このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【管理栄養士監修】プリンのカロリーと糖質量!他のスイーツとの比較も!

【管理栄養士監修】プリンのカロリーと糖質量!他のスイーツとの比較も!

投稿者:食生活アドバイザー 吉田昌弘

監修者:管理栄養士 中山沙折(なかやまさおり)

鉛筆アイコン 2022年3月23日

子どもから大人まで幅広い世代から人気があるデザートの「プリン(カスタードプリン)」。そんな甘くて美味しいプリンではあるが、カロリーや糖質量などが気になる人もいるだろう。そこで今回は文部科学省の「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」を参考に(※1)、プリンのカロリーや糖質量などを詳しく解説する。また、市販のカロリーや他のスイーツも紹介する。

  

1. プリンのカロリー・糖質量

プリンのカロリー
プリンのカロリーや糖質量は、使う具材や食べる量などによって異なる。そこでまずは「日本食品標準成分表」を参考に、基本となる「プリン(カスタードプリン)」の100gあたりのカロリーと糖質量を確認しておこう。なお、糖質量は「炭水化物量-食物繊維量」で算出している。

カスタードプリンのカロリー・糖質量

・エネルギー:116kcal
・糖質量:14.0g
 (・炭水化物:14.0g)
 (・食物繊維:0g)

2. プリンのその他の栄養価

プリンのカロリー
プリンには卵や牛乳などの食材が使われており、たんぱく質・ビタミン類・ミネラル類なども含んでいる。そこで「日本食品標準成分表」を参考に、プリンに含まれるその他の栄養価も確認しよう。

カスタードプリンの100gあたりの栄養価

・たんぱく質:5.7g
・脂質:5.5g
・炭水化物:14.0g
・脂肪酸
 ・飽和脂肪酸:2.1g
 ・一価不飽和脂肪酸:1.6g
 ・多価不飽和脂肪酸:0.57g
・ビタミン
 ・ビタミンA(レチノール):87μg
 ・ビタミンD:1.4μg
 ・ビタミンE:0.5mg
 ・ビタミンK:5μg
 ・ビタミンB1:0.04mg
 ・ビタミンB2:0.2mg
 ・ナイアシン:0.1mg
 ・ビタミンB6:0.05mg
 ・ビタミンB12:0.5μg
 ・葉酸:18μg
 ・パントテン酸:0.69mg
 ・ビオチン:8.4μg
 ・ビタミンC:1mg
・ミネラル
 ・ナトリウム:69mg
 ・カリウム:130mg
 ・カルシウム:81mg
 ・マグネシウム:9mg
 ・リン:110mg
 ・鉄:0.5mg
 ・亜鉛:0.6mg
 ・銅:0.02mg
 ・マンガン:0.01mg
 ・ヨウ素:20μg
 ・セレン:9μg
 ・クロム:0μg
 ・モリブデン:4μg
・食物繊維:0g

3. 市販のプリンのカロリーはどれくらい?

プリンのカロリー
プリンは洋菓子店などだけでなく、スーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストアなどでも販売されている。ここでは、そんな市販の人気プリンのカロリーを以下にまとめておく。なお、カロリーは商品のリニューアルなどに伴い変更される場合がある。

市販のプリンのカロリーのまとめ

・江崎グリコ(Bigプッチンプリン):223kcal/1個(160g)
・江崎グリコ(とろ~りクリームonプリン):246kcal/1個(210g)
・森永乳業(森永の焼プリン):185kcal/1個(140g)
・オハヨー乳業(ジャージー牛乳プリン):153kcal/1個(115g)
・協同乳業(メイトーのなめらかプリン):178kcal/1個(105g)

4. プリンをカロリーオフするポイント

プリンのカロリー
商品によって異なるが、市販のプリン1個あたりのカロリーは150~220kcal程度であることが多い。しかし、ダイエットやカロリー制限などをしている人にとって、プリンのカロリーはやや高いと感じるかもしれない。そこで、プリンをカロリーオフするためのポイントを確認しておこう。

その1.市販の低糖質プリンを食べよう

ダイエット中にプリンが食べたくなったら、市販の低糖質プリンを試すのがおすすめだ。例えば、森永乳業の「おいしい低糖質プリン カスタード」は、1個あたりのカロリーが64kcal、糖質量が3.3gと通常のプリンの半分以下になっている。そのため、ダイエット中でも比較的食べやすいだろう。

その2.低カロリーのプリンを手作りしよう

豆乳や甘味料などを使い、低カロリーのプリンを手作りするのもおすすめだ。例えば、砂糖の一部を味の素の「パルスイート」 などに置き換えれば、1個あたり150kcal以下のプリンを作ることも可能である。また、カラメルや生クリームなども少なくするとよりカロリーオフすることが可能だ。

5. プリンのカロリーに関するよくある質問

プリンのカロリー
ここまで、プリンのカロリーや糖質量について詳しく解説してきた。しかし中には「プリンは1日にどれくらい食べていいのか」や「他のスイーツと比べてプリンはカロリーが低いのか」などが気になる人もいるだろう。そこで最後に、プリンのカロリーなどに関するよくある質問・疑問に回答する。

Q1.プリンは1日にどれくらい食べていい?

プリンの1日あたりの目安量などは明確には決められていない。しかし、農林水産省によると(※2)、「おやつは1日200kcal以内を目安にするとよい」という。プリンのカロリーは商品によって異なるが、1日1個程度までを上限にするとよいだろう。

Q2.プリン以外のスイーツのカロリーは?

「日本食品標準成分表」にはプリン(カスタードプリン)以外にもさまざまな菓子類・デザート類の栄養価が収録されている。これを見るとプリンはほかのスイーツよりもカロリーが低めといえる。以下に主なスイーツのカロリーをまとめておくので、プリンとのカロリーを比較してみよう。

主なスイーツの100gあたりのカロリー

・シュークリーム:211kcal
・ショートケーキ:318kcal
・イーストドーナッツ:379kcal
・アップルパイ:294kcal
・ホットケーキ:253kcal
・ミルクチョコレート:550kcal

結論

プリンの100gあたりのカロリーは116kcal程度、糖質量は14.0g程度となっている。これは他の主なデザートに比べると低めであり、ダイエットやカロリー制限などをしている場合でも食べやすいといえそうだ。また、よりカロリーオフしたいなら、市販の低糖質プリンなどを試してみるのもよいだろう。
(参考文献)
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2019年9月29日

  • 更新日:

    2022年3月23日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧