このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

和風だしで作る絶品チャーハンの作り方!いつもとは違った風味が魅力

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年10月24日

ごはんと身近にある食材で手軽に作ることができるチャーハン。お昼のメニューに大変重宝する一品だ。ただ毎回同じ味付けだと、マンネリ化して、どうしても飽きてしまう。そこで今回は、チャーハンのマンネリ化を打破すべく、和風だしで作る絶品チャーハンについて紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. チャーハンの基本の調味料と和風だしの黄金比率をマスターしよう

チャーハンの基本の味付けは、塩、こしょう、醤油と、いたってシンプルだ。もちろん、この味付けをベースに、さまざまな調味料を加えるなど、各家庭でいろいろと工夫していることだろう。

たとえば、コンソメ顆粒や中華だしの素などを加える家庭は多いかもしれない。もちろん、コンソメ顆粒や中華だしの素を加えても、美味しいチャーハンを作ることができるだろう。ただ、たとえどんなに美味しいチャーハンでも、毎回、味付けが同じだとやはり飽きてしまう。

そこで今回提案させていただくのが、ベースの味付けに、酒と和風だしの素を加えるという方法だ。間違いなく美味しいチャーハンを作るポイントとして、まさに黄金比率というべき各調味料の比率を、ぜひ押さえておいていただきたい。

その比率は、ごはん2杯に対して、塩とこしょう、それぞれ2つまみ、酒と醤油と和風だしの素は、それぞれ小さじ1になる。この比率で各調味料を器に入れて、あらかじめよく混ぜ合わせておこう。そうすることで味をブレさせずに、ピタッと決めることができる。

2. 和風だしで作る絶品チャーハンの具材はコレ

和風だしで作るチャーハンは、まさにシンプルイズベストで、具材は最小限に抑えることが美味しく作るために外せないポイントになる。なまじ具材を増やせば増やすほど、それぞれの具材が互いに存在を主張してしまい、どうしても味にブレが生じやすい。具材を増やせば増やすほど、せっかく黄金比率で調味料を作っても、その持ち味をうまく活かせなくなると考えよう。

和風だしで作るチャーハンの具材は、卵だけでも十分だ。それだけでは、どうしても物足りなく感じる場合は、長ねぎの白い部分をみじん切りにしたものをプラスしてみよう。

3. 和風だしで作る絶品チャーハン作りの秘訣

和風だしで作る絶品チャーハン作りの秘訣として、以下のポイントを押さえておこう。これは通常のチャーハンを作る際にも使えるポイントにもなる。

1.ごはんは硬めに炊き、炊きたてを使う

美味しいチャーハンを作るためには、やはり、残り物の冷やごはんは避け、チャーハンのために、あえてごはんを硬めに炊き、炊きたてを使用するに限る。炊きたてを使用する場合は、炊きあがってすぐに、しゃもじでほぐしておこう。冷やごはんは、ほぐしにくく、炒める際に多くの油を吸って、どうしても、ベチャっとした仕上がりになる。やむを得ず冷やごはんを使用する場合は、一度レンジで温め直しておくとよいだろう。

2.ごはんを投入するタイミングは卵が半熟状になった時

米の表面が卵でコーティングされるため、表面はパラッとしても、中はしっとりとした仕上がりになる。

3.ごはんをよくほぐしながら素早く炒める

ごはんをパラパラに仕上げるために、ぜひ押さえておこう。

結論

和風だしで作る絶品チャーハンについて紹介した。加える調味料の比率や、作り方の秘訣については、理解していただけただろうか?ぜひ、比率や作り方の秘訣を押さえて、和風だしを使った絶品チャーハン作りにチャレンジしていただきたい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ