプリンの味わいを楽しむようにしよう。
また、プリンは満足感を得やすいスイーツでもあるので、間食をプリンにすることでお腹を満たし、その分夕食の量を減らすといった形で調整することも可能だ。
おやつを食べた分夕食を減らすといったカロリー調整はほかのスイーツの時もできる対応方法だが、その時心配なのは食事全体の栄養バランスが崩れないかどうかである。しかし、プリンは先述の通りたんぱく質をはじめとする栄養が豊富なスイーツなので、そういった調整も比較的行いやすいといえるだろう。

結論

プリンはスイーツの中では低カロリーかつ栄養も豊富なので、スイーツを食べたいという欲求を満たしつつもカロリーの摂り過ぎの心配が少なくて済む。どのスイーツを食べるか悩む時は、とりあえずプリンを選ぶようにしてもよいだろう。ちなみに、材料である卵や牛乳は、どちらもアミノ酸スコアが100という良質なたんぱく質でもある。栄養面、美味しさの両面からプリンを味わってみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ